真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    首相

    381843ad

    (この記事は管理人の主観で書いています。正しくない可能性があります。ご了承の上、お読み下さい。)

    民進党代表である蓮舫氏が、国籍を発表するそうだ。いわゆる台湾籍との二重国籍問題。

    蓮舫氏は昨年9月に、台湾籍が残っていることが判明し、代表就任後に国籍選択届を都内の区役所に提出したと説明していた。

    蓮舫氏の国籍公表の報道に対し、左派系の議員や活動家などから『国籍を公表するな』という左派同士の批判が起きている。

    憲法を見ると第44条に『両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない』とある。



    国会議員の定義に国籍条項は無いが、被選挙権を行使するのだから日本国籍が必要となる。

    被選挙権の行使に、国籍が必要でなければ極端な話、キム・ジョンウンが立候補しても当選が可能になる。

    今回の蓮舫氏の2重国籍問題は、根源を見れば2重国籍の法解釈を突いた点と言えるだろう。

    2重国籍は無い事になっているが、現実にはありうる・・と言う事だ。

    現在は蓮舫氏が批判を受けているが、本来は法の穴を批判し、すぐさまその穴を塞ぐべきだ。



    実際には公職選挙法に国籍条項(二重国籍禁止)を付け加えれば良いだろう。

    そういった意味では、蓮舫氏を批判するよりも公職選挙法の不備を批判し、速やかな改正を行う必要がある。

    法改正しない限り、問題は解決しない。何故なら2重国籍の国会議員が蓮舫氏だけとは限らないからだ。

    国会議員の大きな役割の一つは立法・・法律を立案決議する事だが、2重国籍を認めれば、問題がある。

    日本国籍を持ちながら、外国籍を持つ人間が日本の法律を立案決議できる事になる。



    極端な話、50年100年先を見据えた国家があれば、この法の穴を突いて国会を抑える事も出来るだろう。

    更に今の国会議員の面子を見ると、移民一世の被選挙権行使も検討する必要がある。

    俳優のアーノルド・シュワルツネッガー氏は、オーストリアからアメリカに帰化した帰化市民。

    ご存知のようにカリフォルニアの知事に当選し、知事となったが、大統領には絶対になれない。

    アメリカ憲法、第2章・執行部・第5項には、こう記述されている。



    『出生により合衆国市民である者、または、この憲法の成立時に合衆国市民である者でなけれ ば、大統領の職に就くことはできない』

    アメリカで生まれなかったシュワルツネッガー氏は、この項目で大統領を諦めるしかなかった。

    さて蓮舫氏だが、最大野党・民進党の代表である。自民党が下野する事になれば、蓮舫氏が総理大臣になる可能性が高い。

    2重国籍が問題になっていなかった場合、台湾籍または中国籍の人物が日本の最高権力者となり、自衛隊最高司令官になっていた可能性がある。

    日本に対する外部からの武力攻撃が発生した事態が発生した時、防衛出動を命じる権限があるのは内閣総理大臣。



    『仮に』中国軍が尖閣諸島や沖縄に上陸を試みた時、『仮に』民進党が与党で、『仮に』蓮舫氏が首相であったとして『防衛出動の必要なし』と判断する可能性も無くは無い。

    首相が命じない限り、防衛大臣は防衛出動待機命令さえ出せない。

    また日米安保の10条にしても、日本側が日米同盟破棄を通告すれば1年後には同盟は破棄される。

    選挙協力している民進党・共産党が多数の与党になれば、これも無い話ではない。

    民進党に投票する人たちは『蓮舫氏が自衛隊最高指揮官になる可能性』に投票する事を、理解しているか甚だ疑問である。

    http://japan-and-korea.sakura.tv/japan-087.htmlから




    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/09(火) 14:55:02.45 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    蓮舫、安倍首相批判「立場を使い分け、二枚舌だ!」
    日刊スポーツ 5/9(火) 14:40配信
    renho-fushiga-18-500x500

     「総理・総裁は同人格だ。立場を使い分けるのは、あまりにも二枚舌だ!」

     安倍晋三首相と民進党の蓮舫代表が9日、参院予算委員会の集中審議で対決した。
    蓮舫氏は、8日の衆院予算委員会で憲法改正に対する持論の真意を問われ、自民党総裁としての意見だとして答弁を避けた首相を、強く批判した。

     また、首相が持論の詳細について「読売新聞(のインタビュー)を熟読してほしい」と発言したことを問題視。「読売新聞では気持ちよく話せて、なぜ国会では話さないのか。
    立法府の軽視であり、到底、容認できない」とののしり、「国会を何だと思っているか。責任放棄だ」と述べ、「読売発言」撤回の意思があるか、首相にただした。

     これに対し、首相は「今この場には総理として立ち、答弁する義務を負っている。議論は憲法審査会でなされるものと考えている」と、前日と同様の答弁にとどめた。
    その上で逆襲に転じ、対決モード全開の「リアル蓮舫」に、「憲法(の問題)は、一方だけが具体的な案を出し、一方は追及、批判するだけのテーマではない。
    民進党も、具体的な提案を提出してほしいし、建設的議論を行いたい」と指摘。改憲私案を月刊誌に発表し、党執行部との考えの違いから代表代行を辞任した細野豪志氏の名前を挙げ、「細野さんも提案している。(党も)立派な提案をしてほしい」と、皮肉った。

     さらに、「蓮舫さんもこういう外形的なことではなく、中身についての党の案を…」と、蓮舫氏の質問内容にもケチをつけたため、民進党席が大ブーイングを出し、審議が混乱。
    首相は「まあ、みなさん、そんなエキサイトしないで。最後まで聞いて、質問で批判してほしい」と、ヤジの声に対応し、蓮舫は「誰に答えている」「(私の質問に)まったく答えていない」と、怒り心頭。
    「自分のやりたいことをやって、でも、聞かれたら答えない。そのダブルスタンダードはあらためてもらえないか」と、訴えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-01820590-nksports-soci

    【【民進党】蓮舫「首相は総理と総裁の立場を使い分け二枚舌だ!」「ダブルスタンダードはやめるべき!」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 13:48:57.42 ● BE:218927532-PLT(13121) ポイント特典
    C1ACFaSUoAEgq8A

    共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は19日午前、 衆院法務委員会で安倍晋三首相や関係閣僚が出席して質疑が行われ、実質審議入りした。

    山尾氏「詭弁(きべん)を弄して必死にごまかすわけですけれども、今まさに、総理は笑っちゃいましたね、自分で。 馬脚をあらわしたわけです。『調べてみました』と。もし本当に最初から『そもそもは基本的にという意味である』と分かってたなら、調べる必要はないんですね。 総理、自分で笑っちゃってるじゃないですか?」

    首相「さきほど私が笑ったのは、私自身ではなくて、そういうことを聞かれたことについて、思わず苦笑してしまったわけでございまして。 今、『失礼』というヤジがありましたが、まさに、今、私の笑いについて解説をされましたが、それが違うということを申し上げさせていただいたわけでございます」

    山尾氏「器が小さいんだよ!」

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12955505/

    【民進・山尾、首相に「器が小さいんだよ!」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/05(水) 10:29:03.93 _USER9

    BN-BY279_0317ab_G_20140317012932
    首相「重大な挑発行為 断じて容認できない」
    NHK 4月5日 10時19分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170405/k10010937491000.html

    安倍総理大臣は、午前10時前、総理大臣官邸に入る際、記者団に対し「本日、北朝鮮がまたも弾道ミサイルの発射を強行した。安全保障上の重大な挑発行為であり、国連安保理決議に明確に違反し、断じて容認できない。強く非難する。このあと直ちにNSC=国家安全保障会議を開催する」と述べました。また安倍総理大臣は、「今後、さらなる挑発行為の可能性も十分に考えられる。アメリカや韓国と緊密に連携しながら、いかなる状況にあっても国民の生命と財産を守るため、万全な対策を取っていく」と述べました。

    ●NSC始まる
    政府は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、午前10時すぎから、総理大臣官邸で安倍総理大臣や岸田外務大臣ら関係閣僚が出席して、NSC=国家安全保障会議の閣僚会合を開いています。

    ●防衛相「特異な高度ではない」
    防衛省によりますと、北朝鮮は、5日午前6時42分ごろ、北朝鮮東岸のシンポ付近から、1発の弾道ミサイルを北東方向に発射したもようで、弾道ミサイルは、およそ60キロ、飛しょうし、北朝鮮の東岸沖に落下したものと推定されるということです。

    これについて稲田防衛大臣は記者団に対し「わが国および地域の安全保障に対する明かな挑発行為であり、断じて許せない」と述べました。そのうえで稲田大臣は、「発射された弾道ミサイルの種類は分析中だが、特異な高度ではなかったと認識している。総合的、専門的な分析を慎重に行う必要がある」と述べました。※シンポ(新浦)

    公明党の山口代表は、党の参議院議員総会で「これだけ国連安全保障理事会の決議が重ねられ、非難の声明が出されている中で発射したことは、断じて許せない。しっかり情報収集して分析し、国民に適切に情報提供することが重要だ。不測の事態に備えて、警戒監視を怠らず、気を引き締めて対応していく必要がある」と述べました。

    関連
    北朝鮮 発射は新型中距離弾道ミサイルか
    NHK 4月5日 10時06分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170405/k10010937481000.html

    【【弾道ミサイル】首相「重大な挑発行為 断じて容認できない」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/17(金) 07:20:08.35
    民進党‏  @MinshintoNews  

    766656a4-s

    「安倍総理から森友学園への寄付・・が明らかになった」という記述は
    根拠不十分であり、蓮舫代表の記者会見での実際の発言とも異なるものでした。誤解を招く
    表現となったことを深くおわびし、この部分を取り消します。

    【【悲報】民進党公式TW、「首相から森友への寄付」と断言するも取り消し】の続きを読む

    このページのトップヘ