真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    麻生氏

    1: KSM WORLD NEWS 2018/05/02(水) 10:24:15.46 _USER9
    plt1411200033-p1

    ◆拉致・核「中韓首脳と協議」=安倍首相、9日会談発表―麻生氏の辞任拒否・内外会見

    安倍晋三首相は1日午後(日本時間同日夜)、訪問先のヨルダンで内外記者会見を行い、日本が議長を務める日中韓首脳会談を9日に東京で開催することを正式発表した。 6月初旬までに想定される米朝首脳会談をにらみ、北朝鮮の核・ミサイル廃棄と拉致問題を主要議題として協議する意向を表明。 また、財務省決裁文書改ざんなどをめぐり野党が求めている麻生太郎副総理兼財務相の辞任を拒否する考えを示した。

    首相は中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領との3カ国首脳会談について、「どのようにすれば拉致・核・ミサイルの問題を包括的に解決し、北朝鮮が明るい未来を描けるか、じっくり話し合いたい」と述べた。 先の南北首脳会談に関し「文氏の努力を称賛したい。朝鮮半島の完全な非核化に向け、北朝鮮の具体的な行動につなげていかなければならない」と強調した。

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「日本と対話の用意がある」と南北会談で表明したことに関し、首相は「わが国の方針は一貫している。日朝平壌宣言に基づいて諸懸案を解決し、不幸な過去を清算して国交正常化を目指す」と述べた。

    また、李氏が8~11日の日程で公賓として来日することも公表し、日中平和友好条約締結40周年を機に「さらに日中関係を深めたい」と語った。 李氏は日中2国間の首脳会談も行うほか、天皇陛下と会見する。 

    写真:安倍晋三首相は1日午後(日本時間同日夜)、訪問先のヨルダンで内外記者会見を行い、日本が議長を務める日中韓首脳会談を9日に東京で開催することを正式発表した=アンマン
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180501-00000119-jij-000-7-view.jpgno title


    時事通信 2018/5/1(火) 21:34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000119-jij-pol

    ☆ たまたまスレです

    【【安倍首相】日中韓首脳会談を9日に東京で開催することを正式発表 麻生氏の辞任も拒否/訪問先のヨルダンで記者会見 】の続きを読む

    K10011408161_1804181346_1804181407_01_02

    自民・公明両党と日本維新の会は、「国益の観点から、会議に出席すべきだ」などとして理解を示しましたが、立憲民主党や希望の党などは、決裁文書の改ざん問題や、福田事務次官が女性記者にセクハラ発言をしたとされる問題などへの対応を優先すべきだと主張して意見がまとまらず、了承されませんでした。(続きはNHKのサイトで)
    【麻生氏のG20出席 野党側の反対で了承せず 衆院議運委理事会】の続きを読む

    pg12GLfq

    【大きく捏造、小さく修正】毎日新聞「お詫びします」”麻生氏釈明にぶれ”は、確認が不十分でした。削除します。【削除で済むか!と思ったらシェア】 報道は、自らの責任の重みを知れ!

    報道は、自らの責任の重みを知れ!

    政治を振り回し、人心をかどわかし、火をつけるだけ火をつけて「ごめん、てへペロ」で済むか!
    あれほど大きく報じたのだから、【同じサイズで報じるべき】だ。ここは法改正というよりは、通達などで対応できないのだろうか。
    むしろ、業界団体があるのだろうから、【自ら、ルール策定】をして頂きたい。
    もしそれができないのであれば、【押し紙の強制調査】などを受けても仕方あるまい。
    そもそも【毎日新聞は特に押し紙の比率が高い】とされる新聞社だ。ここまで喧嘩を売っておいて、「あー、はいはい、ごめん」で済むとは思わないほうがいい。

    以下、下のリンクから小坪慎也氏のブログでご覧ください
    【【大きく捏造、小さく修正】毎日新聞「お詫びします」”麻生氏釈明にぶれ”は、確認が不十分でした。削除します。@kotsubo48】の続きを読む

    photo_3

    安倍総理に対して福島みずほ議員
    「誰のための政治ですか!誰のための税金なんですか!」 これは福島みずほさん、あなたに聞きたいことやね😓


      5分ぐらいから

    【日本の解き方】麻生氏、AIIB「サラ金発言」の意味 借金国に中国主導で取り立て、属国化や領土分割の懸念残る さんから

    このページのトップヘ