1

【KSM 6月27日12:50】 イギリスのEU離脱で1200円日経平均が下がっていましたが、反動で騰がりはじめました。急落後は急騰することが多いので、予断は許せませんが、為替も102円前後で推移。
安倍政権はあらゆる措置を講ずると先日発表しておりました。その効果がどのぐらい出るかを見定めるチャンスでもあります。現在の状況を乗り越えられるようであれば、混乱を乗り越えることができる強力な体制だと言えるでしょう。どのように推移するか見ていきたいと思っています。

首相「あらゆるリスクの芽摘む」 政府・日銀緊急会合 
 2016/6/27 8:29
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK27H19_X20C16A6000000/


安倍晋三首相は27日朝、首相官邸で金融市場の安定に向けた政府・日銀の緊急会合を開き「金融市場にはまだ不透明感、リスク懸念も残っているところであり、引き続き市場の安定を図ることが大事だ」と強調した。

 そのうえで「必要なのは国際協調のためG7(主要7カ国)が結束を強め、世界経済の成長に向け、あらゆるリスクの芽をひとつひとつ確実に摘んでいかないといけない」と指摘。「日本の実体経済、中小企業の活動に影響が出ないように万全を期していく」と述べた。

 「麻生太郎財務相は日銀との連携のうえ、為替市場を含む金融市場の動きにこれまで以上に注意を払ってほしい」と指示した。(続きは下記URLから)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK27H19_X20C16A6000000/


安倍首相「あらゆる政策を総動員する」

日本テレビ系(NNN) 6月24日(金)16時56分配信

 イギリスのEU離脱が確実と報じられ、株価が暴落したことを受けて、麻生財務相が24日午後、緊急の記者会見を行った。
 「世界経済、金融為替市場等々、与えるリスクは極めて憂慮している。とりわけ足もとの為替の市場では、極めて神経質な動きが見られる。そのような動きが継続することがないよう為替市場の動向を、緊張感をもって、これまで以上に注視して必要な時にはしっかりと対応したい」-麻生財務相はこのように述べ、特に為替市場の動向に注目して、政府による為替介入についても辞さない考えを示唆した。

(続きは→http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160624-00000074-nnn-pol

最新の日経平均株価はこちらでご確認ください。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.O