真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    通過

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/03(火) 15:22:17.14 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    bc3e57a7-s

    06423bf9-s

    5af1cdf3-s

    758061e2-s

    2017年10月02日 06時05分
    希望、菅・野田氏ら公認せず…合流組は130人

     希望の党(代表=小池東京都知事)は10日公示・22日投開票の衆院選に、小選挙区選の公認候補として220人以上を擁立する方向で最終調整に入った。

     このうち約210人については、第1次公認として2日にも発表する。 1次公認の内訳は、若狭勝・前衆院議員ら希望の独自候補が約80人、民進党の大島幹事長ら同党からの合流組が約130人。一方、首相経験者の菅直人、野田佳彦両氏や、枝野幸男代表代行ら同党のリベラル系前議員の多くは公認されない方向となった。

    http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171001-OYT1T50116.html



    2017/10/03-12:47
    希望、1次公認約190人=「立憲民主」発足【17衆院選】

     希望の党(代表・小池百合子東京都知事)は3日午後、衆院選の1次公認候補を発表する。
    希望側の候補者が約90人、民進党からの合流組が約100人で、合わせて約190人となる方向で最終調整している。関係者が明らかにした。

    ec3ebffb-s

     希望の若狭勝前衆院議員と民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行が3日午前に会談し、候補者調整を進めた。 1次公認は当初200人規模となる見通しだったが、枝野幸男元官房長官(民進党に離党届提出)を中心とする新党「立憲民主党」に参加する候補者がいるなどして、民進党合流組が減少したという。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100300158&g=pol

    30: KSM WORLD NEWS 2017/10/03(火) 15:39:37.84
    >>1
    希望の党からは
    知性を感じない

    15: KSM WORLD NEWS 2017/10/03(火) 15:32:04.56
    北朝鮮のミサイルを作ったお金!
    あれはどこから出たか知ってますか?
    震災復興資金を北朝鮮に横流しした議員が民主党にいました!
    その名は…


    【【悲報】希望の党の選別、ガバガバだった 立憲民主党に参加するような極左を30人も通過させてた 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/10(木) 08:47:08.42 _USER9
    MAIN-Kim-Jong-Un-missiles

    [ソウル 10日 ロイター] - 北朝鮮は、中距離弾道ミサイル4発を米領グアムに向けて発射する計画を8月中旬までにまとめた上で金正恩朝鮮労働党委員長に提示し、実行に移すかどうか委員長の判断を待つ方針だ。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

    KCNAは「グアムに置かれた主要軍事基地の敵軍を阻止し、米国に重大な警告を送る」ための計画を北朝鮮軍が策定していると伝えた。

    KCNAによると、朝鮮人民軍の金絡謙戦略軍司令官は「朝鮮人民軍が発射する『火星12』は日本の島根県、広島県、高知県の上空を通過する」と述べた。

    また「1065秒で3356.7キロ飛行し、グアム沖30─40キロの海域に着弾する」とした。

    トランプ米大統領は今週、北朝鮮がこれ以上米国を脅かせば「世界がかつて見たことのないような炎と怒りに直面することになる」として北朝鮮をけん制しており、異例の具体性を伴う今回のKCNAの報道は、米朝間のさらなる緊張の高まりを浮き彫りにしている。

    トランプ大統領の「炎と怒り」の発言についてKCNAは「全く無意味」とし、「このように理性を欠いた人物との健全な対話は不可能であり、同氏には絶対的な力のみが有効だ」と言明、北朝鮮は米国の言動を引き続き注視すると伝えた。

    配信2017年 08月 10日 08:34 JST
    ロイター
    http://jp.reuters.com/article/north-korea-idJPKBN1AP2QF?il=0

    【【北朝鮮】グアム攻撃計画を8月中旬までに策定へ 島根、広島、高知の上空を通過】の続きを読む

    このページのトップヘ