真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    自民党

    DV0Rl8sVwAE8aVt

    2月11日、恒例の を開催しました。支部長として会場満杯のありがたい方々に感謝を込めつつ、国民政党・自由民主党の責任と役割を果たすため、引き続いてのご支援とご協力をお願いいたしました。 7
    04d5a6e9
    pic_20080809
    prm1511140030-p2


    1: KSM WORLD NEWS 2018/02/05(月)11:21:19 ID:???
    ref_l

    ◎記事元ソース名/田原総一朗氏が河野外相を強く批判「恥さらしだ」


     ジャーナリスト田原総一朗氏(83)は4日、都内で開かれた民進党の党大会で来賓としてあいさつし、 トランプ米大統領がオバマ前政権の「核なき世界」の方針を転換する核戦略指針を出したことに対し、評価する姿勢を示した河野太郎外相を、「みっともない対米追従。恥さらしだ」と、強く批判した。

     その上で、「安倍さんは時の米国大統領に何でも賛成する。こんな情けないことでいいのか」と指摘。「安倍首相は、1強他弱が続きすぎて、神経が緩みきっている」とも述べ、安倍政権に対する厳しいコメントを並べた。

     民進党にも苦言を呈し、「(前身の)民主党も民進党も、仲間内の批判をするのが好きだ。
    蓮舫さんが代表を辞める1カ月くらい前に食事をしたが、蓮舫批判がすごいと言っていた」と述べ、「敵は自民党だ」として“内輪もめ”をやめるよう、進言した。

    (中略)

    その上で、「はっきり言って国民は、自民党に飽きている。小泉進次郎さんもそうはっきり言っているが、野党はばらばらだ。ばらばらになった野党をまとめるのが、民進党の役割だ」と述べ、「チャンスだと思う。頑張ってください」と、野党再結集をけん引することへの期待を示した。

    日刊スポーツ/2018年2月4日15時50分 
    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201802040000466.html

    【【ジャーナリスト】田原総一朗が民進党の党大会であいさつ →→→田原『河野太郎外相は、みっともない対米追従。恥さらしだ。…敵は自民党、内輪もめをやめろ』[H30/2/5]】の続きを読む

    images

    【平昌五輪出席に自民党内から反対相次ぐ】自民党外交部会などの合同会議が開かれ、出席者からは安倍総理平昌五輪開会式に出席することで、慰安婦問題・日韓合意に関して「韓国側に誤ったメッセージを送ることになる」などとして反対する意見が相次ぐ。 行ったところで話が通じる国ではないのは確実。

    DUHSldHVoAE0TgH

    本日の読売新聞朝刊。この案は青山繁晴さんが提起され支持が広がってきている。簡潔明瞭で、私もなかなか良い案だと思う。「自衛隊」は固有名詞であり、固有名詞を憲法に書くと、「防衛省」などの国家機関の明記はどうなのかという意見が出る。「自衛隊」は「自衛権」明記を受け法律で規定すればよい。

    キャプチャ-51

    【慰安婦像、しっかりとした措置取る】自民党・河井総裁外交特別補佐がフィリピン・ドゥテルテ大統領と会談。日本大使館の近くに慰安婦像が設置されたことに懸念を示す安倍総理のメッセージを伝えた。これに対し、ドゥテルテ大統領「しっかりとした措置を取る」と問題の解決に向けて対応する考え。

    このページのトップヘ