真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    観光客

    mr_aoyama

    青山繁晴「中国は沖縄本島まで欲しいと言っている。そして翁長知事は中国に最敬礼し大量の観光客を入れ沖縄経済を自立出来ないよう依存させてる」 前沖縄県知事の仲井眞氏からも「活動家と化した」と言われる翁長知事。 今年の沖縄知事選挙で沖縄の皆さんの判断に期待します

    https://ameblo.jp/ishinsya/

    o1700233814083911325

    鈴木信行が言った事は、「梅毒感染者が日本の100倍以上いる支那からの観光客が、この10年間で6倍に増えたら、日本の梅毒感染者が同様に倍増した」という事実につきる。

     

    「梅毒流行は中国人観光客の“夜の爆買い”が原因?」と題して
    http://biz-journal.jp/2017/03/post_18252_2.html
    こちらで泌尿器科専門医の尾上泰彦先生も支那の梅毒感染者が日本の「約160倍」いると指摘しているし、風俗で働く女性と支那人観光客増加との関係も語っている。

     

    泌尿器科専門医 ドクター尾上の医療ブログ
    http://www.dr-onoe.com/cat12/
    こちらは更に詳細に梅毒増加と支那人観光客の増加の因果関係を指摘しておられる。

     

    若い女性に梅毒が流行中! 患者が増えた二つの理由
    https://www.buzzfeed.com/jp/yoshitomokobori/baidokuoutbreak
    こちらでは支那の梅毒患者数は日本の300倍とも指摘しているし、来日支那人観光客の増加との因果関係が感染症の学会でもしばしば議論されているという。

     

    日本政府観光局では来日外国人の国籍別毎年の来日人数と増加率をデータとして公表している。
    https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

     

    厚生労働省も性感染症報告数として年次推移データを公表している。
    http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/04/tp0411-1.html

    見比べてもらえると比例しているのがお分かりいただけるだろう。特に東日本大震災と原発事故が発生した平成23年には来日支那人の数が減少すると、それまで増加の一途だった梅毒の増加率が翌年には横ばいになっている点も見逃せない。

     

    こちらのブログ「性病外来の中の人です。」では、わかりやすいグラフまで出して因果関係を説明されている。
    https://ameblo.jp/timsun/entry-12308516516.html

     

    o0800053114083911299


    他にも支那人観光客増加と梅毒増加を指摘する記事や、風俗店関係者に取材した記事などいくつもある。


    ところが東京新聞は「梅毒の感染者数と中国人の間に因果関係はない」と言い切って鈴木を「差別だ、ヘイトだ」と言うのだ。他に批判して来る者も「差別だ、ヘイトだ、レイシストだ」と、なんとかの一つ覚えのような事ばっかりで話にならない。

    o0387055214044783082


     <中略>

    あれっ?
    因みに東京新聞は今年の8月8日に下記報道し、外国人からの感染の疑いを報じている。広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201708/CK2017080802000162.html


    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/28(月) 10:58:35.47 _USER9
    外国人観光客の増加でレンタカー事故が急増 沖縄では1万件 国が対策へ着手
    2017年08月28日 07時30分
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21631.html

    http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/1/6/21631/traffic.pngno title

    訪日外国人の急増で、レンタカー利用の事故も増えている(国交省)

     日本を訪れる外国人観光客の急増に伴って、レンタカーで国内を旅行する利用者も1年間で70万人を突破したことが明らかになった。
    その一方で、ドライブ中の事故件数も悪化の一途をたどっており、なかでも沖縄県では物損事故が3年間で3倍に増えた。
    国土交通省はこの秋から訪日外国人ドライバーを対象にした事故対策に乗り出す方針を決めた。

     国交省によると国内旅行の際にレンタカーを利用した外国人観光客は、2011年の約17万9000人から右肩上がりに増えて、2015年は4倍近い約70万5000人に達した。

     レンタカーによる死傷事故は、日本人を含めた利用者全体で見ると減っているにも関わらず、訪日外国人が原因の事故は過去3年間で2倍以上に急増。
    このうち、訪日外国人が多い沖縄では、物損も含めると事故件数は昨年だけで9648 件に上り、過去3年間で約3倍に増えた。(沖縄県レンタカー協会調べ)

     日本政府観光局(JNTO)によると、日本での運転は、▽道路事情や▽カーナビの利便性、▽国産車のブランド力の高さ、▽サービスエリアやパーキングエリア、道の駅の充実などが後押しして、アジアから家族で買い物旅行にやってくる観光客のニーズに合致しているという。

     韓国・台湾・香港などアジアから来訪する観光客にとって人気の訪問先は、北海道、東京近郊、沖縄、九州の順に高いが、一方で、海外の旅行会社からは、
    「高速道路の出口と路線を知らせる標識や案内板がわかりにくい」とか「外国語の表記を増やして欲しい」などの要望が多く寄せられているという。

     2020年の東京五輪パラリンピック大会に向けて、これからますます訪日外国人の増加が見込まれるなか、
    国交省はこの秋から、訪日外国人のレンタカー利用が多い北海道や九州、沖縄などの地域で、外国人が事故を起こしやすい危険箇所の特定を実施する。

     具体的には、レンタカー会社や警察署、観光協会などと連携して、ETC2.0やドライブレコーダーを搭載したレンタカーを借りた外国人が、どこのエリアで急ブレーキを踏んだかデータを集約し、
    外国語に対応した標識や看板などを設置することで、日本の交通規則や道路標識への理解を促進していくという。

    http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/1/6/21631/rentacar.pngno title

    増えるレンタカー利用(国交省)

    http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/1/6/21631/rent.pngno title

    一方で事故も増えている(上:交通事故総合分析センター、下:沖縄県レンタカー協会調べ)

    【【訪日】外国人観光客の増加でレンタカー事故が急増 沖縄では昨年約1万件 国が対策へ着手】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/25(金) 10:48:08.70 _USER
    bd83ccb1022f4f94b5b3d4d48367ad4b

    中国メディア・今日頭条は23日、「韓国が泣きそうだ 7月の中国人観光客が激減、日本の観光客も来ない」とする記事を掲載した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任で改善が期待された中韓関係だが、実際の状況は良い方向には向かっていないようだ。

    記事は、韓国観光発展局が22日に発表した最新のデータで、7月に韓国を訪れた外国人観光客がのべ100万8671人と前年同期比で40.8%減少したことを紹介。

    とくに高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備によって大きな打撃を受けている中国人観光客の状況は特に厳しく、前年同期比69.3%減ののべ28万1263万人に留まったとした。

    韓国の観光業界は中国人観光客の激減によるダメージを和らげるべく日本や東南アジアの観光客の掘り起こしに力を注いでいるが、日本人観光客も7月は同8.4%減の17万634人となった。

    さらに、フィリピン、マレーシア、タイといった東南アジア諸国の観光客数も軒並み減少し、唯一ベトナムからの観光客が増加した。記事はその背景に朝鮮半島情勢の緊迫化があるとし、欧米地域からの観光客も減少したと伝えている。

    一方、韓国人の出国者数は238万9447人と同14.5%増加しており、韓国人の国外旅行熱は続いているようだ。

    記事は、中国人観光客をはじめとする外国人観光客の大幅な減少により、韓国の旅行業界は苦境に立たされているとし、韓国のLCC(格安航空会社)が続々と中国の各都市との往復便の就航を中止していると伝えた。

    その例として、イースター航空が20日に開通予定だった清州空港と瀋陽、上海、大連、ハルピン、寧波などの都市を結ぶ航空路線計画を中止したことを挙げている。

    また、済州空港にある免税店は売り上げが激減してテナント代と人件費が支払えない状況となり、経営権を返上したこと、旅行会社も軒並み人員削減が行われており、これ以上状況の改善が見られなければ倒産が相次ぐ可能性があることを伝えている。(編集担当:今関忠馬)

    http://news.searchina.net/id/1642617?page=1

    http://image.searchina.net/nwscn/6/1/7/1642617.jpgno title

    (イメージ写真提供:123RF)

    【【今日頭条】韓国は泣きっ面に蜂・・・中国人観光客が減った上に、日本人まで来ない[8/25] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/07(月) 14:05:47.85 BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典
    l

    独議事堂前でナチス式敬礼、中国人観光客2人を逮捕 国際ニュース:AFPBB News

    【8月7日 AFP】ドイツの首都ベルリン(Berlin)にある連邦議会議事堂(Reichstag)前で、中国人観光客 2人がナチス・ドイツ(Nazi)式の敬礼をして写真撮影を行ったとして逮捕されていたことが分かった。警 察当局が6日、明らかにした。

     この観光客らは5日、歴史的な連邦議会議事堂の建物前で、同国で禁止されているポーズを取りなが らスマートフォンで互いに撮影し合っていたところを巡回中の警察官らに発見された。

     警察の報道官はAFPに、「36歳と49歳の中国人男性2人に対し、違法組織のシンボルを使用した容疑 で捜査を開始した」と明かした。

     2人は地元の警察署で取り調べを受け、保釈金500ユーロ(約6万5000円)をそれぞれ支払った後に保 釈された。

     違法組織のシンボルの使用については、極右グループのメンバーが告発されることが多く、最長3年の 禁錮刑もしくは罰金刑が科される可能性がある。

     連邦議会議事堂にはドイツ帝国やナチス・ドイツの議会が置かれていたが、1933年に不審火が発生。 この火災をきっかけに、アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)はドイツ全土に権力基盤を固めた。1990年の ドイツ再統一後、議事堂の改装を任された英国人建築家が開かれた民主主義の象徴としてガラスのドームを増築。1999年以降は連邦議会(下院)が置かれている。(c)AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3138375

    【独議事堂前でナチス式敬礼、中国人観光客2人を逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ