真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    結党大会



    1: KSM WORLD NEWS 2017/02/26(日) 07:24:29.62 _USER
    ◆日本第一党がアパホテルで結党大会 きょう26日午後

    人種差別主義団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長、桜井誠氏が党首を務める極右政治団体「日本第一党」の結党大会が26日午後、東京都江東区の「アパホテル東京潮見駅前」で開催されることが分かった。

    日本第一党の公式ツイッターでは同日午後2時からライブ配信サービス「ツイキャス」で生放送すると告知している。

    日本第一党は「ジャパン・ファースト(日本第一主義)」を掲げ、日本の国益、日本人の権利を守るとして、在日コリアンら旧植民地出身者とその子孫の特別永住資格の廃止、移民受け入れ阻止、外国人への生活保護廃止など差別・排外主義政策を打ち出す。

    桜井氏は2006年12月に在特会を設立し、在日コリアンなどに対するヘイトスピーチ(差別扇動表現)を叫ぶデモや街宣を先導。

    東京・小平の朝鮮大学校前で「朝鮮人を日本からたたき出せ」「殺してやるから出てこい」などと怒号を上げた言動は、「在日朝鮮人の尊厳を傷付けるもので、人権擁護の上でも看過できない」不法行為として、15年12月、法務省人権擁護局から同様の行為を2度と行わないよう勧告を受けている。

    昨年7月には都知事選に出馬。外国人の生活保護停止などを公約に掲げ、街頭での選挙演説では「日本で生活保護をもらわなければ今日明日にも死んでしまうという在日がいるなら、遠慮なく死になさい」などと訴えていた。

    都知事となった小池百合子氏の約291万票に遠く及ばなかったものの約11万4千票を獲得。 その後、日本第一党を立ち上げ、自身のブログで「すべての地方議会の多数派を握ること」を目標に掲げ、党員を募集していた。

    アパホテルは、南京大虐殺を否定する書籍を客室に置いていたことが明らかになり、その経営方針に国内外から批判と疑問視する声が上がっている。

    桜井氏らは、今月5日に在日中国人らが東京・新宿区のアパホテル周辺で行った抗議のデモ行進に対し、沿道から「中国に帰れ」「日本から出て行け」などと罵声を飛ばし、アパホテルを擁護する姿勢を示していた。

    カナロコ by 神奈川新聞 2017/2/26(日) 2:34
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00015987-kana-soci



    【【神奈川新聞】人種差別主義団体の元会長・桜井誠氏が党首を務める極右政治団体『日本第一党』が26日午後アパホテルで結党大会[2/26]】の続きを読む

    20161005a

    http://nethosyu.blogspot.jp/2016/10/20161006.htmlから転載

    日本第一党の結党が決まり喜ばしいかぎりです。

    結党大会に向けて活発な情報拡散、力強い支援を展開していければと思います。
    賛同者のみなさまには、お手数ですがよろしくお願いいたします。

    しかし残念なことながら、現在の政治活動、選挙活動には大変な資金を必要とするのが現状です。
    現在の仕組みでは、政治活動とお金は切り離せません。
    そういった供託金制度改革なども日本第一党の政策にあげられております。
    まずは日本第一党の党員をめざす我々が率先して『熱意はお金で換算するものではない』という姿勢を桜井党首に示すべきではないでしょうか。
    賛同する方がおられましたら、リツイートによる拡散、日本第一党への提案メール送信など、よろしくお願いいたします。

    ※それぞれのご判断で賛同いただければと思います。
    ※もしご賛同いただけるなら文面についてはみなさま独自のものがよいと思います。


    日本第一党 党首 桜井誠 様

    党員募集の開始日が決まり、心よりお祝い申し上げます。
    事務手続きの準備などでお忙しいところ申し訳こざいませんが、
    本日はお願いのメールがありご連絡させていただきました。

    近々行われる結党大会についてですが、
    党員の我々には水だけ出していただければ結構です。
    党員の腹に入るものなどでお金を使うくらいなら
    他にいくらでもお金の使い道があるはずです。
    せっかく集めたお金が飲食で減ってしまうのでは
    もったいないと思います。

    結党大会では参加費がおいくらか未定のようですが、
    もし仮に1人あたり数万円であれば、集まった金額を合計すれば、
    衆参の選挙、あるいは知事選挙の供託金に近い金額に
    なるのではないかと思います。

    お腹がすいたら帰り道に自腹でラーメンでも食べて帰ります。
    結党大会のみならず、日本第一党が主催する集会という集会では、
    水だけ出していただければ十分です。
    せめてもの飲食を‥‥なんてセリフは、ぜひ与党になってから
    存分にカッコつけていただければと思います。

    集会の間、まったく水分を取らないというのは健康上いけませんが、
    出し物は水さえあれば結構です。
    なんなら各自ペットボトルに手弁当でまいります。
    たとえ取材が来たとしても、貧乏でどこが悪いということを
    世の中にアピールしてやればよいのです。
    もし来賓のお客さまが来るなら、そちらの方にこそ
    十分に誠意あるおもてなしをしていただければと思います。

    たらふくメシを食って出陣する大和武士はいるでしょうか。
    出陣の際は水杯さえあれば十分です。
    どうしてもというなら、勝栗に見立てたアメ玉ひとつあれば十分です。
    ぜいたくを言えば、冷水とお湯の2種類あれば言うことなしです。
    ミネラル水のペットボトルは高いですから、
    会場にある水道の蛇口から出る水で十分です。
    カルキ臭い水は飲みなれていますから大丈夫です。

    党員から集まったお金は1円といえど意義ある使い方を
    していただきたいのが多くの党員の希望だと思います。
    むしろ桜井党首みずから「お前ら水一杯でガマンしろ」などと
    言っていただければ、狂喜乱舞して悦ぶマゾ党員は多いと思います。
    飲食代が浮いて大会費用が安くなるなら、そのぶん活動募金に
    まわしていただけばよいのです。
    飲食する時間がなくなって時間が短くなれば、帰宅して体を休めるなり、
    個々の活動に時間を使えばよいと思います。
    ぜひともよろしくご検討ください。

    お忙しいと存じますのでご返信は不要です。


    この提案は、今後行われる日本第一党の集会やパーティーに対する提案でもありますので、地方のお住いの方や、結党大会に出席しない方もメールを出していただければと思います。

    ※現在、党の準備で忙しいと思いますので、
    ※メールの末尾に「返信は不要です」の一文を記載するなど
    ※処理は後回しでよい旨をお伝えください。

    ■ 日本第一党 お問合せフォーム
    http://japan-first.net/script/mailform/contact-info/

    ※賛同していただける方はリツイートなどによる拡散もご協力ください



    党首に言われるがまま、何も考えずに結党大会に参加するのでは、あまりに我々の力不足ではないでしょうか。

    共産党や公明党ですら、立食パーティーへの参加など望むべくもない貧乏党員が、眠い目をこすって早朝から自転車をこいで党の新聞を配達し、無給で党の資金を支えているのです。
    あの連中ですらやっていることに我々が負けてよいのでしょうか。

    民間による保守運動と、公の選挙を目指す政治活動とは、費用的にまったく別次元になっていきます。
    これから先、好むと好まざるとにかかわらず、政治活動とお金は切っても切り離せない関係になっていきます。
    しかし、おそらく桜井党首としては『せっかく結党大会に集まってもらうのだから‥‥』と、費用の捻出に頭を痛めつつも口に出せない心情があると思います。
    我々党員となる者が、言葉には出さない党首の心情を察して行動する必要があると思います。

    地方に在住して結党大会に行きたくても行けない方も多いと思います。
    夜勤のため時間が合わずに参加を断念する方もいると思います。
    結党大会に参加する方は、参加できない方々の熱意をも背負って参加することになると思います。
    せっかく募金されたお金が自分のお腹の中に戻ってくるのは、もったいないと思います。
    また、お金の問題ばかりでなく、集まったみなさまに楽しんでいただくための準備や手配など、結党大会の準備委員の方々にも無用な負担をかけることにもなります。
    そこにかかる負担や時間は、別の運動に使っていただくのが有意義ではないでしょうか。

    我々の提案に対して、党首がどう判断するかはお任せすればよいと思います。
    その判断には従うべきだと思います。
    党首が「いや、さすがに結党大会を水だけってのは‥‥」というなら、それに応じればよいと思います。
    結果は問題ではありません。
    まずは党員となるべき自分のほうから不要な党首の気遣いや負担はご返上申し、党を支える意気込みを示せればと思います。

    このページのトップヘ