真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    韓国

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/25(金) 09:20:39.60 _USER
    07d98291-s

    北朝鮮の弾道ミサイル発射で朝鮮半島情勢が緊迫の度を深める中、国際オリンピック委員会(IOC)が声明で半島情勢を綿密に注視していることを明らかにしたと朝鮮日報が8月11日に報じた。

    開幕まで半年を切った平昌五輪の安全開催に対する不安を払拭するためとの見方がなされている。ただ、米国など数カ国が最終手段として「参加まで考慮するかもしれない」とも伝えられた。

    朝鮮日報は8月11日、豪州の日刊紙やカナダのテレビ局が同10日、IOCが北朝鮮の核・ミサイル開発の進行状況について「情報をリアルタイムにチェックしている」と報じたと伝えた。

    ミサイル発射を繰り返す北朝鮮は7月28日に米国を射程に含む大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射。米国を挑発するかのように8月9日にはグアム島周辺への弾道ミサイル発射を示唆した。緊迫化は日本の株価などに影響を及ぼすほどだ。

    同紙はまた、一部の海外メディアが平昌・江陵の五輪開催地域が非武装地帯と100キロ程度しか離れておらず、「懸念の視線を送っている」とした。

    さらに豪州の日刊紙などは米国や英国、豪州が自国選手の安全性に苦慮している」とし「最後の手段として参加まで考慮するかもしれない」と懸念した。

    韓国のスポーツを統括する文化体育観光部(省に相当)がこれまで3回の世論調査を実施し、韓国の平昌五輪への関心度を公表してきた。

    平昌五輪への関心は35.1%にとどまり、過去2回に比べて最低。競技場で競技を観戦するかを問われると、7.9%しかなかった。これで1日約6万人の観光客が見込めるのか、甚だ疑問だ。

    五輪組織委のスポンサーの寄付後援金は6月時点で516億ウォン(約51億6000万円)不足していると伝えたばかりだが、文在寅大統領は7月24日に実施された五輪イベントで、全体の五輪予算2兆8000億ウォン(約2800億円)のうち運営費3000億ウォン(約300億円)が依然として不足しているとして、公共企業の支援を呼び掛けた。

    朴槿恵前大統領の親友・崔順実被告の国政介入事件の余波で民間企業は萎縮し、契約締結は停滞したままだ。

    政府は、公共企業の財政的支援を五輪成功の最大の課題としている。最近になって、韓国水資源公社が入場券購入などで5億ウォン(約5000万円)規模の支援を約束。別の公共団体は1億ウォン(約1000万円)を支援した。

    組織委は「公共企業の寄付が続いているが、目標に比べればほとんどないに等しいレベル」と焼け石に水の状況であるとし、約500億ウォン(約50億円)以上を支出する公式パートナー級の契約締結を求めているが、いまだに実現しない厳しい現実を突き付けられている。

    文大統領は7月24日の平昌五輪開幕200日前イベントで「北朝鮮が参加できるようにドアを開け放っておいた」と述べ、5月の就任以降続けている北朝鮮融和策の主張を繰り返した。

    北朝鮮がこれだけ国際情勢を緊迫化させ、IOCが懸念を表明し、日米韓の共同歩調が求められている時期に何と浮世離れした発言だろう。本当に五輪成功に対する危機感を持っているのだろうか。

    五輪組織委の李煕範(イ・ヒボム)委員長は冷え込む五輪機運醸成のため、全国の自治体の協力を仰いだ。1次販売で総販売目標枚数(107万枚)の21%しか売れなかった入場券販売の促進、国民的な参加拡大を通じたブームの造成などを呼び掛けた。8月中に書簡をすべてを発送するという。

    また、組織委は五輪期間中、市民1人当たり8万ウォン(約8000円)以下の入場券と交通・食事などの便宜の提供は選挙法や請託禁止法などの関連法令に抵触しないと強調した。

    もはや準備の時間は残されていない。とにかく“成功”を高らかと唱えられる体裁を整えるのに政官挙げて必死な空気が漂う。

    http://www.sankei.com/premium/news/170825/prm1708250005-n1.html

    http://www.sankei.com/images/news/170825/prm1708250005-p3.jpgno title

    韓国と北朝鮮の非武装地帯。平昌五輪がここから100キロしか離れていないことで、五輪開催の懸念が広がっている(AP)

    【【韓国】平昌五輪、緊迫する朝鮮半島情勢にIOCが危機感 安全開催の不安払拭に躍起 「参加考慮」の報道も[8/25] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/24(木) 09:24:59.78 _USER
    hqdefault (2)

    中国メディア・今日頭条は21日、約半年後に開幕が迫った来年2月の韓国・平昌五輪について「新たな難題が出現した」とする記事を掲載した。記事は「五輪開幕まですでにそう長い時間がなくなりつつある今、資金力や人力が不足する中で会場建設が何とか終わりを迎えようとしているが、このほどまた彼らの頭を痛める新たな問題が発生した」としている。

    その新たな問題とは、交通のキャパシティオーバーだ。記事によれば、来年2月の五輪開催時には、観客以外に選手やコーチなど4万5000人がやってくるという。

    現地では関係者の移動をスムーズにすべく、空港の拡張や道路の工事を実施しており、工事が完了すれば仁川空港のキャパシティは現行の年間5400万人規模から7200万人に拡大され、道路状況もいくらか改善される見込みだが、実際本番を迎えた時に混雑する人や車の流れをさばききれるか、なおも不透明とのことだ。

    記事は「2008年の北京五輪では、建設開始段階から交通システムに問題は絶対ないと宣言し、実際に問題は起こらなかった。しかし、平昌五輪組織委員会が予測する39万人の外国人観光客は、現地にとって明らかに巨大な圧力となる」と指摘。

    以前韓国のネットユーザーが中国代表の参加を望まないと発言したことに、中国のネットユーザーはなおも反発しており、中国のネット上では「いいよ解決できなくて。どうせわれわれは参加しないし」、「会場が狭すぎる。間違いなく混雑するだろう」といった冷ややかなコメントが飛び出していると伝えた。

    さらに、日本のネットユーザーからも「いくら頭が痛くても日本に助けを求めるな。中国に助けてもらえばいいじゃないか。中国は交通手段がたくさんあるし、技術も発展しているぞ」との意見が出たとしている。

    韓国・聯合ニュースは20日、平昌五輪に向けた韓国国内の交通網整備に関して報じている。五輪開催中は仁川空港から平昌までの高速鉄道を1日51本運転するほか、平昌のある江原道ではシャトルバス約1200台を準備するという。また、会場付近の高速道路や国道など328キロメートル区間の建設も進んでいるとのこと。果たして計画はどこまで実現できるだろうか。


    2017-08-24 07:10
    http://news.searchina.net/id/1642509?page=1

    【【韓国】平昌五輪に新たな問題が・・・日本のネット民「こっちを当てにするな」[08/24]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/23(水) 20:32:31.81 _USER
    中国メディアの新浪網は22日、「日本が降伏した後の韓国はどうだったか。号泣する人、自決する人が至る所に見られた」と題する解説記事を掲載した。

    現在の韓国人の神経を逆なでするような誇張も交えた書き方からは、中国に多く存在する韓国人に対する反感を読み取ることができる。

    記事は冒頭で、1945年8月15日に日本の敗戦が決定した際に、多くの日本人が屋外でひれ伏して号泣したと紹介し、「軍国主義教育は全国民的で、日本には多くの極端分子がいた」「彼らは戦争が正義の行動と思っていた。本当に笑えてしまう」などと、当時の日本の状況を論じた。

    しかし、韓国についてはさらに痛烈で、「街では号泣したり自決する人が至る所に見られた」「これらの人々は自らを日本人と考え続けてきたからだ」などと、現在の韓国人の神経を逆なでするであろう記述をした。

    記事は韓国の近代史について、「1894年(勃発)の甲午中日戦争(日清戦争)の後、日本は清王朝から韓国地区の支配権を奪った」「(日本は韓国で)皇民化運動のような日本文化と思想の伝授を始めた」「(皇民化運動の)意義は韓国地区の人民を愚民化して天皇の子にすること」と紹介。

    さらに1939年には「創氏改名」令を発表し、韓国人の氏名を日本人と同様に変更することを求めたとして、韓国人は創氏改名を受け入れれば皇軍(日本軍)に入れると奨励され、尊敬されることができた」「韓国人は日本人になったと誇りを感じ、栄誉と思った」などと主張した。

    記事はさらに、第2次世界大戦期に、日本の中国侵略戦争に韓国人42万人が参加し、日本の東北開拓(満洲国開拓)を含めれば90万人もの韓国人が「(中国侵略という日本の)暴虐に手を貸した」と論じた。

    記事は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の父親である朴正煕(パク・チョンヒ)大統領も、軍人として中国東北地方で戦争に参加したと紹介。

    さらに「現在の韓国では、この時代の歴史を言い出せない。また認めたくない」「世界に向けて自らを被害者と言っている」と論じた上で、「1965年、日本は韓国に3億ドルの賠償を支払った。これが韓国の経済発展のために重要な土台になった」と紹介した。(翻訳・編集/如月隼人)

    http://www.recordchina.co.jp/b188291-s0-c30.html



    26: KSM WORLD NEWS 2017/08/23(水) 20:43:37.58
    ● 蔡さんの本「台湾人と日本精神」より

     そこには敗戦直後の日本の様子が生々しく描かれている。
    蔡さんのいた岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊には、日本人も台湾人も朝鮮人もいた。台湾人も朝鮮人も共に日本人として戦っていたのだ。

     創氏改名は強制でなく、台湾では「許可制」、朝鮮では「自己申告制」だった。蔡氏は本名で通したが、ほとんどの朝鮮人は改名していたという。
    日本が敗戦したと知って、台湾人生徒は日本人と一緒になって悔し涙にくれた。

     ・・・が、朝鮮人生徒は、その日から食糧倉庫、被服倉庫を集団で襲って強奪するなど、やりたい放題だった。
    日本人を殴って「戦勝国になったんだ!」と威張り散らす者もいた。
    ちなみに「三国人」というのは、このときGHQが台湾人・朝鮮人は戦勝国人でなく”Third Nationals”と呼んだのを、日本語で「三国人」としただけのことである。

     それにも関わらず朝鮮人たちは「俺達は戦勝国だ」「もう日本の法律は守らなくていいんだ」と、態度を豹変させ違法行為、暴動を繰り返した。
    買出し列車では、朝鮮人が我が物顔で乗り込んで、日本人は身を縮めていた。
    日本人の女はいたずらされ、日本人の男たちはちょっとでも朝鮮人の気に触ったらリンチにあっていた。
    「三国人」という言葉は、占領軍の威を借りて傍若無人に振舞っていた朝鮮人のいるなかで生まれた言葉であった。

    蔡氏談:「私を含め敗戦で意気消沈する中で、日本人をいびりつづけ肩をいからせていた朝鮮人どもが「中華民国台湾青年隊」の腕章をつけていた我々におべっかを使ってきた。
    それは中華民国が連合国の一員であったからにほかならない。
    弱いものには威張りちらし、強いものには媚びへつらう、そんな朝鮮人の極端な習性を目の当たりにした気がした。」

    -----著書「台湾人と日本精神」より

    【【韓国】日本が第2次世界大戦で降伏した時の韓国、「号泣・自決」する人が多かった―中国メディア[8/23] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/21(月) 18:43:40.26 _USER

    【【韓国】憔悴した様子の朴槿恵・前大統領[8/21]】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/19(土) 21:11:56.69 _USER
    弁護士・八代英輝(53)が17日の『ひるおび!』(TBS系)で、MCの恵俊彰(52)に「そういうことは打ち合わせで」とたしなめられ、一瞬不穏な空気が流れる場面があった。

    番組では今月15日に韓国・ソウルで起きた「地下鉄がドア開けたまま走行」という事件を取り上げていた。

    その流れで、鉄道ジャーナリストの「韓国の地下鉄は世界でもトップクラスだが、技術や安全面は日本と比べて劣ってしまう」という発言を恵が紹介。

    そこで八代は「どこがトップクラスなんでしょうね? 技術と安全で劣ってたら」と苦笑しながら矛盾を指摘した。

    もっともな正論だけに、コメンテーターたちも笑っていたが、恵は「地下鉄の何かあるんでしょうね…」といったん言ったものの、適切な説明が思い浮かばなかったのか、冒頭の「そういうことは打ち合わせでおっしゃって下さい」と冷たく諌めたのである。

    この放送に対し、SNSでは司会者2人の関係を危惧しながらも、「いいツッコミだ」と八代を褒める声が多く上がっている。

    芸能記者によれば、八代は最近ことあるごとに制作サイドの意向に沿わない発言をして、恵からたしなめられているという。長年続く人気のMC2人の背景に何があるのだろうか?

    「八代は元々、空気を読まず正論を言ってしまうタイプ。きわめつけは7月13日の放送で、制作サイドの加計学園問題で安倍政権を糾弾しようとする方針に、イラついたように『総理が悪いことしたというが、何も事実は出てない。総理が否定しているのに、支持率が下がる状況はいかがなものか?』などと、ひとり安倍擁護の発言をして、恵をはじめ出演陣が凍り付いたことがありました。森友・加計問題のあたりから、番組の意向を重視したい恵との関係が妙にギクシャクしています」

    テレビや芸能界の予定調和が嫌われる昨今。「打ち合わせ通り」に進行するワイドショーにおいて、八代の存在は貴重と言えるかもしれない。

    文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)
    >>1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。

    http://dailynewsonline.jp/article/1346331/

    http://image.dailynewsonline.jp/media/d/f/df0744b5d326bd21ba6b2855cb59a1c7446a162d_w=666_h=329_t=r_hs=f4321dc76c5168ab841e1894d8496b14.jpegno title

    恵俊彰が韓国をバカにされムカッ?空気読まぬ八代英輝の発言に賞賛の声

    【【TBS】恵俊彰が韓国の地下鉄をバカにされムカッ?空気読まぬ八代英輝に賞賛の声】の続きを読む

    このページのトップヘ