真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    韓国

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/03(金) 21:59:01.48 _USER
    http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2015/0707/143618380869_20150707.JPGno title

    ▲軍艦島の背景として落書きが挿入されたハンギョレ新聞の漫画(2015年7月7日)。この落書きは炭鉱の朝鮮人寮の壁に残されていたとされ、「お母さんに会いたい」「お腹すいたよ「故郷に帰りたい」と書かれている。

    前半で紹介した「落書き」の問題は主に2つだ。

    まず、演出された写真であるにもかかわらず、日韓両国で数十年間「事実」かのように認識されてきたという点、恐らく検証しようという努力がなされず、マスコミはむしろこれを広めるのに大きな役割を果たした。最も深刻だと思うのは韓国のケースだが、韓国ではこの「落書き」が教科書(『近現代史教科書』 中央教育 2004)に掲載され、教育を通して拡散し定着した。捏造資料を見て学んだ幼い学生たちは、日本に対してどのような感情を抱くだろうか? 考えただけでも嫌になる。

    次に、2000年代初・中盤には既に捏造だということが西日本新聞や在日韓国人研究家により明らかにされていたのにも関わらず、依然として「強制連行の残酷性」をアピールする資料として使用されているという点だ。最近の韓国マスコミは、むしろこれを「軍艦島」に関連付けて紹介するなど意図的な「ミスリード」ともとれるような報道さえしている。これらの報道を目にした韓国人は日本への感情を悪化させるしかない。

    だが、実はこの問題について考えるときに、日本も、そしてもちろん韓国も、知っておくべき事実がある。それは、この落書きが最初に登場した映画『乙巳年の売国奴』の内容と、この映画が作られた背景についてである。驚くべきことに、この映画は日本の植民地政策を批判するために作られた映画ではないのだ。北朝鮮系組織が戦後の日韓和解、即ち、日韓国交正常化を破綻させようと作られた冷戦時代のプロパガンダ映画だったという事実である。

    この問題を理解するために最も重要なポイントは、この捏造劇の始発点、映画『乙巳年の売国奴』である。この映画の内容、そして作られた目的が何であったのか。この映画は1965年に日本で制作された白黒フィルムの映画だが、映画の中で使われている言語は韓国語である。元々メジャーな映画でもなく、現在では入手することも難しい映画だ(韓国では北朝鮮の資料という理由で公開や閲覧が制限されている)。私はソウルにある統一部傘下にある北朝鮮資料室でこの映画を視聴した。
    (中略:映画のタイトルの「売国奴」とは、1965年に日韓国交正常化を推進した朴正煕(大統領))

    no title


    映画の内容は単純だ。日本統治期に日本が朝鮮と朝鮮人民に対し酷い虐待、搾取、収奪を繰り返してきたかを見せつけ、そんな日本と和解し手を取ろうとする朴正煕政権は民族の背信者であり売国奴であると糾弾し、日韓国交正常化に反対、批判する映画だ。ここで日本統治期の朝鮮弾圧を描写するために登場したのが、前述した「落書き」である。つまり、落書きは朝鮮総連系の団体が韓国と日本の和解を妨害するために制作した映画の中で「反日素材」のための小道具として作り出されたものだったのだ。

    この映画を制作した在日本朝鮮文学芸術家同盟は今も活動を続けている。韓国と北朝鮮を往来し、学術会議を開いたり、2016年4月には北朝鮮を訪問し金日成と金正日の銅像を参拝するなどした。映画『乙巳年の売国奴』を撮った監督が1970年代初に北朝鮮に移住したことを考えても、彼らと北朝鮮との「繋がり」が無視できないものであることが分かる。
    >>2-5あたりに続く

    崔 碩栄 (ジャーナリスト)

    ソース:wedge<日韓対立煽動に利用された『強制連行の神話』 (後)>
    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8974

    関連記事:wedge<日韓対立煽動に利用された『強制連行の神話』(前編)>
    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8925




    【【軍艦島】 日韓対立煽動に利用された『強制連行の神話』~捏造された写真が韓国の歴史教科書に登場[03/03] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/04(土) 00:59:43.71 _USER
    【ソウル=桜井紀雄】中国当局が国内旅行社に対し、韓国旅行商品の販売を全面的に中止するよう指示したと、韓国メディアが一斉に報じた。

    米軍の迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に対する本格的な報復の一環とみられ、系列ゴルフ場を配備地に提供した韓国ロッテグループへの狙い撃ちも相次いでいる。

    複数の韓国メディアによると、中国国家観光局は2日、北京の旅行社に対し、団体、個人を問わず、15日から韓国への旅行商品の販売をやめるよう口頭で通達した。地方でも同様の指示が伝えられているという。

    昨年韓国を訪れた中国人旅行者は約800万人とされ、外国人旅行者の半数近くを占める。航空券の個人購入を除いて韓国渡航が制限されることになり、旅行者が400万人程度減るとも危惧されている。

    一方、ロッテがTHAAD配備先に関して国防省と契約した2月28日、同社の中国向けホームページがダウンした。今月2日にはロッテ免税店のサイトが一時利用できなくなった。中国からのサイバー攻撃とみられている。

    また、中国大手通販サイトのロッテのコーナーが突然閉鎖されたほか、ロッテの店舗や系列会社への中国当局の一斉点検も繰り返されている。

    中国の報復とみられる動きに対し、大統領権限を代行する黄教安(ファン・ギョアン)首相は3日、与党との会議で「必要な対策を講じる」と述べた。

    日本が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を国有化した2012年に中国が日本への旅行やレアアース輸出を制限したことがある。日系工場の襲撃も起きた。

    韓国紙、朝鮮日報は社説で、今は日本に中国人観光客があふれているとし、「日本国内が一つになり、譲歩できないとの意思を明確に示したからだ」と指摘。韓国も毅然(きぜん)と対応するよう求めた。

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170303/mcb1703031941032-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170303/mcb1703031941032-n2.htm


    http://www.sankeibiz.jp/images/news/170303/mcb1703031941032-p1.jpgno title

    THAAD(ロイター)の配備先に選定された韓国・慶尚北道星州郡のゴルフ場(聯合=共同、合成写真)
    http://www.sankeibiz.jp/images/news/170303/mcb1703031941032-p2.jpgno title

    韓国ソウルの中国大使館付近で開かれた集会に参加し、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の早期配備を求める人々=2月15日(AP)

    【【中韓】中国が韓国への団体旅行を全面禁止 ロッテへのサイバー攻撃…本格化するTHAAD報復、韓国では日本に学べとの声も[3/04] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/03(金) 20:48:01.24 _USER
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版  崔仁準(チェ・インジュン)記者
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/03/2017030300584.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2017/03/03/2017030300568_0.jpgno title

    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2017/03/03/2017030300568_1.jpgno title


    韓国発でフランチャイズ(FC)展開するデザートカフェ「ソルビン(雪氷)」のマーケティング担当者は先月末、市場調査のために中国・広州市を訪れたところ、信じられない光景を目にした。

    本社直営の「ソルビン」の店舗からわずか100メートルあまり離れた通りに偽物の「ソルビン」がオープンし、多くの客でにぎわっていたからだ。ハングルで書かれた看板やメニューだけでなく、店員の制服まで韓国国内と瓜二つで、普通の消費者ならだまされてしまうほどだった。

    ソルビン関係者は「店長に抗議したら、むしろ『ウチが元祖だ』と言い返された」という。実際に偽物は本家よりも先に「ソルビン」という名称で中国で商標登録してしていたため、提訴することもできなかった。

    中国の無差別な韓国商標先取りで、中国に進出する韓国企業の被害がどんどん広がっている。中国企業やブローカーが韓国の有名ブランドを中国で先行して商標登録し、それを高値で韓国企業に売りつけたり、偽物のサービスを量産したりとやりたい放題だ。

    韓国企業は中国に進出しようとしても足止めを食い、まずブローカー相手に商標登録の無効訴訟を起こしたり、商標の譲渡交渉を行ったりするのに時間を費やさなければならない。

    >>2-3につづく

    【【中韓】「ソルビン」どっちが元祖? 中国で横行する韓国ブランド商標先取り】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/03(金) 13:23:20.79 _USER
    2017年3月2日、韓国・ソウル近郊の市内を流れる川が異様な緑色に変色する騒ぎがあった。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。
    http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201703/20170303-03586138.jpgno title


    ソウルの東、車で1時間半ほどに位置する京畿道(キョンギド)南楊州(ナムヤンジュ)市の消防署などによると、2日午前9時ごろ、市内の陶深(トシム)川に緑色の水が流れているという通報が寄せられた。

    調査の結果、洗顔や頭皮管理に使用される機能性医薬品の流出が原因と判明、市内の瓦阜(ワブ)村にある業者の倉庫に粉末状で保管されていたものが排水路から流れ出たことが確認された。

    現在、市関係者らが倉庫の入り口を遮断して吸着布と遮断幕を設置、化学物質の防除作業を行っている。

    消防関係者は「紙コップ3杯分の粉末状物質が流出したが、粉末そのものが高濃度ということもあり、陶深川に沿って3キロ先まで広がったものとみられる」と説明している。

    市と警察はこの業者の代表に対し、流出の経緯や化学物質の人体への影響について聞き取りを行っている。

    報道で緑色に染まった川の画像を目にした韓国のネットユーザーからは

    「合成写真かと思った」
    「紙コップ3杯分がここまでになるとは」

    とそのどぎつい色に驚くコメントや、

    「見た目からして生態系に悪影響を与えると思う」
    「生態系が元通りになるには長い時間がかかりそう」

    と生態系への影響を心配するコメント、

    「流出させた会社の責任者を厳しく処罰すべき」
    「紙コップ3杯なんてうそ。飲酒運転で引っかかった人が焼酎1杯しか飲んでないと言うのと同じ」

    と流出させた業者を非難するコメントなどが寄せられている。

    一方で、

    「はあ、国がこんな状態だけに水の色が鮮やかだね」
    「金に溺れた朴槿恵(パク・クネ大統領)みたい」

    と皮肉なコメントを残すネットユーザーもいた。

    Record china 配信日時:2017年3月3日(翻訳・編集/松村)
    http://www.recordchina.co.jp/a171144.html

    【【環境】韓国の街を流れる川がどぎついエメラルドグリーンに突然変色=韓国ネット「合成写真かと思った」「生態系に悪そう」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/03(金) 15:39:20.15 _USER
    韓国のK-9自走砲がフィンランドに輸出される。

    no title

    防衛事業庁と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は2日、ソウル龍山区のハイアットホテルで、フィンランド政府と国産K-9自走砲48台輸出契約を締結した。韓国産自走砲の輸出は2001年のトルコ、2014年のポーランドに続いて3件目となる。

    契約式にはフィンランドのニーニスト国防相、チャン・ミョンジン防衛事業庁長、金宰弘(キム・ジェホン)KOTRA社長、申鉉宇(シン・ヒョンウ)ハンファテックウィン社長らが出席した。今回の輸出契約は1億4500万ユーロ(約190億円)規模で、2025年までに引き渡しを完了する計画だ。

    国防科学研究所(ADD)とハンファテックウィンが共同で開発し、1999年に実戦配備されたK-9自走砲は射程距離が40キロで、弾薬と装薬の供給を自動化した世界初の自走砲であり、性能と価格の面で世界最高と評価されている。

    2017年03月03日13時02分
    韓国経済新聞/中央日報日本語版
    http://japanese.joins.com/article/434/226434.html



    【【軍事】韓国、フィンランド政府と「世界最強」国産K-9自走砲48台輸出契約を締結 】の続きを読む

    このページのトップヘ