img_1_m_201707270243339e1

玉木雄一郎「愛媛県で鳥インフルエンザや狂牛病や口蹄疫って発生したこと、一回でもあるんですかね」←最低だなwww
青山繁晴「発生してからどうにかしろと言う問題じゃない。平成22年に愛媛県の対岸の宮崎県で口蹄疫があって30万頭殺処分してる。起きてないと対策取るなとは凄い話ですよ」


「香川は渡り鳥の越冬地でため池も多い」と専門家、行政との連携訴える 周辺自治体の業者らも警戒(産経)
http://www.sankei.com/west/news/180112/wst1801120041-n1.html

 香川県さぬき市の養鶏場で今季1例目の高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認され、周辺自治体の養鶏業者や行政担当者の間に警戒感が広がっている。専門家も「業者と行政が連携を取りながら対応すべきだ」と指摘している。

 「気の毒だ。今は全国に広がらないよう願うだけ」。島根県内のある養鶏業者は、こう打ち明けた。同県では昨年11月上旬、松江市の宍道湖で見つかった野鳥の死骸から強毒性のH5N6鳥インフルエンザウイルスが検出されており、西日本エリアで警戒感が高まっていた直後だった。

以下ソースで

【香川県での鳥インフルエンザで、希望・玉木雄一郎への批判が押し寄せる 「これでも加計学園の獣医学部は不要だと思うのですか」 】の続きを読む