真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    表現の自由

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/11(火)05:38:06 ID:???

    衆議院議員 長尾たかし?認証済みアカウント @takashinagao

    これは表現の自由ではなく、犯罪予告です。

    八尾市青山通りの支援企業フェンス。たった今、地元からの写メ。警察に届け出中と報告あり。

    表現の自由の下、アベ云々を叫ぶ方々の中には、市民を隠れ蓑に「暗殺」を意識する人がいるという事実です。

    絶対に捕まえてやる

    http://i.imgur.com/upfizyA.jpgno title

    午前9:49 ・ 2017年7月10日
    3,575件のリツイート
    1,884件のいいね
    https://mobile.twitter.com/takashinagao/status/884212918396387328

    【【衆議院議員twitter】 長尾たかし「表現の自由の下、アベ云々を叫ぶ方々の中には、市民を隠れ蓑に【(安倍総理)暗殺】を意識する人がいるという事実です。絶対に捕まえてやる」】の続きを読む


    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/19(月) 08:03:29.10 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    6059
    「あなたが言うのは全部うそだ」と断定され、驚いた。
    国連欧州本部で開かれた沖縄シンポジウムで、表現の自由の危機を報告した時のこと。
    本土の市民団体の男性から質問をもらった

    ▼男性は「普天間飛行場ができた時には誰も住んでいなかった。基地の金を目当てに人が集まった」というインターネット上のデマを持ち出した。
    戦前そこに8千人以上が住んでいたこと、戦後米軍が住民を収容し、その間に基地を造ったことを伝えた

    ▼答えながら「自由の音」論を思い出した。米軍は航空機騒音を「自由を守るためだから仕方がない」と正当化してきた。
    同じ理屈が基地の沖縄集中を続けるために使われている

    ▼航空機の墜落、水源や土地の汚染、凶悪事件も全て「自由を守るためだから仕方がない」「中国に侵略されるよりはまし」。
    デマも「自由のためのデマ」になるのだろうか

    ▼相手が米軍でも中国軍でも、命と尊厳が脅かされることは拒否したい。
    自由のために被害を甘受するという考えはかなり特殊だと思うが、沖縄で言うなら同じ危険に身をさらす者同士、話し合う余地がある

    ▼これに対し、本土という安全地帯からの発言は単純に卑怯(ひきょう)だ。
    沖縄に基地を押し付け、しかも罪悪感を感じない。デマがそれを可能にしている。
    公平な議論の前提として、一つ一つ反論していく。(阿部岳)

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103433

    93ac3454-s

    阿部 岳(あべ たかし)
    沖縄タイムス社北部報道部長

    1974年東京都生まれ。上智大学外国語学部卒。97年沖縄タイムス社入社、政経部県政担当、社会部基地担当、フリーキャップなどを経て現職。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/70787

    関連スレ
    【祝】 山城博治率いる沖縄パヨク、弾圧を国連で訴え → 逆に全世界に山城らの暴力と嘘が広まる結果に [無断転載禁止]
    https://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1497677246/

    【沖タイが発狂「国連で表現の自由の危機を報告したら嘘つき呼ばわりされました。安全地帯からの発言は卑怯」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/08(水) 10:41:08.76 ● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    米軍基地建設への反対運動で、公務執行妨害や威力業務妨害などで逮捕・起訴され、4カ月以上勾留されている沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)ら3人の公判前整理手続きが6日、那覇地裁(潮海二郎裁判長)であった。山城議長の弁護側は手続き後、器物損壊罪について認める一方で、公務執行妨害、傷害、威力業務妨害罪については争う方針を示した。

    三宅俊司弁護士は、昨年8月に北部訓練場付近で、山城議長がフェンスを設置していた防衛局職員を転倒させたとして傷害と公務執行妨害罪に問われていることについて「国の高江の工事は違法で『公務』ではない」と反論。「加療約2週間とされる傷害結果も生まれていない」と指摘した。

    同年1月に名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前にコンクリートブロックを積み上げたとされる威力業務妨害罪については、「新基地建設に反対する表現の自由の一貫だ」と主張。罪に当たる行為はしていないとした。

    潮海裁判長は17日の初公判で、3人の罪状認否や冒頭陳述までを行うと決定。その後、山城議長と宜野座村の男性(66)が問われている威力業務妨害罪の審理を先に進める方針を固めた。 第2回公判は27日、第3回は4月17日に開かれる。

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/87305
    http://pbs.twimg.com/media/CZxRfQQWQAAfg2G.jpgno title

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4f/0a/4f0262e88bcf7266d36ddf43e29152e8.jpgno title

    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/29/26/2592d787c7856c3b4c6aa790a30d5bf3.jpgno title

    http://www.nuchigusui-kikou.com/wp-content/uploads/2016/01/DVC000191-e1454129759917.jpgno title

    http://blog-imgs-88.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/20160131150900pop@o.jpgno title

    【プロ土人リーダーの弁護士「工事は違法だから公妨じゃない!ブロック積み上げは表現の自由」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/02/01(水)12:38:44 ID:???
    「表現の自由」より「プライバシー」優越の場合は削除可能 グーグル検索削除で最高裁が初判断

    yu_google1

     過去に逮捕歴のある男性が、インターネット検索サイト「グーグル」の検索結果から自身の逮捕に関する記事を削除するよう、米グーグルに求めた仮処分申し立ての許可抗告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は「検索事業者の表現の自由と比較して、プライバシーが優越することが
    明らかな場合には、検索結果の削除を求めることができる」との初判断を示した。その上で、削除を認めなかった東京高裁決定を支持した。


     5裁判官全員一致の結論。決定は1月31日付。男性の申し立てを認めたさいたま地裁決定は国内で初めて「忘れられる権利」を認定したが、同小法廷は言及しなかった。

     また、同小法廷は同日付で、検索結果削除を求めた4件の訴訟について原告側の上告を退ける決定をした。いずれも削除を認めない判断が確定した。

    続き 産経ニュース 全2ページ
    http://www.sankei.com/affairs/news/170201/afr1702010020-n1.html

    【【裁判】「表現の自由」より「プライバシー」優越の場合は削除可能 グーグル検索削除で最高裁が初判断[H29/2/1]】の続きを読む

    10009624830368976119




    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/16(金)09:30:08
    ◆フェイスブックが虚偽ニュース対策を強化 「表現の自由」とのジレンマも
    [産経ニュース 2016.12.16 08:45]


    【ワシントン=小雲規生】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は15日、
    同社のサービス画面に虚偽のニュースや情報が表示されにくくする仕組みを
    立ち上げると発表した。利用者からの報告と専門機関の分析を組み合わせて虚偽か
    否かの判断に生かすほか、投稿に対する利用者の対応なども考慮し、悪質性が極めて
    高い虚偽情報の拡散を抑え込む。ただ、「表現の自由」との間でのジレンマも
    抱えている。

     新しい仕組みでは、利用者が疑わしい内容の投稿を見つけた場合、簡単に
    FBに報告することができる。FBはAP通信など第三者に内容の事実確認を求め、
    虚偽と判定されれば、その投稿には「審議中」との付記がつき、サービス画面に
    表示されにくくなる。

     FBは、数多く閲覧されているにも関わらず、あまり共有されない投稿は読者を
    誤解させる内容である傾向が強いと分析。共有の度合いが極端に低い投稿は話題の
    ニュースのランキングに上がりにくくする。信用度の高いウェブサイトに
    なりすましているサイトへの監視も強化する。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/world/news/161216/wor1612160017-n1.html

    【【KSM】フェイスブックが虚偽ニュース対策を強化 「表現の自由」とのジレンマも[H28/12/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ