真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    警察

    14680749_1202578673146348_1828026475952438147_n
    警察のみが責められる報道状況に、違和感を感じる。
    政治問題は、メディアが「指定」するものではない。
    一方的な報道を行いたいものが、ひた隠しにする「現場の動画」を公開する。
    閲覧注意とさせて頂くが、見た上で判断して頂きたい。

    若い警察官が、殴られ、罵倒され、帽子は吹き飛ぶ。
    言葉にすれば簡単だが、革紐で固定された帽子が飛ぶというのは、少々のことではない。
    実際の動画を見れば、どのような状況であるかがわかると思います。
    言葉ではなく動画は、心が折れそうになるレベルであり、政治家としても正視に耐えるものではありません。

    私自身、政治家として「許されぬ発言」というものは、あるべきだとは思う。
    警察の対応・発言を「素晴らしい」とは賞賛できぬ立場だ。

    しかし、物事というのは多角的に見るべきものであり、
    その背景や構図についても「情報を知った上で」判断する必要がある。
    それが民主主義である。

    一方的な情報を垂れ流し、判断を「強いる」「誘導する」ことは民主主義ではない。
    個々人の判断の上に民主主義が成立するのであれば、現場の実際の状況を、是非、その眼でご覧いただきたい。

    国民の声
    私の言葉ではなく、日本国民の声を紹介しよう。
    「現場の風景」を見た女性のコメントだ。
    これも民意であると、政治家として受け止めるし、併せてここに紹介する。

    構図から鑑みるに、左派が活動風景として自らアップしていたものと思料されます。

    同様の動画は、手登根安則氏が2016/09/21公開しています。
    場所は名護警察所とされ、往来妨害罪で逮捕された活動家の釈放を求めての行動です。
    削除対策なども含め、音を乗せたり繰り返しなどの編集を行ったのが以下だと考えます。

    極左暴力集団リーダーによる警察官への暴行

    民主主義を歪めるメディア
    報道はいい加減にせよ。

    最終的な物事の是非は別として、報道は大きく歪んでいる。
    トリミングが甚だしい。





    以下、小坪慎也氏のblogで
     https://samurai20.jp/2016/10/okinawa-12/
      

    1: KSM WORLD NEWS 2016/10/22(土) 22:03:43.37 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    https://youtu.be/8eS4o-CxyjI


    映像中のピンクの鉢巻きをしている人物、
    沖縄高江のヘリパッド移設反対派のリーダー・山城博治氏が
    器物損壊に続き、傷害と公務執行妨害の容疑で再逮捕されました。

    番組では、8月5日に、高江の抗議活動を取材。
    その際、山城氏を中心とする反対派によって行われた、
    沖縄防衛局職員への恫喝行為を撮影してきました。

    今回、その映像をノーカットでお送りします。

    いま、高江の警備にあたる大阪府警の機動隊員が
    反対派に対し、「土人」「シナ人」と発言し、
    地元マスコミを中心に、ヒートアップしています。

    しかし、大阪府の松井知事が言うように、
    彼ら反対派もそれ以上のことをしています。

    いま話題となっている、「土人」「シナ人」発言は、
    無辜の市民に向けられたものではないということを
    この映像を通して知っていただければ幸いです。

    <米軍ヘリパッド>250人が座り込み ダンプは姿見せず
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/67734

    【【KSM】「顔出せオラ!」防衛局職員を暴行し尋問 沖縄平和活動家の実態は警察すら恐れぬ暴力集団】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2016/10/11(火) 22:56:01.76 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    【東京】政府は11日、米軍北部訓練場の一部返還に伴うヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、
    8月に取材中の本紙記者ら2人を機動隊が強制排除したことに関し「報道の自由は十分に尊重されている」などとして、問題はなかったとする答弁書を閣議決定した。
    仲里利信衆院議員(無所属)の質問主意書に答えた。

    仲里氏は質問主意書で、8月20日に本紙記者らが排除されたことについて「民主主義の根幹を支える報道の自由を侵害する極めて悪質な行為であり、また基本的人権を無視する行為として断じて許すことができない」と問題視。
    記者の「排除」を判断したのは沖縄県警なのか、報道後の対応の変化などについて質問した。

    記者への警備対応は「沖縄県警が沖縄県警における米軍基地移設工事等に伴う警備の方針や内容を判断している」と説明。
    報道の自由を侵害するとの指摘には「当たらない」と否定した。
    現場での取材に対しては「報道の自由は十分に尊重されている」とした。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-373396.html
    機動隊による1度目の強制排除の場面。機動隊員は両側から琉球新報記者の腕をつかみ、後ろから背中を押して南側へ移動させている=8月20日午前10時半ごろ、東村高江(読者提供)
    http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201610/5a4b6f46a667003ada9f95bc84d69d2d.jpgno title


    関連ニュース
    機動隊が記者排除し閉じ込め 東村高江 弁護士「報道の自由侵害」
    http://ryukyushimpo.jp/photo/entry-340617.html
    記者排除は「報道の自由を侵害」 沖縄タイムス社が抗議声明
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/gallery/58805

    沖縄県警本部長の答弁
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/64068(抜粋)
    8月20日に東村の高江橋で地元紙記者が取材規制されたことに関し、池田本部長は「記者の取材を規制するつもりは毛頭ない」と答弁。
    記者が腕章を着けていなかったことなどから、現場の警察官が抗議参加者と区別できなかったとした

    答弁動画
    https://youtu.be/-nCwd3cxxQE


    【【KSM】沖縄2紙「警察が記者拘束、報道の自由ガー」 政府「尊重してるし」県警「腕章してないから区別つかん」】の続きを読む

    12187895_896029807149233_7673193102211034162_n


    1: 動物園φ ★
    李信恵@rinda0818 12時間前 
    沖縄の87歳の島袋文子さんが訴えられた件は、岡山でおいらが相被疑になったことと同じだ。名古屋からわざわざヘイトスピーチするために来た2人と岡山駅でばったり遭遇。「チョンコがなんでまだここにいるねん」と男、防犯ブザーを鳴らし、笑いながら「朝鮮人が暴れています、助けて」と叫ぶ女。 

    李信恵@rinda0818
     12時間前 
    女は執拗にカメラを向け、顔の近くまで持って来て危ないので「止めて」と云ったけど撮られ続けた。レンズを覆い隠そうとしたら、「カメラに触った!」と、おいらの手を殴った。その後、警察が来たので事情聴取。手首が腫れ上がるぐらいの怪我だったのは、その日に警察でも撮影済み。 

    李信恵@rinda0818 
    12時間前 
    被害届を出すために岡山に再度行ったら、まるで自分が加害者のような扱いを受けた。身長体重計られて、写真撮影、そして指紋は10指全部取られた。それでも、相手方が悪いんだからと思って。被害届が受理されない方が嫌だから我慢した。岡山のカウンターや、議員さんがびっくりしてた。 

    李信恵@rinda0818
     12時間前 
    警察は怖いよね、おいらが持って行った動画を相手側の暴行の証拠にしようとしたから。「あなたが先に触った」「これを認めるのか」、入れ代わり立ち代わりたくさんの刑事が来て、おかしいよね。「何度も来てもらうのは大変なので、今回で終わりにしたいから」とか。まあ、検察にはそのことも全部報告。 

    李信恵@rinda0818 
    12時間前 
    検察は「どっちもどっちにはしません。相手方をどうしたいですか?厳重に注意はします」。私はいつもながら甘いかもしれないけど「ヘイトスピーチやデモに参加したり、差別をしないと約束し、反省してくれるならそれでいい」と伝えた。女の方はその後も名古屋のヘイト街宣でデマを垂れ流していたけど。 

    李信恵@rinda0818
     12時間前 
    あと、「岡山で二度とヘイトスピーチをしないように対策して欲しい」と伝えた。まあ、ひどい目には何度もあってるけど。ライターなので、全部これはネタやと思うことにしている。おいらだからいいけど(よくないが)、87歳の女性が訴えられること、ほんま許せないよね。オモニと変わらない女性や。 

    https://twitter.com/rinda0818?lang=ja



    hqdefault
    元スレ:・【話題】李信恵「警察に被害届を出しに行ったら加害者扱いされて指紋全部取られた。警察怖い」 
    【【KSM】李信恵「警察に被害届を出しに行ったら加害者扱いされて指紋全部取られた。警察怖い」】の続きを読む

    日本共産党員20万人は共産党幹部にだまされ搾取されてない?
    .....施政方針演説中に爆睡しても誰にも注意されない志位和夫は独裁者!

    .....なでしこりんです
    。やっぱり「こいつ」でした! 昨日(0/26)の「時事通信の偏向記事のソースは共産党の志位和夫」と指摘しておきましたが、案の定、今日「自白」してました。日本に一番不要なのは日本共産党です。そう思いませんか? ソースは「志位和夫のツィッター」です。 志位「平成21年10月26日の民主党のスタオベ?覚えてないな」   

    2
    志位和夫認証済みアカウント 
    @shiikazuo 
    9 時間9 時間前

    昨日の衆院本会議で異様な光景が。首相が演説で自衛隊等に「今この場所から、心からの敬意を示そう」と呼びかけると、自民党議員がほぼ総立ちで拍手。議長から着席を求められるという事態に。23年間国会にいるがこんな光景は初めてだ。国会の上に自衛隊を置く。首相の号令で全員起立。これは危うい。

    .......志位のツィッター炎上中!
    ......3
    志位にあなたの声を!志位へのメッセージはこちらからできます → 
    https://twitter.com/shiikazuo/status/780560624522625024?lang=ja


    4

    なでしこりん
     ‏@RinNadesiko0719 
                              

     恥ずべき志位和夫「二十数年国会にいるが、ああいう光景は初めて見た。気持ち悪い」。平成21年10月26日の民主党のスタオベは見ていない?
     
    日本共産党はこんなのの独裁を許しててもいいの?

    ...5

    .....志位和夫 は「人殺し宮本顕治の子飼い」の党員。名目上は「息子の家庭教師」ですが、その息子は東大進学に失敗し、現在は日本共産党員ですらありません。宮本顕治が息子をあきらめ志位和夫に「自己の名誉保持」を期待したのは当然でしょう。共産圏では死んだのちでさえ「名誉はく奪」を行いますからね。つまり、「志位和夫は宮本顕治」の墓守なんです。

    ...............6
    ..............習「自衛隊を弱体化しろアル!」志位「了解したアル」

    .....ですから もともと政治家として資質はどうでもよいわけで、「宮本路線の継承」だけが志位和夫の任務。宮本顕治で有名なのは「敵の出方論」ですよね。つまり、相手側(この場合、国の治安組織(警察、海保、自衛隊)の出方に応じて革命を行う」ということです。つまり、「相手が暴力を使えばこちらも暴力で応じる」。いかにも人を殺した経験のある宮本顕治らしい考え方でしょ。その継承者こそが志位和夫なんです。

    ...............7
    ......................  もちろん本人が書くわけないじゃないですか!ww

    .....日本共産党 は「低所得者の味方」なんて言ってますが、志位和夫だって23年間、衆議院議員をやってたら「23年×2896万円=6億6608万円」の収入があるんですよ。「共産党議員は党に寄付を取られる?」。それにしたら「不破御殿」なんていう話は出てこないでしょう。つまり、志位や不破は、下部のゴーストライター党員に本を書かせて、自分の名前で出して印税でもうけているんです。そんなの世間の常識ですよ。知らないのは共産党員だけ!

    ..........8

    .....安倍総理 がおっしゃったのは自衛隊のことだけではありません。きちんと、警察、海上保安庁、自衛隊とおっしゃっているにも関わらず、わざと「国会の上に自衛隊を置く」なんて発言は「ウソ」以外の何ものでもないのです。こんなうそつきを党委員長に居座らせている日本共産員はバカしかいないの? 日本共産党員の中に、もし日本人の心を持つ人がいるのなら、「志位を打倒せよ!」の声をあげてほしい。もし、日本共産党員に日本人の心を持つ人がいるのならの話ですが・・・・。無理かな。 By なでしこりん

     http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12204149661.html から転載

    このページのトップヘ