真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    翁長氏



    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/18(日) 10:49:49.48 _USER
    政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で、同県の翁長雄志知事が辺野古の工事差し止め訴訟を提起すれば応訴費用について翁長氏個人に損害賠償請求を行う検討に入ったことが17日、分かった。政府は翁長氏が埋め立て承認を撤回した場合に賠償を求める方針だが、加えて差し止め訴訟も提起の根拠が乏しく知事権限の乱用にあたると判断した。

     翁長氏は20日開会の県議会定例会に差し止め訴訟提起に関する議案を提出し、可決後に提訴する。

     漁業権が設定された海域で海底の岩石などを壊す作業には知事の岩礁破砕許可が必要。翁長氏は無許可工事は県漁業調整規則違反だとして提訴する。一方、政府は地元漁協から漁業権放棄の同意を取りつけているため許可は不要とする水産庁見解を示している。

     通常、差し止め訴訟は権利・利益が侵害されている場合に提起し、工事差し止めでは騒音や振動で身体に悪影響が生じているケースが多いが、辺野古の埋め立て工事で県が侵害された権利・利益はなく、請求根拠は乏しい。許可など行政上の義務履行を求める訴訟は裁判の審判対象にならないとの最高裁判決もある。

     そのため政府は、訴訟提起は知事権限の乱用として応訴費用の賠償を求める。

     翁長氏は埋め立て承認も撤回する構えで、政府は効力の停止を裁判所に申し立てるが、認められるまでの10日前後は工事が中断する。損害額は数億円に上り、その賠償請求の際に今回の応訴費用を加算する。


    http://www.sankei.com/affairs/news/170618/afr1706180006-n1.html
    2017.6.18 09:58

    【【政府】翁長知事が辺野古工事差し止め訴訟起こせば、翁長氏個人に損害賠償請求を行う 政府が検討「知事権限の乱用」[6/18]】の続きを読む

    20150406135449978

    1: KSM WORLD NEWS 2016/10/14(金) 22:06:29.19 BE:892775189-2BP(1500)
    菅官房長官が、沖縄県内最大の米軍施設である北部訓練場の一部の年内返還を目指す方針を表明した。翁長雄志知事との会談で伝えた。

    返還は、1996年の日米沖縄施設・区域特別行動委員会(SACO)合意に基づくものだ。
    輸送機オスプレイなどが使うヘリコプター着陸帯6か所の存続区域への移設を条件に、約7500ヘクタールのうち約4000ヘクタールが返還される。

    政府は、着陸帯の整備工事の完了時期を当初想定していた今年度中から12月中に前倒ししたい考えだ。
    返還が実現すれば、県内の米軍施設の総面積が2割も削減される。その意味は大きい。
    周辺の森林地域は9月、「やんばる国立公園」に指定された。将来的には、返還区域の編入が見込まれている。観光などによる地域振興の弾みともなろう。

    問題なのは、着陸帯整備やオスプレイ使用への反対派が違法行為を続けていることだ。
    県道に車を止め、工事車両の通行を阻む。訓練場内に不法侵入し、着陸帯整備のための樹木伐採作業を妨害する。

    沖縄防衛局職員が暴行され、負傷した例もある。一般市民も、現地の道路を通れないなどの迷惑を被っている。

    授業に遅れた小学校教諭もいる。反対派には県内外から集まった活動家らが少なくない。地元住民が批判するのはもっともだ。

    警察当局は全国から機動隊員を動員して対処している。
    先月中旬には、県道を違法に封鎖したとして、反対派2人を往来妨害容疑で現行犯逮捕した。法治国家として適切な取り締まりを求めたい。

    翁長氏の当事者意識を欠いた、場当たり的な言動も疑問だ。 翁長氏は菅氏との会談後、訓練場の一部返還について「歓迎する」と語った。
    ところが、共産党などが反発すると、一転して「発言は不適切だった」と釈明した。
    翁長氏はこれまでも、県道管理者でありながら、車両撤去などに消極姿勢を取り続けてきた。

    日頃、沖縄への米軍基地集中を強く批判しながら、なぜ広大な施設の返還に協力しようとしないのか。
    地元の国頭、東両村は、早期返還を求めている。訓練場の周辺住民の大半も、騒音対策などの条件付きで着陸帯整備を容認する。

    こうした「民意」を踏まえ、負担軽減策の実現を政府任せにせずに、自ら汗をかくことこそが、知事の責務のはずだ。

    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161013-OYT1T50112.html
    http://editorial.x-winz.net/ed-29149

    【【KSM】読売社説、翁長氏はなぜ北部訓練場返還(沖縄基地面積の2割)を歓迎しないのか】の続きを読む

    このページのトップヘ