真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    謝意



    【ニューデリー=岩田智雄】安倍晋三首相は今月13~15日にインドを訪問する。これを前に、インドと中国が両国とブータン3カ国の国境付近で対峙(たいじ)した問題で、インド政府が日本政府に、インドの立場を支持したことへの謝意を伝えていたことが8日までに分かった。日印は、中国をにらんだ自衛隊とインド軍の共同訓練の拡大でも正式に合意している。モディ印首相との首脳会談で、安全保障での協力が加速しそうだ。

    http://www.sankei.com/world/news/170909/wor1709090009-n1.html

    images

     対峙問題は、中国人民解放軍がインドに隣接する中国とブータンの紛争地で道路建設を始めたことで発生した。インドは「深刻な安全保障上の影響を伴う重大な現状変更だ」として派兵し、中印軍が紛争地内で8月下旬までの約2カ月半、にらみ合いになった。この対立について、平松賢司駐インド大使は、メディアの取材に、「関係国が力を背景とした一方的な現状変更を行わず、紛争を平和的に解決することが重要だ」との見解を示していた。
    t_v1f0v4veb62tqs8dpcrb

     印政府筋によると、この考えは印政府にも伝えられており、今月3日に日印防衛相会談のために訪日した印政府関係者が日本側に「平松大使がインドに公然と無条件の支持をしてくれたことに、感謝の念を伝えた」と明らかにした。

    hiramatsu_2

     日本側の当局者は、特定の国を支持したものかどうかは明確にしていないとしている。



    1: KSM WORLD NEWS 2017/02/08(水) 21:44:25.97 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    111


    訪日したマティス米国務長官は安倍晋三首相、稲田朋美防衛相と会談し、尖閣諸島が米国の日本防衛義務を定めた日米安保条約第5条の適用範囲となることを明言した。
    尖閣諸島を行政区域に抱える石垣市民としては心強く、評価できる


    ◆ただ今後も米国で政権交代があるたび、尖閣に日米安保が適用されるかどうか一喜一憂を続けなくてはならないのだろうか。 複雑な気持ちになる

    ◆こんな不安定な状況が続いている原因は、尖閣が日本の領土であることを、米国がしっかり認めていないためだ。そのため時の政権の意向によって、尖閣が日米安保の適用外とみなされる可能性がある

    ◆中国からすれば「米国の保証を取り付けなければ、小さな島一つ守ることができない日本」と見えるだろうし、現在の公船侵入のように、軍事手段によらない挑発行為はさらに激化する可能性がある。「米国頼み」ではない安全保障の再構築が求められるゆえんだ

    ◆ところで訪米した翁長知事は、辺野古移設で合意した日米会談を「県民に失礼だ」と批判する一方、尖閣に日米安保が適用されることに一言の謝意もなかった。 尖閣が沖縄の行政区域であるという意識はあるのか。 八重山住民としては、これでは知事の「辺野古反対」にそのまま賛同はできない。

    https://www.yaeyama-nippo.com/2017/02/07/%E8%A8%AA%E6%A5%E3%97%E3%9F%E3%9E%E3%86%E3%A3%E3%B9%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E5%8B%E9%B7%E5%AE%E3%AF/

    【八重山日報「翁長知事、尖閣の安保適用に一言の謝意もなし。尖閣が沖縄県だという意識はあるのか?」】の続きを読む

    このページのトップヘ