真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    自衛隊

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/24(水) 06:42:30.62 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
     自衛隊の制服組トップの河野克俊統合幕僚長は23日、日本外国特派員協会で講演し、
    安倍晋三首相が自衛隊の存在を憲法に明記する改正に言及したことについて問われ、
    「憲法という非常に高度な政治問題なので、統幕長という立場から申し上げるのは適当でない」と語った。
    そのうえで、「一自衛官として申し上げるなら、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されるのであれば非常にありがたいと思う」とも述べた。

     また、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返していることについて問われ、
    「(同時に多数のミサイルが発射される)飽和攻撃の場合、非常に厳しいものがあるのは事実」との認識を示した。




    「憲法に自衛隊の存在明記、ありがたい」 統合幕僚長
    http://www.asahi.com/articles/ASK5R767RK5RUTIL05D.html

    【幕僚長「憲法に自衛隊の存在明記、ありがたい」→民進・小西「自衛隊トップの政治的発言は許されない」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/16(火) 21:22:37.84 _USER9
    plt1705150038-p1

    産経新聞社とFNNが13、14両日に実施した合同世論調査では、憲法9条に自衛隊の存在を明記するとした安倍首相の提案について、 男性は63.4%が賛成し、反対の32.2%を大きく上回った。 女性は賛成が47.9%にとどまり、「男高女低」の傾向が浮き彫りになった。

     世代別では、若い世代に賛成派が目立ち、高齢層になるにつれて反対論が増えていた。

     男性の賛成は30代が74.7%で最も多く、10・20代の66.7%が続いた。女性の10・20代も64.7%に達した。 50代女性は賛成が43.1%で反対は41.7%だった。60代以上も賛成(42.9%)と反対(42.0%)が拮抗した。

     若い世代は大規模災害や国連平和維持活動(PKO)で自衛隊が活動する姿を見てきたことや、北朝鮮の核・ミサイル開発など緊迫する安全保障環境を踏まえ、
    自衛隊を憲法で明確に位置づけるべきだと考える人が多いとみられる。

    http://www.sankei.com/politics/news/170515/plt1705150038-n1.html

    関連スレ

    内閣支持率51%、憲法9条の自衛隊明記「賛成」32%「反対」20%、憲法改正施行を目指す表明「評価する」44%「評価しない」45% - NHK
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494854487/
    内閣支持率56.1%、現行憲法が「時代に合っていると思わない」49.8%、各政党が憲法改正案を「示すべきだと思う」84.1% - FNN・産経新聞
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494930422/
    世論調査】改憲、「9条に自衛隊」賛成53%、反対35%…読売調査★2
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494819980/

    【【世論調査】自衛隊の憲法明記 若い世代に賛成派が目立ち、高齢になるにつれて反対が増加 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/16(火) 13:18:58.16 _USER9
    234
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00010003-hokkaibunv-hok

    北海道南部で5月15日、消息を絶った陸上自衛隊の連絡偵察機の捜索で
    午前11時ごろ、自衛隊機の一部に続き、遺体が発見されました。

    捜索は、自衛隊など1700人態勢で北斗市を中心に行われていましたが、
    16日午前11時6分ごろ、捜索中の自衛隊機が袴越山の西側にある戸田川の
    上流付近で、墜落した自衛隊機の一部を発見、その後、遺体を発見しました。
    人数などは、16日正午現在、まだ入っていません。

    消息を絶っていたのは、陸上自衛隊の連絡偵察機「LR-2」型機で、15日午前、
    札幌市から飛び立ち、函館空港から北西約32キロの地点で、レーダーから消えました。

    連絡偵察機には、機長の高宮城効(たかみやぎ・いさお)1尉(53)、副操縦士の
    やなぎ(柳の旧字)田智徳3佐(41)、整備員の岡谷隆正2曹(42)と玉木宏伸3曹(28)
    の男性自衛官4人が乗っています。

    現在、捜索隊が遺体の身元確認などを急いでいます。

    【【陸自機墜落】墜落現場付近で遺体発見】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/04(木) 19:09:52.42 _USER9
    img_2

    憲法記念日、総理は、読売新聞で憲法改正を打ち出した。朝刊のインタビューは熟読した。

    国会で一定の目標を設けて議論することには賛成だ。2020年というのは一つの節目だろう。ただ、総理には発議する内容や期限を決める権限はない。
    それを押さえた上で総理のインタビューを読むと、自衛隊、教育、緊急事態の国政選挙の延長の話が出てくる。それぞれについてコメントする。

    緊急事態の選挙の延長は自民党改憲案の緊急事態条項を読んで危機感を覚えて私が言い出したものだ。議論を進め、合意を目指したい。

    教育については、
    70年前は小学校と中学校のみだった無償化の範囲を幼稚園・保育園から高校までに拡大し、大学・専門学校についてもすべての国民に学ぶ機会を提供するべきだ。
    シルバー民主主義の時代だからこそ、優先的に予算を配分するには国民合意が必要だ。そのために、憲法26条の改正を大いに議論すべきだ。

    悩ましいのは自衛隊だ。
    自衛隊については、「違憲かも知れないが命張れは無責任」との総理のコメントには、一理ある。
    9条2項までを維持して自衛隊を明記するというのも、これまでの自民党と総理のアプローチからすると柔軟だ。
    私も、いつかは憲法に書かなければならないと考えている。

    ただ、9条は戦後の日本国民の平和への祈りがこもった条文だ。
    加憲だとしても、国論を二分することになるだろうし、結果として、国民を分断する可能性が高い。私はそのことを危惧する。
    北朝鮮の問題が深刻になっている今だからこそやるべきか、それとも今は安全保障の現実対応を優先して改正を見送るべきか。
    これまで私は後者の立場に立ってきたが、国民はどう判断するだろうか。

    私が中央公論で提案した中で言うと、地方自治について、総理は言及しなかった。これからの憲法論議の中で、
    かつて明治憲法制定時や自由民権運動の時に見られたように、知事や市長など、地方から8章の改正を求める声が上がるのを期待したい。

    http://blogos.com/article/221345/

    【【憲法改正】民進・細野豪志 「自衛隊は違憲かもしれないが命張れは無責任」総理発言に理解】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/03(水) 20:45:22.35 _USER9
    n-HASHI4-large570

    憲法の方がおかしいのは明らか。少なくとも自衛隊組織を合憲とする憲法改正は絶対に必要だ

    実際の政治に少しは身を置いた立場だと現実の核オプションまでは腰が引けて言えません(笑)。北朝鮮と同じ道を歩む覚悟が必要ですから。

    でもこれまでは核議論は絶対的なタブーでしたが日本において議論する姿を見せることこそが安全保障に繋がります。積極的な問題提起・議論喚起をお願いします。

    学者の7割が違憲だという自衛隊。これは憲法の方がおかしいのは明らか。少なくとも自衛隊組織を合憲とする憲法改正は絶対に必要だ。

    http://blogos.com/article/220316/

    【橋下徹「学者の7割が違憲だという自衛隊。憲法の方がおかしいのは明らか。自衛隊組織を合憲とする憲法改正は絶対に必要だ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ