真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    離党

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/10(日) 22:32:26.49 _USER9
    6200a04d-s

     女優の真矢ミキ(53)が、山尾志桜里衆院議員(43)が妻子ある9歳年下の弁護士とのダブル不倫疑惑を週刊文春に報じられ民進党を離党したことについて、「まだまだ女性議員が活躍するのは難しい時代なのかな」と残念がった。

    真矢は8日放送のTBS系「ビビット」で、前夜に会見した山尾氏について「悔しそうな顔が印象深い」と感想を述べ、「それが不倫のことについてなのかな、っていう気がしなくもない」と、山尾氏の悔しい表情について推理した。

    真矢は山尾氏の不倫疑惑について「このタイミングでそこまで脇が甘いことをすることなのかな」と首を傾げ、「キャリアを積んだ男性議員もたくさんいらっしゃるわけで、彼女はインパクトでここ最近のし上がってきたイメージがあるので、後押ししてくれる男性もいるけど、やっぱりそこは納得できないっていう方も多いのかなと。

     まだまだ女性議員が活躍するのは難しい時代なのかな、『若すぎる、面白くない』という方もいらっしゃるのかなと思う」と、民進党の男性議員によるリークを疑った。

    ・以下ソース: 日刊スポ 9月8日
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1884554.html

    ・★1 2017/09/10(日) 18:49:13.09
    ・前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505036953/
    35:20〜


    【【テレビ】真矢ミキ、山尾氏の民進党離党に「出世が面白くない方もいる。女性議員が活躍するのは難しい時代」と残念がる 不倫疑惑で 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/10(日) 00:22:29.09 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    748fcb46d306a39131bf5563aea30452

    民進 前原代表「考え方異なり離党なら対立候補検討」
    9月9日 20時01分

    民進党の前原代表は山梨県笛吹市で記者会見し、党内で複数の議員が近く離党するのではないかという懸念が出ていることに関連して、党の方針と考え方が異なるとして離党した場合には選挙区で対立候補の擁立を検討する考えを示しました。

    民進党では、先に党を離れた細野元環境大臣や長島昭久衆議院議員らが、新党や新たな会派の結成を目指していることも踏まえ、 複数の議員が近く離党するのではないかという懸念が出ています。

    これに関連して、民進党の前原代表は山梨県笛吹市で記者会見し「離党をほのめかしている人がいるのは認識している。 党の方向性を変えたいなら、党の中で発言してもらいたいし、私と直接、話をしたいということなら、喜んで話をしたい」と述べました。

    そのうえで、前原氏は「『考え方が違うから離党する』というのであれば、目指す社会像の実現のために対立候補を立てるのが党の正統性を維持していくために大事だ。国民に選択肢を示す意味でも、その姿勢はしっかりと貫きたい」と述べ、党の方針と考え方が異なるとして離党した場合には、選挙区で対立候補の擁立を検討する考えを示しました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170909/k10011133521000.html

    【民進党・前原代表「離党した議員の選挙区に対立候補を立てる!」 泥沼の戦いへ】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/09(土) 12:01:49.84 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
    20170908_wb_ns02_90ceaf5053e1614c_9

    民進衆院議員5人、離党へ 来週にも 細野・若狭氏と連携か

    民進党の衆院議員5人が来週にも離党する方向で調整していることが8日、わかった。
    複数の同党関係者によると、このうち3人は8月に離党した細野豪志元環境相が率いていた「自誓会」のメンバー。
    細野氏とともに年内の新党結成を視野に入れ、小池百合子都知事に近い若狭勝衆院議員率いる「日本ファーストの会」との連携などを模索するとみられる。

     自誓会メンバーは、笠浩史(52)=神奈川9区、当選5回=、後藤祐一(48)=同16区、3回=、鈴木義弘(54)=比例北関東、2回=の3氏。
    残りの2人は、岸本周平(61)=和歌山1区、3回=、福島伸享(47)=比例北関東、2回=の各氏。

     5人は、1日の民進党代表選で白票を投じたとみられており、前原誠司代表の下でも党勢回復は困難と判断したもようだ。

     岸本氏は5日、和歌山市内で開かれた連合和歌山の会合で「(民進党は)解党による出直しが行われなければ離党する」と明言していた。
    別の議員の一人は産経新聞の取材に対し、離党を検討していることは認めたものの「意向はまだ固めていない」と語った。

     民進党は、今年4月に長島昭久元防衛副大臣が離党届を提出し、除籍処分となったほか、7月の東京都議選で惨敗してから細野氏ら4人が相次いで離党届を提出した。
    細野氏は離党を受理されたが、他の3人は除籍処分となった。

    http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170909/plt17090908140003-n1.html

    【【速報】民進党、衆院議員5人が離党 笠浩史・後藤祐一・鈴木義弘・岸本周平・福島伸享の5氏 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/07(金) 20:51:33.93 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    WS000271

    民進 長島昭久衆議院議員が離党へ


    民進党の長島昭久衆議院議員は、党執行部が次の衆議院選挙をめぐって、共産党と候補者調整などを協議しているのは、 みずからの政治信条に反し受け入れられないとして、離党する意向を固めました。

    民進党の長島昭久衆議院議員は、党執行部が次の衆議院選挙をめぐり、共産党との間で小選挙区の候補者調整や共通して訴える政策を協議していることについて、 みずからの政治信条に反し受け入れられないとして、離党する意向を固め、来週10日にも野田幹事長に離党届を提出することにしています。

    長島氏は当面、無所属で活動しながら、東京都の小池知事が率いる地域政党、「都民ファーストの会」との連携も検討したい考えです。

    長島氏は衆議院比例代表東京ブロック選出の当選5回で55歳。旧民主党政権では防衛副大臣や外交・安全保障担当の総理大臣補佐官を歴任するなど、 党内の保守派の論客として知られていて、現在は民進党東京都連の幹事長を務めています。

    民進党では、7月の東京都議会議員選挙の立候補予定者が相次いで離党届を提出していて、都連幹事長として選挙対策の実務を担う長島氏の離党は、 こうした事態の収拾や都議会議員選挙に向けた取り組みに影響を及ぼしかねないという懸念も出ています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170407/k10010940931000.html

    【民進党の長島昭久議員が離党へ 「共産党との協力は自らの政治信条に反し受け入れられない」】の続きを読む

    このページのトップヘ