真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    面会

    33

    【安倍首相 トランプ大統領が横田夫妻と面会で調整】

    安倍総理大臣は、新潟県新発田市での演説で、アメリカのトランプ大統領が来月、日本を訪れた際に、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんの両親の横田滋さん、早紀江さん夫妻と面会する方向で調整していることを明らかにしました。

     

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/31(月) 20:42:52.76 _USER
    ref_l

     今週予定されている内閣改造を前に、ジャーナリストの田原総一朗氏が「政治生命をかけた冒険をしないか」と安倍総理に提案し、様々な憶測が飛び交っている。

     7月28日、安倍総理の元に田原氏が訪れた。30分を予定していた総理との会食は1時間に及び、その後取材陣に対して 「総理に近い“ある人物”に話をした。『政治生命をかけた冒険をしないか』と。そうしたら、総理の方から『会いたい』と言ってきた」とコメント。
    さらに、「“解散総選挙”ではないのか?」という質問に対しては、「そんな細かい問題じゃない」と具体的な内容は明らかにしなかったものの、 「(総理は冒険を)やるつもりじゃないかな」と前向きであることを示唆した。

    ――“冒険”とは憲法改正のことか?

    田原氏 :2016年9月に安倍総理に会ったときに、「実は憲法改正する必要がなくなった」と僕に言ったんです。 「集団的自衛権の行使を決めたらアメリカは何も言わなくなった。だから憲法改正の必要がない」とこう言った。 だから、「自衛隊を認めるみたいなことをやろうかなと思っている」と。

    ――電撃的に北朝鮮を訪問するとか、(成果が)見えるようなものではないのか?

    田原氏 :そのうち目に見えると思うけどね。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13411608/

    番組では、それ以上口を閉ざし続けている田原氏を直撃したが、「話したら、ぶち壊れてしまうので言わない」。 さらに追及したが、「内閣改造や閣僚人事、解散の話ではない」「外交問題でもない」としか話さなかったが、ヒントをくれた。 それは「日本の政治家で安倍総理しかできないこと」だという。そして「民進党も共産党も、小沢(一郎)さんも反対しない」と語り、 詳細は「安倍さんが行動を起こしたら言ってもいい(が、今は言えない)」と、あくまで詳細を語らなかった。

    https://www.j-cast.com/tv/2017/07/31304621.html

    ジャーナリストの田原総一朗氏(83)が31日、情報番組「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)に生出演し、 安倍晋三首相(62)に提案した「政治生命を懸けた冒険」について、実現の可能性は「5割近くある」と語った。

     田原氏は実現の時期について、安倍首相の支持率が低下している現状から「来年まで延ばしたら安倍内閣が潰れちゃう」と述べるにとどめ、具体的な内容については「言ったらブチ壊れちゃう」と明かさなかった。

    http://www.sankei.com/politics/news/170731/plt1707310027-n1.html

    【【安倍・田原面会】記者「安倍首相が電撃的に北朝鮮を訪問するとか?」 田原総一朗「そのうち目に見えると思うけどね」 】の続きを読む

    tbsnewsi-60837_news2793117_6


    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/06/11(土) 00:30:16.26 ID:CAP_USER9
     マスコミの多くが、有田芳生参議院議員が独自に入手し、「週刊文春」を通じて公開した一昨年の横田夫妻と 孫家族との面会写真を報じた。なお、報じるべきでないと判断して写真を報じなかったメディアがあったことも事実だ。 その判断を私たちは重く受け止めている。

     この写真公開について、様々な誤解が広がっている。救う会西岡会長が横田ご夫妻に直接、お話を聞いたところ、 以下のようなコメントを頂いたので全文公開する。

     有田議員は当初、公開した写真は横田ご夫妻が所有しているものだと虚偽をマスコミなどに伝えていた。そのことを救う会は確認している。

     有田議員は一体どこから、今回公開した写真を入手したのか明らかにするべきだ。横田ご夫妻もその点は聞いていないという。
    横田家以外で写真を持っているとすると、北朝鮮以外考えにくい。有田議員は国民の代表である公人だ。
    いつどのような経緯で北朝鮮の誰から写真を入手したか、明らかにすべきだと強く求めたい。

     以下の横田ご夫妻のコメントの全文を掲載する。ここで明らかなように、有田議員と横田ご夫妻は意見が大きく異なる。
    有田議員はご夫妻の考えを代弁してはいないということを皆様にお伝えしたい。
    横田滋、早紀江さんコメントを全文掲載する。
    ------------------------------------
    ★ 孫との面会写真公開に対する横田滋、早紀江さんコメント

     この度の「週刊文春」に掲載されました孫ウンギョン達との対面の写真は、横田家から提出してお願いしたものではありません。
     有田先生ご自身が持参なさり、「掲載する写真はこれです」と出されたものです。

     私達は、孫との対面時、孫から「出さないでほしい」と約束していましたので、横田家からは何処へも、一枚も出しておりません。

     有田先生のお話では、あちらの方は了解していますとの事でしたので、当時から、悲劇の中にもこの様な嬉しい日もある事を 支援して下さった方々に公表したいと思っていましたので、「写真を掲載して頂く事は異存ありません」とお伝えしました。

     それは被害者家族の誰にも孫があり、この様に当り前の喜びを早く味わって頂きたい、それには、この掲載によって 国民の皆様に再度拉致問題の深刻さを思い起こして頂きたい、孫と会えて良かったで終わる問題でなく、多くの罪無く 囚われている子供達を一刻も早く祖国に全員とり戻す事を真剣に政府にお願いし戦って頂きたいと願うのみです。

     昨年9月の会見などでも繰り返しお話ししましたが、もう一度ここで誤解なきようにお伝えしたいことがあります。

     北朝鮮からウンギョンさんを日本に呼ぶという話が繰り返し出ていますが、私たちにとってはびっくりするだけです。 もしそう言われたとしても、そういう事は致しません。

     私達が立ち上がったのは、子供達が国家犯罪で連れて行かれ、大事な子供達の命が今なおどこにも見えず、 偽遺骨が送られてきたり、いいかげんなカルテをもらったりしたことを受けて、多くの国民の方に助けて頂いて、 めぐみ達は生きている、すべての被害者を救い出したいと思っているからです。

     これは、繰り返し申し上げていることであり、今回、孫の写真を独自ルートで公開された有田先生と
    私達の考えは違っているという事をはっきりさせて頂きたいと思います。


    2016年6月10日 横田滋、早紀江
    http://www.sukuukai.jp/mailnews/item_5425.html
    (冒頭;一部略)
    ・ 関連元スレ
    【拉致問題】 横田さん夫妻「孫と面会した写真はどこにも提供していない」 民進党・有田芳生議員による写真公開で★5
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1465523189/

    【【KSM】北朝鮮拉致事件 横田さん夫妻 「民進党有田先生と私達の考えは違っている」 孫との面会写真の公開で (救う会全国ニュース)】の続きを読む

    このページのトップヘ