真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    陸自

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/11(金) 19:39:37.40 _USER9
    01559fb0-s
    4d4afd9b
    北朝鮮が弾道ミサイルを日本の上空を通過させグアム島周辺に落下させるなどと発表したことを受けて、自衛隊は万が一、落下物などがあった場合に備えて、飛行コースと予告された中国・四国地方の4か所に迎撃ミサイル、PAC3の部隊を配備することになりました。部隊は11日夜にも中部地方の自衛隊の基地を出発することになっています。

    北朝鮮が発表した弾道ミサイルの発射計画では、グアム島周辺の海上に向けて発射する際、島根県、広島県、高知県の上空を通過すると予告しています。

    防衛省関係者によりますと、これを受けて自衛隊は防衛大臣の破壊措置命令に基づき、迎撃ミサイル、PAC3の部隊を飛行コースと予告された中国・四国地方の4か所に配備することになりました。

    PAC3の部隊は11日夜にも岐阜基地など中部地方から出発し、島根県の出雲駐屯地、広島県の海田市駐屯地、愛媛県の松山駐屯地、それに高知県の高知駐屯地に向かうことになっています。

    12日の朝以降に到着し、レーダーや発射機などを組み立てて態勢を整え、万が一ミサイルの部品などが落下した場合に備えることにしています。

    自衛隊はPAC3のほか、高性能レーダーで弾道ミサイルを追尾することができる海上自衛隊のイージス艦を日本海に配置し、警戒と監視にあたっています。

    配信8月11日 18時48分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170811/k10011097131000.html

    関連スレ
    【北朝鮮】PAC3、中国・四国4カ所に グアムへのミサイル警戒
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502402074/

    【【陸自】中国・四国地方4か所にPAC3部隊配備へ 11日夜にも岐阜基地など中部地方から出発】の続きを読む

    10261-1

    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/22(木)15:15:25

     産経新聞によると、22日午前10時半に出火した新潟県糸魚川市の商店街火災は、強風のため
    燃え広がり午後二時半現在鎮火していないという。
     新潟県は午後二時前、陸上自衛隊第12旅団長に災害派遣を要請した。
     詳細は産経新聞とNHKで。


    >新潟・糸魚川駅近くの商店街で火災、50棟以上延焼 市が避難勧告
    2016.12.22 14:02 産経新聞
    http://www.sankei.com/affairs/news/161222/afr1612220010-n1.html

    >糸魚川火事 陸自が災害派遣へ
    12月22日 15時02分 NHK 首都圏
    http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20161222/5505071.html

    【【社会】新潟・糸魚川駅近くの商店街で火災、50棟以上延焼中 市が約270世帯(約580人)に避難勧告 陸自が災害派遣へ H28/12/22】の続きを読む

    m_sankei-wst1607200008wst1607200007-n1

    http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/b9abb228c810eabd432ffeee422c32d3)から転載

    共産「陸自は人殺し訓練」 奈良県議団が誘致反対チラシ

    産経新聞 7月20日(水)7時55分配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00000059-san-pol

    奈良県が誘致を進める陸上自衛隊駐屯地をめぐり、共産党奈良県会議員団などでつくる団体が昨年10月、駐屯地誘致に反対する講演会の案内チラシに「陸上自衛隊は『人殺し』の訓練」などと記していたことが19日、分かった。共産党では6月、藤野保史(やすふみ)政策委員長(当時)がNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言、事実上更迭された。同県会議員団は「説明不足で誤解を受ける表現だった」と釈明している。

     チラシを作成したのは、同県会議員団などでつくる「軍事基地のない平和な奈良県を守る会」。党機関紙「赤旗」や市民団体機関紙の折り込み用に作成した。

     チラシの表題は「奈良県に陸上自衛隊駐屯地はいらない!」で、講演会の開催日時と場所のほか、駐屯地誘致に対する反対運動について掲載。困ったような表情をした女の子と犬のイラストを添え、「陸上自衛隊は『人殺し』の訓練。奈良の若者が駐屯地誘致で自衛隊にねらわれている」という吹き出しが、「不安がいっぱい…」との言葉とともに記されている。

     産経新聞の取材に対し、同県会議員団は「奈良県に軍隊につながるものをつくらせない、という意図だったが、不適切な表現だった」と釈明。

     共産党奈良県委員会も「災害時に救援救助にあたってもらう自衛隊を否定しているわけではない。軍隊の本質は『人を殺し、殺される』ものだということを示すためだったが、説明不足だった」とし、今後は内部でのチェック体制を高めるという。

     奈良県は、全国で唯一、陸上自衛隊駐屯地のない県。

    このため県は、南海トラフ巨大地震など大規模災害に対応するため、同県五條市にヘリポートを併設した陸上自衛隊駐屯地を誘致しようと国に要望している。

     

    このページのトップヘ