真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    鳩山由紀夫

    img_0

    習近平「中国は大国となっても決して覇権を求めない。歴史的にその遺伝子はない」 鳩山「あなたを信じます!」 習近平「中国は平和的な外交政策を行う。とくに周辺国とは仲良くする」 鳩山「すばらしい外交姿勢!」 ほんまもんのアホを見た。




    news_20150813181015-thumb-645xauto-70452

    広州では顧問委員会議長として国際金融論壇会議に参加しました。私はスピーチの中で、党大会で
    習近平主席が世界は運命共同体であり中国は大国になっても決して覇を唱えない、生命共同体としてグリーンを守ると述べたことを引用し、一帯一路構想を実現するためのAIIBに日本が参加すべきと主張した。
    CO1yi3mUEAAHXsk

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/19(土) 17:25:50.13 _USER9
    o-FORMERPRIMEMINISTER-facebook

    「安倍総理から日本を守ろう」/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1874342.html
    2017年8月19日8時42分 紙面から

     ★首相・安倍晋三は支持率低下で「おごりがあった」と国民にわびたが、その後も元首相・福田康夫が「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。国家の破滅に近づいている。政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」と極めて強い口調で批判した。首相は休暇中に森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎ら歴代首相経験者と会談するなど、先輩に指導を仰ぐことが増えた。

     ★また「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」が先月、中曽根康弘以降の存命の元首相12人に要請文を送付。11日までに回答した細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人の元首相の首相への注文を発表した。この中でも羽田は「安倍総理から日本を守ろう」とし、村山は「国民軽視の姿勢許せぬ」、細川は「国益を損なう」といずれも厳しく首相を批判している。

     ★首相は他にも、政権に批判的な政治評論家らを相次いで官邸に呼び寄せ、意見を聞いた。その中の1人、田原総一朗は「政治生命を懸けた冒険をしないか」と持ち掛け、首相が前向きに受け止めたといわれるが、結局「訪朝を促した」ようだ。田原は安倍と会う直前まで、「内閣改造で代えるべきは安倍だ」と発言し続けていたが、こうなるともう話題作りの安倍応援団だ。

     ★たくさんの人に話を聞いて首相がどう変わるのか興味深いが、森友学園事件で“私人”の首相夫人・安倍昭恵付秘書官・谷査恵子が、イタリア大使館1等書記官に異動した。彼女は、詐欺容疑で大阪地検特捜部に逮捕された森友学園前理事長・籠池泰典と、財務省をつないだ連絡係。本来地検の捜査対象だが、奇異な人事だ。付記すれば、南スーダンPKO日報隠蔽(いんぺい)問題の担当者だった防衛省前統合幕僚監部参事官付国外運用班長・小川修子も、中国大使館の1等書記官に異動している。がんばれば守ってくれる。(K)※敬称略

    【【コラム】「安倍総理から日本を守ろう」 元首相の細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人が提言】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/21(金) 01:24:14.64 _USER
    no title
     今の安倍晋三政権もそうですが、国民に真実を話さない姿勢が見え見えになると、政策以前の問題として不信感を与えてしまいます。民進党の蓮舫代表も、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題で最初にウソをついてしまいました。

     事実が分かると、ウソを糊塗(こと)し、ウソを繰り返さなければならなくなる。蓮舫氏は二重国籍状態を「知らなかった」とおっしゃっていましたが、政治家になる前の言動(「私は台湾籍」などと語ったインタビュー記事)をみると、どうも正直ではないですね。

     蓮舫氏は肩肘を張りすぎているんですよ。野党として政府・与党を批判するだけで生産的なことが見えてこない。そこで力みすぎ、国籍問題はやばいと思ったのでしょう。

     実は、蓮舫氏は私が政治家としてスカウトしました。平成15年冬、東京・赤坂でフリージャーナリストだった彼女を見かけ「政治に関心ないですか」と声をかけました。

     蓮舫氏に注目したのは台湾人と日本人のハーフだからです。民主党が多様性を持った候補を擁立していることを示すことができる。主張の強さなど彼女の魅力もありました。ただ、「二重国籍」問題は全然想定していなかった。

    × × ×

     東京都議選は民進党が自民党以上の大敗を喫してしまったことを認め、信頼回復に努めなければならない。一方、共産党の方が民進党以上に期待を集めました。共産党は安倍政権の政策とどこが違うのかクリアに示したからです。

     民進党は非常に曖昧です。蓮舫代表-野田佳彦幹事長という体制が自民党以上に信頼を失っている現実を認めるべきだと思うんですよね。

     特に(政権との違いを示すのに)野田幹事長では難しいんじゃないですか。野田氏は民主党政権(当時)が衆院選で大敗し、下野したときの首相ですよね。最大の責任者です。

     当時は消費税増税や原子力発電問題、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設問題でも、野田氏は自民党との違いを強く持っていませんでした。安倍政権に対し、もっとしっかりしたメッセージを持つ人が党の軸になってもらうべきでないでしょうか。

     私自身が反省しなければならないのを承知で申し上げれば、21年に民主党が政権を取る直前、私たちは「こういう日本をつくりたい」という議論を相当行いました。政策を出し、財源と期限を明示して「マニフェスト」にまとめました。

     しかし22年の参院選で敗北後、掲げた政策は一切進まなくなった。その負い目があるんでしょうね…。

     「俺たちはマニフェストができなかった」という負い目が現在、新しい物を作る迫力を欠く結果になっている。国民にわれわれが目指す「日本の絵」を示すことは政党として最低限の責任です。それが見えないから「自民党と変わらないのなら自民党でいい」という選択になる。

    × × ×

     私の活動といえば、6月に韓国・済州島で開かれたアジアインフラ投資銀行(AIIB)総会に顧問として出席しました。日本の参加は世界の安定のために重要だと思うのですが、お会いした金立群総裁には「日本はどっちの立場なんだ」と指摘されました。

     自民党の二階俊博幹事長は早期参加に前向きですが、麻生太郎副総理兼財務相は否定的です。金氏からは「入ってくれとは言わないが、しばらく様子をみる。ドアは開いている。参加していただくのはありがたい」と言われました。

     金氏は中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」をめぐり、安倍首相が条件付きで協力を表明したことに「ガバナンスの問題に条件をつけられると困る。今まで条件をつけた参加国はない」とも話していました。

    http://www.sankei.com/premium/news/170721/prm1707210009-n1.html

    >>2以降に続く)

    http://www.sankei.com/images/news/170721/prm1707210009-p1.jpg

    http://www.sankei.com/images/news/170721/prm1707210009-p2.jpgno title

    http://www.sankei.com/images/news/170721/prm1707210009-p3.jpgno title

    http://www.sankei.com/images/news/170721/prm1707210009-p4.jpgno title

    http://www.sankei.com/images/news/170721/prm1707210009-p5.jpgno title

    インタビューに答える鳩山由紀夫元首相=東京・永田町(酒巻俊介撮影)

    【【鳩山由紀夫】民進党をばっさり 「蓮舫氏はどうも正直でない」「野田氏は民主党下野の最大の責任者」[7/21]】の続きを読む

    img_0
    1: KSM WORLD NEWS 2016/10/22(土) 17:15:01.37 _USER9
    ドゥテルテ大統領が釈明、米国との「関係絶たない」
    2016年10月22日 11:33 発信地:ダバオ/フィリピン

    【10月22日 AFP】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は22日、米国との「決別」表明について釈明し、
    米国との関係を絶つつもりはないと述べた。

     中国から帰国したドゥテルテ大統領は地元の南部ダバオ(Davao)で記者会見を行い、「(米国との)関係を断つのではない。
    それは外交関係の断絶につながる。私にはそんなことはできない。なぜか? そうしないことが国益の最大化になるからだ」と述べた。

     扇動的なドゥテルテ氏は4日間の中国公式訪問中の20日、中国人の実業家らを前に「私は米国との決別を表明する」と演説。
    70年間に及ぶ米国との同盟関係を解消し、中国とロシアに接近したいとの意向を示していた。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3105309

    訪問先の中国から帰国し、フィリピン南部のダバオ国際空港で記者会見するロドリゴ・ドゥテルテ大統領(2016年10月22日撮影)。(c)AFP/MANMAN DEJETO
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/a/e/500x400/img_ae886b43054a78cd5f3b82e449a41ac1160411.jpgno title

    【【KSM】ドゥテルテが鳩山由紀夫になった~w「私は米国との決別を表明する」と中国で演説のドゥテルテ大統領が釈明、米国との「関係絶たない」】の続きを読む

    このページのトップヘ