真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    自衛隊

    AS20170527001189_commL

    憲法9条の条文を考えながらも、先日お会いしたPKO部隊所属の自衛隊の青年の言葉が頭から離れませんでした。 「憲法に書かれようと書かれまいと自衛隊のやることは変わりません。粛々と日本と世界の平和の為に命懸けで仕事をするのみです。」(続く)
    【PKO部隊所属の自衛隊員「憲法に書かれようと書かれまいと自衛隊のやることは変わりません。」@miosugita】の続きを読む

    g4mG-C2t
    1UZVzixx
    【富川悠太アナ「自衛隊の除雪はわずか1.5キロ」 報道ステーションの福井大雪報道に批判殺到「どれだけ大変か…」「やってから言え」】の続きを読む

    1UZVzixx

    ・記録的な大雪となった北陸地方では7日午後も断続的に雪が降り続いた。陸上自衛隊などによると、石川、福井両県内の国道8号で身動きが取れない車は約800台に減少した。陸自は約900人態勢で除雪作業を継続、立ち往生の解消のめどは立っていない。

    2018.2.7 17:23
    http://www.sankei.com/photo/story/news/180207/sty1802070015-n1.html

    【【北陸大雪】陸自、900人態勢で除雪作業… → twitterユーザー「『自衛隊要らない』って言ってたやつ お前らが代わりに行ってこい!」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2018/01/26(金)03:04:08 ID:???
    afr1801250053-n2
    2018年01月25日 23時29分

     今回の噴火で死亡した陸上自衛隊第12旅団第12ヘリコプター隊の伊沢隆行陸曹長(49)(死亡後、3等陸尉に特別昇任)が、部下の隊員をかばい、噴石の直撃を受けていたことが25日、関係者への取材でわかった。

    WS000065

     一方、陸自と群馬県は同日、「遺族の了承を得られた」として伊沢さんの氏名を公表した。

     陸自や関係者によると、伊沢さんは23日午前9時50分頃、他の隊員7人と共に山頂から滑降を始めた。約10分後、スキー場北側の本白根山から轟音ごうおんが響き、噴石が降ってきた。すぐに隊員らはコース脇の雑木林に避難したが、林の中にも噴石が降り注ぎ、隊員らは次々と倒れていった。伊沢さんは、近くにいた部下を守るように覆いかぶさった。その背中を噴石が直撃したという。

    ca1b123def853c531931073950bb10be

     噴石がやんだ午前10時10分頃、隊員の一人が携帯電話で救助を要請。

    救助が到着するまでの間、伊沢さんのおかげで軽傷で済んだ部下らが、動けない隊員たちに声をかけ続け、伊沢さんは「肺が痛い」と話していたという。伊沢さんは麓に運ばれて救急車に乗せられたが、車内で心肺停止となり、午後0時半頃、搬送先の病院で死亡が確認された。

    (ここまで483文字 / 残り101文字)

    2018年01月25日 23時29分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
    (全文閲覧するには、会員登録が必要です)
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180125-OYT1T50087.html

    【【白根山噴火/自衛隊】 部下に覆いかぶさり背中に噴石直撃…死亡陸曹長 [H30/1/26]】の続きを読む

    BqAZfahO

    安倍総理「自衛隊は合憲と言う憲法学者は2割。違憲と主張する有力政党もある。自衛隊に『君達は違憲だが何かあれば命を張ってくれ』は無責任。そうした議論をなくすのが私達の責任。命を賭し任務遂行をする公務員の心に尊厳・勇気・誇りを与える必要がある。議論を深めることに期待してる」

    おまけ

    このページのトップヘ