真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    若者

    114_l


    石平「志ある若者が将来を夢見て獣医学部を受験するのは何も悪くないのに毎日新聞が『これでいいのか』と言う神経が信じられない。総理を攻撃する為に受験生まで攻撃した。『傷つける意図はない』なら最初からしない。『誤解を招いた』は受験生が馬鹿だから誤解したという侮辱。投稿した記者は屑!」

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/26(日) 12:33:47.71 _USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/13941574/

    http://www.garbagenews.com/img17/gn-20171120-21.gifno title

    http://www.garbagenews.com/img17/gn-20171120-22.gifno title

    http://www.garbagenews.com/img17/gn-20171120-23.gifno title


    大人の娯楽として認知度の高いパチンコだが、昨今では騒音や周辺環境に与える影響、ギャンブル性、射幸心をあおりやすいなどの指摘を受け、厳しい立場にある。震災時にも自動販売機と共に節電の矢面に立たされたのを覚えている人も少なくあるまい。パチンコの利用者は昔と今でどのような違いが生じているのだろうか。総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査などの結果を基に、その実情を確認する(【平成28年社会生活基本調査】)。

    若者のパチンコ離れは確実に

    今調査の調査要綱は先行記事【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる】を参照のこと。

    まず最初に示すのはデータが取得可能な1986年以降のパチンコの行動者率(調査日において過去1年間に1日でもパチンコを利用した人の割合)と行動者数。1986年から1991年は15歳以上が、1996年以降は10歳以上が対象となっているため、厳密には双方に連続性は無い。

    さらに1986年と1991年分は総数の行動率における計上がされていない(対象年齢が異なるためだろう)。1996年分以降は一部で10-14歳の値も確認できるが、風営法上入店はできないはずであることから、何らかの誤回答の可能性も否定できないため、今件では考察から外している(総計人数でも除いている)。

    (略)

    明らかに男女とも、パチンコの行動者率は減少の一途をたどっている。1996年当時は男性で3割近く、女性でも1割近くがパチンコに年1日以上足を運んでいたが、直近の2016年では男性は14.0%と約半分、女性に至っては3.2%とほぼ1/3にまで減っている。

    行動者数では1991年がピークで、男性は1759万人、女性は558万人。しかしそれ以降は確実に減少し、ピーク時と比べて直近の2016年では男性が4割強、女性は1/3強にまで減ってしまっているのが実情である。

    これを年齢階層別に見たのが次のグラフ。年齢階層の仕切り分けを古い調査にあわせてあるので、昨今の調査よりは粗いものとなっている。

    (略)

    まず行動者率だが、男女共に若者のパチンコ離れが顕著な形で表れている。特に女性において著しい。一方で高齢層では逆に行動率が上昇しているのが確認できる。パチンコの高齢化状態がよく分かる。

    行動者数の動向でも同じ状況が確認できる。特に30代までの急落が継続状態になっていること、40代と50代も2006年までは大きく減少していたことが一目瞭然。他方、60代以降はむしろ逆に増加しているのが興味深い。

    ただし50代までの減少分と60代以降の増加分では、前者の方がはるかに多いことから、全体としてはパチンコ人口は減少している次第ではある。また60代前半も(女性は特に)漸減の傾向にあることから、今後はパチンコ人口がさらに減ることは容易に想像できる。

    ハードパチンカーも減少中

    最後にパチンコの利用頻度で一番高頻度の「年200日(週4日)以上」に該当する人(今記事ではハードパチンカーと命名)の具体的人数を、総数と年齢階層別に算出したのが次のグラフ。1986年と1996年の調査では頻度の結果が非公開のため、グラフにも反映されていない。

    (略)

    まず総数だが、男性は大よそ減少傾向、ところが女性は増加傾向にあった。直近の2016年では大きく減っているのが幸い。

    これを年齢階層別に見ると、男性は単純なパチンコ利用者同様に現役世代が減少し、60代以降が増加する動きを示している。ところが女性の場合、60代以降の増加傾向と60代前半の微妙な動きは単純なパチンコ利用者の動きと同じだが、現役世代の動向は法則性が見出しにくい状態となっている。あえて言えば20代までは減少傾向にあると読めるぐらいか。

    元々人数が少ないため統計上のぶれが生じている可能性はあるが、そして人数の上では男性と比べてはるかに少ない値だが、女性のハードパチンカーの動向には今後注意を払う必要があるに違いない。

    【【経済】若者のパチンコ離れは確実に ハードパチンカーも減少中 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/04(土) 13:55:59.07 _USER9
    kakegakuen

    模擬選挙の普及に取り組む教員らでつくる「模擬選挙推進ネットワーク」が、全国の学校で有権者を含む子どもたちが行った衆院選の模擬選挙の結果を発表した。比例代表の得票を集計するとトップは自民党。2位は希望の党だった。


     同ネットには10月30日夕までに高校19校を含む小学校~大学計30校の6213人の投票結果が寄せられた。このうち比例区の有効票を集計し、全国11ブロックの比例区の得票数を合算した実際の衆院選の結果と比べた。

     その結果、トップは実際の選挙と同じ自民党で、得票率は36・3%(実際の選挙では33・3%)だった。2位は希望の党で得票率19・3%(同17・3%)、3位は立憲民主党で得票率11・7%(同19・9%)と、実際の選挙と2、3位が逆になった。

    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171101000792_commL.jpgno title

    http://www.asahi.com/articles/ASKB04FCMKB0UTIL023.html

    【【若者の選択】模擬選挙、比例得票トップは自民36.3% 2位は希望19.3% 以下略 小中高大30校参加 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/16(月)10:35:23 ID:???
    DCAgAffVYAIKQKs-450x253

    混迷を極めている今回の衆院選だが、それでも自民党は安定多数の244議席を上回る見込みだという。10月12日、日本経済新聞が報じた。朝日新聞が10月10~11日に行った調査でも、無党派層のうちの32%が同党に投票すると回答している。


    森友学園や加計学園問題で揺れ、一時は内閣支持率が「危険水域」と言われる3割を下回っていたものの、大幅な議席減とはならないようだ。とりわけ、若者の間では、自民党の支持率が高いという。

    ○20代女性「森友・加計問題は、メディアがはやし立てすぎているだけ」
    毎日新聞の調査によると、同党の支持率は30~60代では2割台に留まっているが、20代以下では4割弱にも上る。内閣支持率も、70歳以上や40代では4割台、他の世代では3割台だが、20代以下では5割弱に上る。なぜ自民党を支持するのか。

    DB1g9xmU0AAWc_gttttyyttttttrrttttyyyyyyyy


    今回、自民党に投票するという都内人材会社に勤務する女性(26歳)は、「他に選択肢がない」と語る。「いつも自民党に投票しているわけではありませんが、今回は消去法で自民党に投票すると思います。安倍政権が『働き方』改革を進めて、生産性を向上させてくれることに期待しているからです。改憲にも賛成です」

    DCAze4HVoAEkCl6

    ○他の政党について聞くと、「希望の党は政策が不透明で投票できません。原発ゼロを打ち出しましたが、原発がそこまで重要な問題だとは思っていないんです。立憲民主党は、民進党時代から政権の批判ばかりで肝心の政策の中身が見えてきません」と批判的だ。

    c06b723a-s

    一時、加計学園や森友学園の問題で安倍政権が批判にさらされたこともあったが、「森友・加計は、それほど重要な問題でもないのに、メディアがはやし立てすぎだと思うんです。それよりもやはり政策の中身を見るべきです」と擁護した。

    41de6cee



    その一方で、自民党に反対する若者ももちろんいる。

    都内でユニオンの活動に携わる男性(28歳)は、「立憲民主党か共産党の野党共闘の候補に投票するつもり」だという。男性自身は「自民党はダメ」と考えており、同世代も「積極的に支持しているというわけではないのでは」と語る。

    maxresdefault (1)

    「20~30代は、バブルも経験していないし、物心ついてからずっと不景気だったという人が多い。好景気や労働条件が良かったことがないから、社会をより良く変えていけるというリアリティがないのかもしれません。支持しているというよりも、長く政権にいるため、なんとなく投票する人もいるのではないでしょうか」

    4673a051


    DB1g9xmU0AAWc_gttttyyttttttrrttttyyyy

    ○「民主党のブーメランまとめ」といったネット記事で自民支持に?

    若者の自民党支持の背景には、経済的な要因だけではなく、「ネットで野党やリベラルを批判するようなまとめ記事を読んでいる」ということもあるかもしれない。ITジャーナリストの井上トシユキさんは、次のように指摘した。「以前、学生と話した時、『民主党はブーメランがひどい』と話していました。つまり民主党は自民党を批判しておきがら、それと同じようなことを自分たちでもやっているというのです。

    201012040358551a2

    ネット上にある、"民主党のブーメランまとめ"といった記事が情報源になっているのではないでしょうか」ネットでは、例えば、自民党議員が年金を納めていなかったことを批判した民主党議員が、同じように年金を納めていなかったことなどが「ブーメラン」と呼ばれている。新聞や雑誌、テレビではほとんど見かけない類の批判だが、ネットではこうしたまとめ記事が散見される。野党を批判し、安倍政権を礼賛する保守系ブログも多い。

    minsintou-2


    (以下略)


    Yahoo!ニュース/2017年10月15日 12時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13750504/

    【【話題】若者はなぜ自民党を支持するのか「朝日新聞が10月10~11日に行った調査でも、無党派層のうちの32%が同党に投票すると回答している。」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/09(月) 10:23:44.66 ● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    155579f0-s

    <衆院選>若者層は保守的? 内閣・自民支持多く…世論調査



    毎日新聞が9月に2度実施した全国電話世論調査(9月2、3日と同26、27日)によると、全体として 20代以下(10代を含む)と30代は、40代以上の高齢層に比べて内閣支持率も自民党支持率も高い傾向を示した。

     最初の調査では20代以下の内閣支持率5割弱に対し、70歳以上や40代は4割台、他の
    世代は3割台どまりで、20代以下の高さが際立った。

    こうした傾向について、10代有権者の多くは「何も知らないままなら、有名な候補に」などと 政治的な知識不足を背景にあげた。福岡市の男子大学生(19)は「知らないし、わからないと 現状維持で問題ないと考えるからではないか」と話す。

    「関心のない人がとりあえず名前を知っているから入れている」「自分の主張がないから、支持者の 多い方に流される」などと同世代に厳しい指摘もあるが、「民主党政権はマニフェストも達成できず、インターネットの発達で失敗も隠せない」「安倍(晋三)首相はリオ五輪閉会式 のスーパーマリオの演出など見せ方もうまい」といった声も聞かれた。 

     世代間の違いを指摘する声も出た。北海道の男子大学生(19)は「自分たちは子供のころから雇用難。安倍政権で景気や雇用が改善し、わざわざ交代させる必要もないと考えているのでは」と話す。

    6: KSM WORLD NEWS 2017/10/09(月) 10:25:02.77
    >>1
    左翼支持してる団塊世代って自ら大学を破壊した世代なのに
    何で賢いと言えるわけ?

    27: KSM WORLD NEWS 2017/10/09(月) 10:27:42.04
    >>1
    こんな程度の馬鹿が新聞作ってんだから売れるわけねーよな

    2: KSM WORLD NEWS 2017/10/09(月) 10:24:24.63
    上から目線がムカつく

    【【これは酷いwww】 毎日新聞「若者はバカだから自民党に投票する傾向が強い」と国民を愚弄w 】の続きを読む

    このページのトップヘ