真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    謝罪

    1: KSM WORLD NEWS 2018/01/19(金)07:40:13 ID:???
    7a69749d

    朝日新聞デジタル
     毎日放送(大阪市)の三村景一社長は18日の定例会見で、昨年末のラジオ番組内でパーソナリティーが「沖縄の基地反対運動をしている人は大部分が特定の勢力」などと語ったことについて、「行き過ぎた発言だった」と謝罪した。

    mig

     毎日放送によると、12月26日放送の「こんちわコンちゃん お昼ですょ!」の中で、パーソナリティーをつとめる元毎日放送アナウンサーの近藤光史(みつふみ)さんが「沖縄で基地反対運動をされている方々は、大部分が特定の勢力から送り込まれている人間」という趣旨の発言をした。特定の勢力に関連して、中国や韓国という言葉も出たという。

     近藤さんは翌27日、番組内で「私見とは申しましたが、純粋に反対運動されている方々を否定するような、思いを傷つけるような表現がありましたことをおわび申し上げます」と謝罪した。

    (以下略)

    朝日デジタル/1月18日
    https://www.asahi.com/articles/ASL1L5JTLL1LPTFC00L.html

    魚拓= http://archive.fo/U0dpg

    沖縄の米軍基地反対運動 「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 http://www.sankei.com/politics/news/170322/plt1703220003-n1.html

     警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。 【【何故謝罪?】毎日放送ラジオ「沖縄基地反対は特定勢力」と発言、謝罪 (特定の勢力に関連して、中国や韓国という言葉も出たという。)[H30/1/19]】の続きを読む

    Screenshot_2018-01-12-07-06-17


    img_0_m

    【心から謝罪を】慰安婦問題について、韓国・文在寅大統領「日本政府が真実を認めて心から謝罪すれば元慰安婦も日本を許すだろうし完全に解決するだろう」 菅義偉官房長官「韓国側がさらなる措置を求めることは我国としては全く受け入れることはできない」
    許すだろうって何回謝罪すれば気が済むのだ?

    hoshino00

    「誤報を垂れ流す広報媒体を排除することが公的立場にあると信じている。」
    私の実家は、昨年まで朝日新聞を購読していたが、誤報を垂れ流す媒体かつ訂正、謝罪及び反省が著しく不十分な社風であるから解約するよう説得し、無事に解約した。


    「朝日新聞は今日の朝刊で「価格調整追及、新たなメモ 森友国会」との見出し、記事本文中でも「野党側は30日、新たなメモも示して追及」と記しているが、このメモはテレビ朝日がすでに8月に報道しているもの。」 朝日新聞は国民の知る権利を害していると言わざるを得ない。


    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/24(金)10:47:13 ID:???
    12314003_549443828543246_4986268803936032785_n

     朝日新聞社は21日、同社の社説記事を「捏造」だとTwitter上でつぶやいた日本維新の会・足立康史衆議院議員(52)に抗議して、発言を撤回するよう求める申入書を発表した。「朝日新聞が沈黙を破り、今週から一挙に反撃を始めたようです」と説明するのはある新聞記者だ。



    「同社は同21日に、『徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者・小川榮太郎氏(50)にも名誉・信用を傷つけられたと、謝罪と該当部分の訂正、損害賠償を求めています。他にも同日に『月刊正論』(産經新聞社)12月号の高山正之氏(75)の連載コラムの「安倍叩きは社是」の記述についても、訂正を求める申入書を送りました」

    20130726_617166


     同記者によれば背景にあるのは「この1年で31万部減と、目に見えて部数を減らしている現実」に焦りを感じ始めているからだという。ネットメディアの発達とともに強まり続ける「朝日新聞バッシング」を、もはや見過ごせないと決断に踏み切ったのだろう。

    ■自民党・山田宏議員「その前に日本国民に謝罪すべきでは?」

     だが、逆襲に出た朝日新聞に各方面から思いがけないカウンターパンチが飛びまくっている。

    「朝日は小川榮太郎に抗議を出したその日の内に、自民党・山田宏参議院議員(59)から
    『朝日新聞は、まず日本国民に対し、自らの慰安婦報道で世界にばら撒いた嘘に謝罪し、賠償するのが先決じゃないの?』
    と痛すぎるツッコミを入れられ、2500リツイートと3800もの『いいね』を受けるなど共感を呼んでます。

    さらに朝日新聞が騒いだことで小川氏の著作は逆に注目を集め、22日にはAmazon政治本カテゴリで1位になりました。さらに足立議員も20万視聴の人気ネット番組『報道特注』に出演するなど、むしろ反論がSNSで拡散してしまってます」(週刊誌編集者)

     たしかにすべての「ディスカウントジャパン」は朝日から始まっているといっても過言ではない。その訂正も中途半端な一部訂正を軽く認めただけで、謝罪がウヤムヤになったのが現実だ。社会の木鐸として人に謝罪を求める前にまず己の襟を正すべきだろう。

     そして「安倍叩き」についても、8月26日の産經新聞「産経抄」で「いま、(朝日新聞)社内は安倍(晋三首相)を叩(たた)くためなら、どんなことでもするという空気になっている」と新聞業界の不都合な真実をバラされたのが大きかった。TBSやテレビ朝日同様、しつこくモリカケ問題を特集する怪しさに、ネット利用者はすでに勘づいている。

    (以下略)

    dailynewsonline/2017.11.23 11:55
    http://dailynewsonline.jp/article/1378733/

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 77◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509427909/


    【【ネット世論】 朝日新聞がバッシングへの抗議開始も「まず慰安婦捏造を謝罪しろ」の大合唱 [H29/11/24]】の続きを読む

    このページのトップヘ