真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    韓国

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/10(月) 09:19:48.28 _USER
    日本の自衛隊が上陸作戦能力の強化に本格的に動き出した。

    JGSDF_WAiR_conduct_Final_Ambush_to_secure_drop_zone


    先月27日に陸上自衛隊が長崎県佐世保市相浦駐屯地に水陸機動教育隊を発足させたと、時事通信は最近伝えた。
    来年3月創設予定の「日本版海兵隊」水陸機動団の準備を加速するためだ。

    上陸作戦を支援する軽空母も最近4隻に増やすなど、リングに上がる前に体つきも大きくする姿だ。

    上陸作戦能力は安倍晋三政権が熱を上げている敵基地攻撃能力とともに、日本を「戦争ができる国」に改造するための軍事改革の2つの軸だ。

    陸上自衛隊所属の水陸機動団は米海兵隊をロールモデルにしている。

    現在、相浦駐屯地に駐留中の西部方面普通科連隊を中心に3個連隊3000人規模で編成する予定だ。

    水陸機動団の表面的な創設理由は、中国と領有権紛争中の尖閣諸島(中国名・釣魚島)など本土から遠く離れた島を守ること、いわゆる「離島」防衛だ。

    日本が戦後維持してきた専守防衛(外部の攻撃を受けた場合に限り日本の領土・領海・領空内で反撃)原則上、 攻撃能力に準ずる上陸作戦は厳格に制限されてきた。

    自衛隊は水陸機動団の創設に先立ち、米海兵隊と連合軍事訓練を繰り返し実施するなど連帯を強化している。

    両国は2月に米カリフォルニア海岸で「アイアン・フィスト(Iron Fist)」という名の連合上陸作戦を施行し、 先月6日から12日間、日本群馬県相馬原基地で敵掃討作戦中心のもう一つの連合訓練(フォレスト ライト)もした。

    強襲揚陸艦の拡充のために海上自衛隊は先月22日、4隻目の軽空母「かが」に配備した。

    これに対し、韓国軍の内外では現在日本が集団的自衛権を容認しているだけに韓半島(朝鮮半島)有事の際の介入の可能性を懸念している。

    韓国軍の関係者は「在日米軍と自衛隊がパッケージで動く可能性を排除しにくい」とし 「上陸能力の強化は独島(ドクト、日本名・竹島)問題に関連しても大きな脅威要因」と述べた。

    一方、パク・ヨンジュン国防大教授は「いくら安倍政権といっても韓国軍の同意なく自衛隊が韓半島(朝鮮半島)に入ってくるのは容易でないだろう」と述べた。


    2017年04月10日08時46分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/865/227865.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|breakingnews


    【KSM】安倍首相「日本は韓国を助けない」民主党、小川ネチネチと質疑... 投稿者 ksm11 【【韓国中央日報】自衛隊、「米海兵式上陸部隊」育成へ 韓国軍の内外では朝鮮半島有事の際の介入の可能性を懸念[04/10]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/09(日) 22:05:21.49 _USER
    20170409-00069643-roupeiro-000-3-view

     【ソウル=山田健一】聯合ニュースは9日夜、韓国の大統領選の支持率調査で、野党第2党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前共同代表が、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表を上回ったと報じた。安氏が36.8%で首位に立ち、文氏は32.7%で2位だった。

     聯合ニュースとテレビ局のKBSが、世論調査会社に共同で依頼して8~9日に実施した世論調査の結果という。韓国の5つの政党の候補者5人について成人2011人を対象に調べた。

     安氏と文氏の2人だけを対象にした最近の別の世論調査で、安氏の支持率が文氏を上回ったことはあるが、出馬が現時点で見込まれる候補5人を対象にした調査で、安氏が首位に立つのは初めてとみられる。

     安氏は文氏に比べて中道色の強い政策を訴える。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の支持基盤だった保守層の取り込みに一定の成果を上げていることが読み取れる。一方、2012年の大統領選で朴前大統領に惜敗した文氏は、政権交代を望む革新系から支持を得ているものの支持層の広がりが課題になっている。

     支持率3位は、保守系政党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)慶尚南道知事の6.5%だった。

    全文はソースで
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK09H1T_Z00C17A4000000/

    【【韓国】韓国大統領選、安哲秀氏が支持率36%で首位 文在寅氏を上回る [04/09]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/10(月) 14:47:52.43 _USER
    ダウンロード (1)

    ムン・ジェイン「米国、北と対話する...先制攻撃の可能性は高くない」

    大統領候補選出後の最初のインタビュー

    共に民主党のムン・ジェイン大統領選挙候補は9日、「断言する、米国と北朝鮮は最終的に対話する」と述べた。米中首脳会談が成果なく終わった中で、シリア爆撃まで重なって北朝鮮の核先制攻撃説が高まることと関連し、ムン候補は「北朝鮮を圧迫して、交渉のテーブルに引き出すためのオプションの一つとして(先制攻撃を)話しているが、実行する可能性は高くない」と強調した。

    ムン候補は、ソウル上水洞のあるカフェで、ソウル新聞とのインタビューをして「米国が北朝鮮にどのような措置を取ろうと、事前に韓国と協議しなければならない。私たちが主人であり、当事者として韓半島問題を主導しなければならない」と述べた。先立って、議論になったら「躊躇なく言う。(政権を握れば)北朝鮮にまず行く」(月刊中央1月号)と言う発言と関連し、ムン候補は「北朝鮮の核の解決に役立つなら、米国、日本などと緊密に協議して、先に行く可能性があると言う意味」、「伝統的な韓米関係が最も重大だ。米国との協力に向けた努力が先行し、その中で可能性が話になるだろう」と説明した。

    雑音が絶えない支持者の「文字爆弾」論議については、「主権者の政治参加としても守らなければならない線がある」、「私を支持する方の政権交代に対する切迫は理解するが、考えが他の人に対して暴力的、侮辱的行動で行使されてはならないという点を明確に申し上げる」と述べた。

    ムン候補はまた、「今、国民の党と統合、連立を話しているのは、適切な時期ではなく、礼儀ではないことがある」と言いながらも、「革新に対する違い、政権交代に対する疑問のために選択肢を探したものなので、大統領選挙の後、同じ根にいた勢力が割れている理由はない。政策連帯であれ、連立であれ、統合であれ議論できるだろう」と述べた。

    ソース:ソウル新聞 2017-04-10 03:29(機械翻訳)
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170410001010

    【【米韓】ムン・ジェイン大統領候補「米国は事前に韓国と協議しなければならない。私たちが主人として韓半島問題を主導する」[04/10] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/10(月) 03:32:24.79 _USER
    ユ・スンミン「米国、中国に「サード報復」の中断を要求しなければならない」

    「米中首脳会談、北朝鮮の核問題解決の転機作り出して」

    http://img.focus.kr/mnt/photo/web/2017/04/06/2017040601144500940_M.jpgno title

    ユ・スンミン正しい政党の大統領選挙候補が6日、昌原の窓口慶南都議会ブリーフィングルームで開かれた記者懇談会に参加して政策関連の発言をしている。

    ユ・スンミン正しい政党の大統領候補が8日、トランプ米国大統領と習近平中国国家主席の米中首脳会談と関連し、「米国はサード配備の正当性を中国側に説明し、中国が経済報復をすぐに中止するよう要求しなければならない」と述べた。

    ユ・スンミン候補はこの日、「トランプ - 習近平会合に対する立場」を通じてこのように明らかにした。

    ユ候補は「トランプ大統領が習近平主席に北朝鮮の核、ミサイル問題の深刻さ、韓米同盟の重要性とサード配備に対する米国側の立場を明らかにしたのは、適切な措置と評価する」、「米・中両国は今回の首脳会談で、必ず北朝鮮の核問題の解決の歴史的転機を作り出さなければならない」と強調した。

    また「韓国政府は、米中首脳会談で私たちの大韓民国の要求が反映されるように、最後まで努力する」と付け加えた。

    ソース:フォーカスニュース 2017-04-08 15:41(機械翻訳)
    http://www.focus.kr/view.php?key=2017040800153540863&sub_gdnum=288

    【【韓国】ユ・スンミン大統領候補「米国のサード配備表明は適切と評価。米国は「サード報復」の中断を要求しなければならない」[04/10]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/09(日)01:29:15
    好きとか嫌いとか関係なく、単に危ない。
    韓国の首都ソウルは、北朝鮮との国境から最短距離で30km程度。
    ミサイルという高価な兵器を用いずとも、「単なる大砲」の弾が届く距離だ。


    朝鮮有事が勃発した場合には、一瞬で火の海になるだろう。
    笑うかも知れないが、まったく笑えない話として「いきなり首都決戦」が韓国である。
    距離が近すぎて、「スタート!」となった場合、歩兵が余裕で辿り着ける。
    市街戦の危険性もある。


    韓国に渡航した場合、有事に巻き込まれて死ぬ可能性があり、極めて危険だと考える。
    我が国には、大量の海外邦人を同時に救出し、警護しつつ後退する能力はない。

    このような混乱状態では、最寄り空港が使える可能性は限りなく低い。
    釜山まで「徒歩」となる可能性があるが、400kmほどある。
    現代日本人には踏破することは難しいだろう。


    結論から言えば、助かる可能性はかなり低い。
    自衛隊が乗り込んでこれを救出というのも現実的ではない。
    そのような組織体制になっているとは言い難い。


    極少数の救出や、少人数の警護なら可能かもしれないが、海外に進出して大量の国民を護衛しつつ、安全に後退させるような人員も装備も、我が国にはない。

    我が国は、朝鮮有事が勃発した場合、大量の在外邦人の生命と安全を守る術を持たない。

    外務省は「渡航自粛要請」を出すべきだ。私の職権外ではあるが、一人の政治家として「行ったら危ない!」「不要不急の用件がない限り、行くべきではない」と、個人的な見解ではありますが、強く主張させて頂きます。

    実は、自民党の国会議員からも同様の声はあがっている。正式な場で意見を述べられたという。外務省の反応は、ちょっとひどいな、と思ってしまいました。(今日はこのあたりの話を紹介します。最近の話です。)

    というか、国会議員側から何度も要請が出されていたという事実を、皆様はご存じでしょうか?

    http://i.imgur.com/ZYNUApl.jpgno title


    >>2へ続く

    【【行橋市議会議員小坪しんや氏Blog】自民議員「韓国への渡航自粛、韓国にいる邦人に対する避難勧告等を呼びかけるべきではないか?」→ 外務省は事実上のゼロ回答 [H29/4/8]】の続きを読む

    このページのトップヘ