真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    自民党

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/17(月) 11:57:22.51 _USER9
    20150417-00020352-hankyoreh-000-view
    産経新聞社とFNNが15、16両日に実施した合同世論調査によると、安倍晋三内閣の支持率は59・3%で、 3月18、19両日の前回調査から1・9ポイント増えた。不支持率は30・4%(前回比0・5ポイント減)だった。

     政党支持率は、民進党が6・6%(同1・8ポイント減)で、昨年3月の結党後、最低となった。自民党は前回比4・5ポイント増の42・5%。

    その他は、公明党3・4%▽共産党4・9%▽日本維新の会3・1%▽社民党1・3%▽自由党0・7%▽日本のこころ0・2%-だった。 「支持する政党はない」とする無党派層は35・0%だった。

     今の天皇陛下に限って譲位を可能にするため政府が5月に国会提出する特例法について、
    「賛成」と答えた人は前回調査から7・7ポイント増えて86・0%に達し、「反対」は9・6%(前回比6・6ポイント減)だった。
    特例法案への理解が浸透していることがうかがえる。

    トランプ米政権はシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとしてシリア空軍基地を攻撃したたが、 「評価しない」(55・7%)との声が半数を超えた。「評価する」は36・0%だった。 安倍晋三首相が支持を表明したことに関しては、「評価する」(46・9%)と「評価しない」(46・6%)が拮抗した。

    また、北朝鮮の核・ミサイル開発を脅威に感じるか聞いたところ、「感じる」との回答が91・3%に達した。


    北朝鮮の相次ぐミサイル発射を受け、2発目以降のミサイルを撃たせないための「敵基地反撃能力」保有の検討を自民党が政府に提言したことに関しては、 「敵基地への反撃は、北朝鮮が実際にミサイルを日本に向けて発射したあとに限るべきだ」が45・0%で、 「発射する具体的な構えを見せた段階で、北朝鮮の基地を攻撃すべきだ」は30・7%。 「北朝鮮が日本に向けて実際にミサイルを発射しても、日本は北朝鮮の基地に反撃すべきではない」は19・2%だった。

     一方、国会では共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議が始まった。改正案の賛否を聞いたところ、 「賛成」は57・2%(前回比0・4ポイント減)で、「反対」の32・9%(同1・7ポイント増)を上回った。

    http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170013-n1.html
    http://www.sankei.com/politics/news/170417/plt1704170013-n2.html

    関連スレ

    【世論調査】安倍内閣支持率60%に上昇 米の対北圧力「評価する」64% - 読売新聞★4
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492395780/
    【日本テレビ世論調査】安倍内閣を支持する 50.4 %、支持しない 30.8 % 支持政党:自由民主党 43.2 %、民進党 8.2 %、公明党 4.2 %
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492344166/
    【調査】内閣支持率50%、自民党25.3% 民進党4.8% 公明党4.5% 共産党1.4% - 時事世論調査
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492150659/
    【NHK世論調査】内閣支持率53%(+2) 不支持27%(-4)、自民38.1% 民進6.7% 公明3.8% 共産3.2%★5
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491989743/

    【世論調査】内閣支持率55.1 %(-3) 自民党43.9 %  民進党1.6%、森友学園に寄付したとは思わない52.3 %
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490669805/

    【【世論調査】内閣支持率59.3%(+1.9) 、自民党42.5%(+4.5) 民進党6.6%(-1.8) 昨年3月の結党後、最低 - FNN・産経新聞 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/14(金) 12:25:30.50 _USER
    press_132990_01

    自民党は14日の役員連絡会で、朝鮮半島有事に備え、即応できる態勢をあらかじめ整える方針を確認した。
     
    二階俊博幹事長は同日の記者会見で、北朝鮮について 「正直に言って、見通しは立てられない。慎重に見守りながら、後れを取らないようにしたい」と述べた。

    その上で「予定もあるだろうから急に縛りをかけているわけではないが、 ただちに招集に応じられるよう、遠くへ出かけないように、という気持ちは(議員らに)伝えてある」と語った。


    2017.4.14 11:31
    http://www.sankei.com/politics/news/170414/plt1704140013-n1.html
    暗闘
    山口 敬之
    幻冬舎
    2017-01-27


    【【自民党】二階俊博幹事長「遠くへ出かけないように」と所属議員に伝達 北朝鮮有事に即応確認[04/14] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/28(火) 17:43:58.71 _USER9
    ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」で、「月例ネット世論調査」を2017年3月22日(水)21時23分に実施し、
    開始から約300秒間で55,213人の回答を得た結果を公表した。

    Q1 今、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。  >>0� )内は前月比の増減
     
       1.支持する                       :55.1%(-3.0)
       2.支持しない                      :18.1%(-2.9)
       3.どちらとも言えない                  :26.8%(+0.0)

    Q2 いま、あなたが支持している政党はどこですか、あるいは支持する政党はありませんか。

    自民党 43.9 %
    民進党 1.6 %
    公明党 1.6 %
    共産党 2.4 %
    日本維新の会 2.8 %
    自由党 0.6 %
    社民党 1.1 %
    日本のこころ 2.6 %
    その他の政党 1.4 %
    支持政党はない 42.2 %

    Q3. 1年後の日本は、今と比べて全体としてどうなっていると思いますか。

       1.良くなる                       :22.6%
       2.変わらない                      :51.8%
       3.悪くなる                       :25.6%

    Q5 学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長は2015年9月、安倍首相の昭恵夫人が講演に来て小学校名誉校長に就任した際、
    「安倍晋三からです」と現金100万円を寄付したと主張し、首相は寄付を全面否定しています。
    あなたは、首相側が100万円を寄付したと思いますか、思いませんか。

    寄付したと思う 16.6 %
    寄付したとは思わない 52.3 %
    わからない 31.1 %

    Q6 政府は南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊について、20
    5年成立の安全保障関連法に基づいて2016年11月に新たな任務を与えたものの、4カ月後の3月10日、新任務を一度も果たさないまま撤収させると決めました。
    それなら、安保関連法の成立を急ぐ必要があったのか否か、どう考えますか。

    急ぐ必要があった 40.7 %
    急ぐ必要はなかった 28.1 %
    わからない 31.3 %

    Q7 韓国のパク・クネ大統領が贈収賄疑惑などで罷免され、
    5月の大統領選挙では日本・米国に強硬で中国・北朝鮮に柔軟な革新派政権が誕生するとみられています。
    日本は韓国の新政権にどう対応すべきだと考えますか。

    中国・北朝鮮に対抗するため友好関係を築く 4.2 %
    深入りせず適度な距離感を保つ 45.4 %
    関係が悪化しても日本の主張を貫く 42.1 %
    わからない 8.2 %

    Q8 シャープが台湾企業に買収されたのに続き、日本を代表する名門企業の東芝は米国での原子力事業の失敗などで解体の危機に瀕しています。
    世界に誇ってきた日本のものづくりは、まだ未来があると思いますか、もう未来はないと思いますか。

    まだ未来がある 54.5 %
    もう未来はない 20.5 %
    わからない 24.9 %

    Q10 経済産業省は2020年の東京五輪に向けて、様々な案内表記を外国人にも分かりやすいものに改めることを検討しています。
    あなたは、「温泉マーク」についてどちらの方がふさわしいと思いますか。ちなみに、経産省はどちらの使用も認める方針です。

    国内規格(日本工業規格・JIS) 50.9 %
    国際規格(国際標準化機構・ISO) 18.8 %
    両規格の併用 24.8 %
    わからない

    Q11 もやしの原料豆が3倍に上がった一方、小売価格は1割値下がりしていることから、
    全国のもやし生産者団体は「経費削減はもう限界。せめて1袋40円で売ってほしい」と訴えています。
    あなたは、もやしの小売価格をどう思っていますか。

    安すぎる 59.6 %
    ちょうどよい 24.5 %
    高すぎる 4.4 %
    わからない

    http://news.livedoor.com/article/detail/12841402/
    https://enquete.nicovideo.jp/result/74#answers

    1スレ2017/03/28(火) 11:56:45.44
    前スレhttp://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490669805/

    【【世論調査】内閣支持率55.1 %(-3) 自民党43.9 % 民進党1.6%、森友学園に寄付したとは思わない52.3%】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/23(木)19:48:41
    689 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/03/23(木)19:32:19 ID:7RD

    自民党の葉梨議員が
    「実は森友への値引きは特別な待遇ではないと言える」
    と提示した国会パネル
    http://i.imgur.com/kFDYlY1.jpgno title


    ■豊中での空港国有地・売却例 比較

    「森友学園小学校」整備用地
     ・売却価格: 1.3億円

     ・埋設物撤去費用: 8.2億円(国側が値引き負担)


    「豊中市公園」整備用地 (森友小に隣接)
     ・売却価格: 14.2億円
      (国から14億円の補助・交付金で豊中市の支出:0.2億円)

     ・埋設物は撤去せず盛り土で封じ込め公園整備
      (豊中市は盛り土費用0.2億円を国へ請求中)


    「豊中市給食センタ-」整備用地
     ・売却価格: 7.7億円 

     ・埋設物撤去費用:14.3億円
      (売却主が負担せよと豊中市は関空会社と協議中)

    ◎住人からの情報提供にてスレ立てしました。
    【籠池氏証人喚問】衆参予算委員会~3月23日、10時10分から証人喚問が開始予定。
    【総合スレや証人喚問に関する雑談スレとしてお使い下さい。】[H29/3/23]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490201810/


    【KSM】森友学園・籠池理事長 証人喚問 葉梨康弘(... 投稿者 ksm11 【【籠池証人喚問】自民党 葉梨議員の土地払下げ「説明パネル」詳細 ~「 森友への値引きは特別な待遇ではないと言える」[H29/3/23]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/17(金) 12:37:56.66 ● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000508-san-pol
    民進党の蓮舫代表は17日午前の参院議員総会で、自民党の竹下亘国対委員長が安倍晋三首相への 侮辱を理由に、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏の証人喚問を決めた経緯を批判した。

    no title

     蓮舫氏は「籠池氏の首相からの寄付金発言は慎重に扱わなければならない」と指摘した上で、 「首相が侮辱されたら国会に招くのか。私たちがこの問題を取り上げているのは、 国有地が首相の知人に不当に安く払い下げられた疑いがあるからだ。この視点はぜひ間違いないでほしい」と述べた。

    自民党は、籠池氏の国会招致について「民間人」であることを理由に拒否してきたが、 籠池氏が16日、開校を目指していた小学校の建設費に「首相の寄付金が入っている」と発言。自民党は一転して証人喚問を容認した。

    【【蓮舫】森友学園問題に「首相が侮辱されたら国会に招くのか」と自民党を批判へ】の続きを読む

    このページのトップヘ