真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    野党

    5f76d19a-l

    小泉進次郎氏(自民) 「野党の人たちは安倍総理のことを嫌いとは言うけど、嫌いな人がいなくなった後にどんな日本を作るかを全然語らないじゃないですか!」 悪夢の民主党政権みたいなのを作られても困るよね
    😓 10/17

    maxresdefault

    この男に防御はない 攻め100%! 北朝鮮と話し合いによる解決を迫る他の野党を断罪! 安倍政権の外交を高く評価! そして自党の主張をするときでも 必ず安倍総理への心配り 男だね!

    f12ed994-s

    1 :モチモチの木φ ★:2017/10/08(日) 14:02:18.40 ID:???
    ■【衆院選】立憲民主は「一見民主だ」 公明・山口那津男代表が皮肉、野党批判炸裂

    公明党の山口那津男代表が7日、群馬県のJR高崎駅前で街頭演説を行い、
    希望の党を巡る野党の急激な再編ぶりを皮肉り、「立憲民主党は一見民主党だ」などと語った。
    衆院選比例北関東ブロックから出馬予定の輿水恵一前衆院議員の応援に駆けつけ、消
    費税使途変更への理解を求め、少子高齢化対策や子育て支援拡充などの政策も訴えた。

    「野党の皆さんは混乱、瞑想続きだ」。山口代表は解散以降、急速に加速した野党再編劇を批判。
    希望の党の出現で、またたくまに合流意向を示した民進党について
    「代表選をやったばかり。(前原誠司代表となり)一致結束し共産党とも手を組み、
    自公政権と戦っていこうと言っていたのに。合流しようと皆で決めてしまった。どういう政党なのか」と批判した。

    その上で「政権が取れそうにもないから、希望の党に名前を変えて(選挙に)出ようって言ったって、
    (政権を)変えられない政党が名前を変えても、変えられるはずがない」。


    希望の党が民進党出身者すべてを受け入れるつもりが「さらさらない」(小池百合子東京都知事)とし、
    受け皿として枝野幸男氏が立ち上げた立憲民主党についても、「排除されそうな人たちが行き場がなくなって、やむを得ず作った。よく見ると、民進党のまんま。一見、民主党。それが立憲民主党です」と皮肉混じりに語り、聴衆の笑いを誘った。

    その上で「(各党の)政策をきちんと見極めてほしい」とし、少子高齢化への対処策や子育て支援充実などを訴えた。幼児教育無償化や私立高の授業料実質無償化、低年金の高齢者に支援給付金をプラスすることなどの具体例を挙げ、「年金世代や子育て世代を応援するため、消費税を10%に引き上げ、使い道を変更したい」と理解を求めた。


    ソース:http://www.sankei.com/politics/news/171007/plt1710070099-n1.html

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/30(土)16:45:39
    a506cdae-s

    ◆希望の党に“選別”された候補者の顔ぶれが楽しみだ 「変節」野党や議員をしっかり胸に刻みたい
    [産経ニュース 2017.9.30 08:50]


     いまの政治状況を見ていて、釈迦の垂らした糸に大勢が群がる芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を思い出した。物語の結末のようにならないといいが。

     それにしても、前原誠司民進党代表(55)は大きな仕事をした。代表に就いたのが9月1日、10月を待たずに事実上「解党」してみせた。何度も書いたが、民進党は左から右までが混在する「寄り合い所帯」。それが国民に信頼されぬ要因で、解党しか道はなかった。

     衆院は28日、解散した。事実上、「10月10日公示、22日投開票」の選挙戦に突入している。

     野党第一党たる民進党は同日の両院議員総会で、前原代表が提案した新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事、65)への合流を、あっさり満場一致で決めた。

     しかし、「合流」に際し、小池氏は民進党前議員から個別に申請を受け、安保法容認を公認条件にすると“踏み絵”を課した。

     当たり前である。

     「安保関連法反対」を声高に叫んできた民進党、そして所属議員諸氏。当選するために「覚えてない」とは言わせない。選別された諸氏の顔触れが実に楽しみだ。

    org1351337

    5b3cc5dc-s

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170930/plt1709300018-n1.html


    【【産経・WEB編集委員のつぶやき】希望の党に“選別”された候補者の顔ぶれが楽しみだ 「変節」野党や議員をしっかり胸に刻みたい[H29/9/30]】の続きを読む

    萱野稔人氏「野党の民進党と自由党の合流も話題に登っている。解散の大義がないと野党は批判しているが、野党再編もまったく大義のない動きになってきている」

    ⇐萱野さんはいいところを突くね!その通りだわ!#ユアタイム pic.twitter.com/C1mznk00g1

    このページのトップヘ