真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    若者

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/17(月) 09:55:30.13 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    総務省が東大大学院などと調べたテレビやネットの利用状況によると、2016年の平日1日あたりのテレビの視聴時間は、 前年比3・6%減の168・0分だった。ネット利用時間は同10・3%増の99・8分で、4年連続で増えた。年代が低いほどテレビの視聴が短く、 ネットが長い。10~20代はネットがテレビを上回った。

    ネット利用の内訳で最も長かったのは「メール」で、全世代平均で30・1分。ツイッターやフェイスブックなど 「ソーシャルメディア」は25・0分、「ブログやウェブサイト」は21・2分。10~20代ではソーシャルメディアが約60分で最長だった。

    休日はテレビも健闘している。視聴時間は225・1分で前年より2・6%減ったが、比較可能な13年(225・4分)以降はほぼ変わらない。 ネットは3年連続増の120・7分。

    13~69歳の男女1500人に12年から年1回聞き、昨年の調査期間は11月26日~12月2日。

    https://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/ASK7G4FT8K7GULFA010.html
    https://img.news.goo.ne.jp/picture/asahi/m_ASK7G4FT8K7GULFA010.jpgno title

    【若者のテレビ離れが深刻 10代と20代、TVよりネットが逆転 ネットの時間の方が長くなる 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2016/10/09(日) 23:33:18.46 _USER
     慰安婦問題を巡る昨年末の日韓合意以降、朴槿恵政権は公式の場での「反日」を封じ、今年1月の国民向け年頭談話や、日本からの独立記念日である8月の「光復節」でも歴史認識問題や慰安婦問題に触れることはなかった。朴政権の反日がトーンダウンしたことで、韓国国民は不満の捌け口を失い、その矛先が在日コリアンに向かっている。ネットでは日本批判にかわって、在日を厳しく糾弾する書き込みが目立ち始めた

     そして韓国の不況が、さらに不満のマグマを膨らます結果になっている。韓国統計庁の2016年2月調査によると、韓国の若年失業率は12.5%。首都・ソウルでは3割の若者が失業中というデータもある。学費ローンの返済に窮し、多重債務に陥る若者も増加する一方だ

     たとえ就職できても、人並みの生活が保障されるとは限らない。低賃金、劣悪な労働条件に将来の希望を見出せず、早々に結婚を諦める若者もいるという。そんな彼らからすれば、在日は”特権”を持っていると映る。働き盛りの韓国人男性の間では、在日の兵役免除も不満の種となってきた

    「2012年に兵役法が改正されるまで、在日韓国人男性のほとんどが『在外国民2世制度(*)』によって実質的に兵役を免除されていました。韓国での滞在期間や就業にも制限がないから、韓国と日本を往来して大金を稼いでいた者も多い

    私たちが在日を韓国人と認めないのは、彼らがまったく祖国に貢献せず、与えられた“特権”に胡坐をかいているからです」(30代・韓国人男性)

    以下ソース
    http://www.excite.co.jp/News/world_g/20161009/Postseven_454829.html

    ■ 前スレ (★1が立った日時 2016/10/09(日) 16:57:46.50)
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1476016366/


    【【韓国】不況に苦しむ韓国の若者に在日は「特権」を持っていると映る】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2016/10/22(土) 12:59:41.53 _USER
     大阪から派遣された20代の機動隊員が、米軍ヘリパッド建設に抗議する市民に言い放った「土人」。
    その言葉に込められた侮辱的なまなざしを肌感覚で知る中高年世代の憤りが募る一方、
    沖縄の20代は「土人」発言をどう感じたのか。率直な思いを聞いた。(社会部・嘉良謙太朗、政経部・比嘉桃乃)

     「『土人』って何ですか?  宇宙人?」。初めて耳にする言葉に、沖縄大4年の学生(21)は不思議そうな表情を浮かべた。
    「自分が言われたらいい気分はしないかな」と続ける。

     「『土人』がどういう意味か、分からない」。宜野湾市の男性(23)も首をかしげた。ただ、ニュース番組で
    機動隊員の発言する映像を見て、何となく「沖縄をばかにしている」とは感じた。日常生活で沖縄への
    差別を感じた経験はない。だが「これが本土の人の本音なのかな」とも思ったという。

     インターネット上では数年前から「米軍基地で収入を得ながら、お金ほしさに基地に反対する沖縄の人」を指して、
    「沖縄土人」との言葉が飛び交い始めたとみられる。基地を原発に置き換え、「福島土人」との言葉も氾濫している。

     21日、偶然フェイスブックで動画を見たという県出身で埼玉県在住の女性(22)は、すぐに「土人」の
    意味をグーグルで検索した。日ごろ沖縄出身だと明かすと周囲からうらやましがられることもあるだけに
    「沖縄への差別意識が垣間見えてショック」とつぶやく。

     高江に足を運んだ友人から、抗議している大半が沖縄県民だと聞いた。だが「お金をもらったり、
    中国から来た『プロ市民』だと誤って認識している人が、本土には多い」と語る。

     一方、沖縄のアイデンティティーに誇りを持ち、世界若者ウチナーンチュ大会に参加した県系人の目にはどう映るのか。

     普段から沖縄のニュースを頻繁にチェックしているボリビア3世の女性(23)は「戦前から沖縄に対する
    差別はずっとある気がする」と悲しげ。米国2世の若者(27)も「機動隊員は、反対する沖縄の人々が
    何を守ろうとしているのか分からないのだろう。アメリカは基地を国外に出すべきじゃない」と憤った。

    沖縄タイムス 10月22日(土)11時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00067707-okinawat-oki

    KSM:はいはい、沖縄タイムスは極左捏造新聞ですので絶対に信用しないでください。

    自ら偏向報道を認めています。


     
    【【KSM】沖縄「本土の人の多くは基地反対派を中国から来た『プロ市民』であると誤った認識をしている」 土人騒動に若者たちの反応】の続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2016/10/02(日) 15:07:38.015

    朝日新聞「若者の左翼離れはなぜなのか」 

    (耕論)若者の与党びいき 平野浩さん、安永彩華さん、山田昌弘さん 

     1960年代や70年代、若者といえば、現状に飽きたらず、野党を応援するイメージが強かった。 ところが最近は、どの世代よりも与党びいきの傾向が強まっている。何が起こっているのか。 

     ■記憶あるのは自民ばかり

    (以下ソースにて)

    099c407d


    写真・図版  若者の与党支持が強まっている<グラフィック・上村伸也> 

    2016年9月30日05時00分 
    http://www.asahi.com/articles/DA3S12584121.html?iref=comtop_favorite_02 


    【【KSM】朝日新聞「若者の左翼離れはなぜなのか」パヨクには未来はないの?朝日も赤旗も購読者激減】の続きを読む

    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 05:53:08.10 ID:CAP_USER
    http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201609/20160909-05259593.jpgno title

    写真は韓国のサラリーマン。

    2016年9月8日、韓国・世界日報によると、仕事を求めて海外に行く若者、いわゆる「Job Nomad(職業放浪者)」が増えている。

    韓国では近年、若者の失業率が10%に達するなど、大学を出てもそれに見合った働き口に就けない現実から海外での就職を目指す若者が増えており、就職難という理由以外にも、国内で働いてから海外で再就職をするケースも多くなってきている。
    実際に、雇用労働部が支援した研修、あっせん、インターンプログラムなどを通じて海外で就職した若者の数は、2013年は1607人、2014年は1679人、2015年は2903人と増加しており、
    就職先の国別では、日本が1267人(20.5%)、米国が853人(13.8%)、シンガポールが729人(11.8%)、豪州が557人(9%)だったという。

    シンガポールでの就職を準備しているハンさん(27)は、海外就職を目指したきっかけについて「就職に成功しても、トップダウン式の企業文化や夜勤の多さに苦しむ先輩たちを多く見てきた」ことを挙げ、
    「就職がすべてなのではなく、就職後の人生を考えると、海外で仕事を探すことも代案の一つになるのではないかと思った」と述べている。
    雇用労働部が海外就職中の356人を対象に行ったアンケート調査によると、海外就職に「満足している」または「とても満足している」と答えた人は68.8%に達し、「満足していない」または「全く満足していない」と答えた人は4.8%にとどまった。
    「満足」の理由としては「勤務環境(58.7%)」がもっとも高く、次いで「外国語能力の向上(47.5%)」「グローバル業務の経験(39.9%)」「実力に伴う補償(21.6%)」「賃金および福祉(19.4%)」などが多かった。

    韓国政府も海外就職支援に力を注いでおり、年度別の海外就職の予算はここ5年間で2倍以上増加。現在年間5000人程の海外就職者を1万人に増やす方針だという。

    これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「韓国は、契約社員を選ぶのにも大企業に劣らないスペック重視」
    「政治家たちもこの現状をしっかり把握してほしい」

    「正直、韓国を出られるなら出た方がいいと思う。こんな国でどうやって暮していけばいいの?」
    「自分も能力さえあれば海外に行きたい」

    「日本に来て10カ月、給料は韓国とそんなに変わらないけど、人として扱ってくれるし、仕事も任せてくれる。韓国から出るのが正解」
    「皿洗い、魚の内臓取り、配管の修理工、溶接工…。それでも韓国にいるよりは暮らしやすい」

    「若者が韓国を『ヘル朝鮮』と呼ぶのは、単に就職率のせいじゃない。むしろ企業文化が大きな原因」
    「海外就職以外にも、どうして公務員を希望する人増えているか知ってる?中小企業は仕事はやってもやっても終わらないし、残業代は出ない。上の人は『自分たちもそうだった』と言うのではなく、後輩世代には少しは良い環境を整えていくべきなのでは?」

    「一度外国に住んだら韓国に帰ってこないという。『年取ったら故郷に帰ろうかな』程度」
    「前に朴大統領は、若者の雇用問題について、海外進出を促す政策を『韓国から若者がいなくなるくらい試してほしい』と話してた。
    その通りになってるみたいだけど、一度韓国を出たら二度と帰ってこないんじゃない?国を支える最も丈夫な根っこがなくなってしまう」(翻訳・編集/松村)

    http://www.recordchina.co.jp/a149966.html

    【【KSM】韓国、海外での就職を目指す韓国の若者が増加=韓国ネット「自分も能力さえあれば海外に行きたい」「日本に来て10カ月だけど…」】の続きを読む

    このページのトップヘ