真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    辞職



    KSMの動画/ニュース

    【KSM】大日本帝国が世界で初めて提案した『人種差別撤廃案』 究極の『八紘一宇』 
    https://www.youtube.com/watch?v=Ton7GrMTYYY
     
    【KSM】沖縄、辺野古反対派4名逮捕 ブロック積み工事妨害 山城博治容疑者他
    https://www.youtube.com/watch?v=y_sbRfomtio

    【KSM】日本人が最も崇拝してきた古代中国の偉人、多くの中国人が聞いたことのない人物だった
    https://www.youtube.com/watch?v=61JKrcDGsG8

    【KSM】桜井誠氏、大和証券本社前「しばき隊、男組」所属の嶋田眞人社員の件での抗議活動 行動する保守運動 @daiwa jp  
    https://www.youtube.com/watch?v=eA3p3Ap-Aek

    【KSM】民進党の柚木道義が1日のタクシー代として94 .3万円を計上。調べたところ新札幌から那覇空港まで行ってもお釣りが出ます。
    https://www.youtube.com/watch?v=sOD_kOsOMHw

    【KSM】土進党 柚木道義 マジキチ 厚生労働委員会「外国人の生活保護停止」すれば財源できるよな by KSM 2016年11月25日
    https://www.youtube.com/watch?v=q9zh5pYJohk

    【KSM】民進党・蓮舫は本当に頭が悪いようだ。まだ、オバマが大統領なんだよw 2016年11月24日
    https://www.youtube.com/watch?v=3l4FANB2UGo

    【KSM】桜井誠 きまぐれ オレンジ☆ラジオ ~ 打ち身、捻挫にサロ○パス ~ 2016/11/25 ツイキャス 日本第一党
    https://www.youtube.com/watch?v=F7q8GHi6zBM

    【KSM】桜井誠 きまぐれ オレンジ☆ラジオ ~ そして、誰もいなくなった ~ 2016/11/16  ツイキャス 日本第一党
    https://www.youtube.com/watch?v=gC1BeTz9htQ

    【KSM】 朝日新聞、減収減益 純損益が5年ぶり赤字に転落 廃刊までのカウントダウンか? 
    https://www.youtube.com/watch?v=5gxk3ZgCmzo

    【KSM】海外「日本には感謝しかない!」 親日国ペルーの安倍首相歓迎式典が凄かった! 
    https://www.youtube.com/watch?v=3JcO70TEvYg

    14449772_1168518459885703_4638385110542427871_n

    https://samurai20.jp/2016/09/multiple-nationality-6/
     より転載

    日本国籍を喪失すれば、国会議員の立場を失う。
    ゆえに「国籍を!」というweb上の意見は多い。
    では、どうすればいいのか。

    こうだったらいいな!という意見は溢れているが、
    「国籍を喪失させるための具体的な手段」は、まともに議論された形跡はない。
    私の目から見るに、いずれも具体性に欠けるものであった。

    例えば政治家である私に意見を言っても、効果はない。
    なぜなら政治家が国籍の有無を決することはできないためで、
    言い換えればいずれの政治家が述べようとも「喪失・喪失しない」にはそもそも影響しないためだ。

    蓮舫の国籍を喪失させるための、具体的な手段。
    それは司法の場に持ち込むこと、である。

     

    蓮舫の罪、せめて自分の言ったことぐらい思い出せ!

    07年3月9日、民主党の蓮舫参議院議員ら四人は、松岡利勝農水相の議員会館事務所をアポなしで突撃訪問した。目的は事務所経費で購入したとされる「なんとか還元水」をその目で確かめるためだ。 当然、テレビカメラを引き連れている。流し場に立った蓮舫議員が「水道はここしかないですね」と指差す。閣議のため不在の松岡農水相に代り秘書が対応するも、カメラの前だと燃える女には太刀打ちできない。 押し問答の末、窮した秘書が「今日はご勘弁ください」と答えてようやく「中継」は終わった。

    蓮舫氏は五日後の参議院予算委員会でも激しくこの問題を追及した。「水道水は飲み水ではないという意味でしょうか?」こうやって始まった蓮舫議員の追及。松岡農水相は防戦一方になる。 さらに蓮舫議員が追い込む。「安倍内閣の閣僚に求められるのはまさにお金の部分のクリーンさだと思います。大臣はこれまでの答弁で自分はクリーンだということを120%自信を持っていますか?」

    その後、松岡大臣は自殺した。その三年後、「クリーンでオープン」な菅内閣が発足し、蓮舫議員は行政刷新大臣に就任した。ところがである。皮肉なことに11月、クリーンの代表格である 蓮舫大臣を事務所費問題が直撃したのだ。議員会館のコピー機のリース代など約40万円を、目黒区の自宅兼事務所の経費に計上するという不手際が発覚した。 これは政治資金収支報告書の記載に関する国会の申し合わせ事項に反する。「法的には問題ないと思っています」こう述べた蓮舫大臣だが「誤解のないよう、これからは資金管理団体で支出していきます」 と延べ、政治資金収支報告書の修正を示唆している。

    これによって蓮舫大臣も、「120%自信でクリーン」と言い続けることが難しくなった。仮に松岡氏が生きていたら、いつたい何と言ったのだろうか。
    (週刊文春、上杉隆、2010/12/2より要約)

     

    関連
    下記エントリの、「答え」になります。

    このページのトップヘ