真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    議員

    og_image

    朝鮮総連から北朝鮮へ流れる資金を遮断する件。金融庁から説明を受けた。私は、朝鮮総連の破産申し立てはあり得るという結論だが、抜け道や実効性を高めるために法整備を検討する必要性がある。整理回収機構の債権回収には現状では限界もあり、同僚議員とも連携し動かしていく

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/17(金)13:28:23 ID:???
    maxresdefault

    外国人への生活保護に関して様々な声が寄せられている。

    生活保護は、憲法25条に基づく国民として最低限度の生活を保障するもので、様々な理由から生活に困窮した国民を救済する制度である。

    ところが、在留資格をもった永住外国人等に合法的に支給されているケースもあるものの、あくまで難民条約に基づく生活困難者である。

    恣意的に偽装結婚をして、離婚し、その後永住権を盾に生活保護を受給する等の行為は断じて許してはならない。

    中には他の収入がありながら、不法に受給し逮捕された中国人の件もあった。

    戦後の経過の中で、日本に滞留せざるを得なかった韓国人や朝鮮人がその後帰化したり、永住外国人となったケースは多いが、その二世や三世が働けるのにそのまま保護を受け取っていたケースや働きながら不法に受け取ってきたケースもあり、それらを自治体は相当厳しく監視をしてきた。

    それでもなお、万全とは言えず、国と自治体は連携して徹底したチェックが必要だ。

    ましてや日本を脅かす北朝鮮の行為の中、北朝鮮国籍の人民が難民条約に基づき生活保護を受給しているケースがないのか。

    また、その国の国内教育で反日教育が行われていたり、いわゆる親日禁止法のようなものがある国の国民に支給することを国民は黙ってみていられるか。

    今後の議論で取り上げていく。

    【【政治】自民党・菅原一秀議員が「外国人への生活保護問題」に言及し「今後の議論で取り上げていく」[H29/11/17]】の続きを読む

    DOqlNDwUIAAbguh

    有本香「自民党の長尾敬議員が朝鮮総連の破産申し立ての取り組みを行ってる。長尾氏はやる覚悟があるが、猛烈な反撃が予想される。私もTVで朝鮮総連に圧力をかけるべきと言っただけで反発があった」 TVでは触れるなと圧力がかけられてる朝鮮総連… 長尾さん(
    )頑張って下さい!




    DOuec0BUEAA_Nac

    中共による人権侵害と闘う、チベット、ウイグル、南モンゴル、台湾、中国民主化運動家の同志達が来日中。 急遽、国会議員会館にて、チベット亡命政権議員等の皆様と意見交換を致しました。 日本への期待と役割は大きなものがあります。日本チベット国会議員連盟事務局長として力を尽くします!

    a7851f215be2cb5b3411aad977679bfc
    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火)23:42:53 ID:???


    a1e6d72f1e781eae011b1873ecb994bc


    百田尚樹
    @hyakutanaoki

    なんじゃ、このオッサン!
    今まで籠池問題について一言も語っていないのに、希望の党に入った途端に、この発言。
    小池に「言え」と言われたのかしらんが、節操がなさすぎる。
    そこまでして議員になりたいのか…情けない。
    --------
    中山なりあき(中山成彬)
    @nakayamanariaki
    籠池学園への国有地払い下げで財務官僚が安倍夫人に
    忖度しなければならない権力の影。
    私は昔、国有地払い下げを担当する財務局理財部長、
    交渉経過の資料を捨てることはない。
    官邸訪問者を忘れたと言わされる経産省官僚、
    記憶力だけは誰にも負けない受験勝ち組。絶対権力は絶対に腐敗する。
    長過ぎた座。
    --------
    bb84a5b83851accf9b08e3d125b98e60


    午後11:50 ・ 2017年10月15日
    4,542件のリツイート
    7,532件のいいね
    https://twitter.com/hyakutanaoki/status/919576292646797313

    【【twitter】百田尚樹「なんじゃ、このオッサン!、今まで籠池問題について一言も語っていないのに、希望の党に入った途端に、この発言。そこまでして議員になりたいのか…情けない。」】の続きを読む

    このページのトップヘ