真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    米軍

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/26(月) 20:21:42.72 _USER
     北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日、朝鮮戦争の開戦(1950年6月25年)から67年となるのに際し、「(米国は)第2の朝鮮戦争挑発に執着し続けている」とする論評を配信した。

     朝鮮戦争は朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の南進により始まったものだが、論評は「米帝が世界制覇野望の下で計画的に準備し、挑発した犯罪的な侵略戦争であった」と強弁している。

     また、米国は現在もなお「地域および世界制覇の実現において重要な位置にある朝鮮半島を完全に掌握するため、膨大な戦略資産を次々と投入しながら情勢を戦争の瀬戸際へ追い込んでいる」と主張。

     続けて「敵を戦慄(せんりつ)させる絶対兵器までとらえた東方の核強国、アジアのロケット盟主国である朝鮮で米国が得るのは、恥ずべき惨敗だけである」として、核兵器開発の成果を誇示した。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170626/soc1706260013-n1.html

    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170626/soc1706260013-p1.jpgno title

    朝鮮戦争で南進する北朝鮮軍の戦車

    【【北朝鮮】第2次朝鮮戦争で米軍は惨敗する[6/26] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/19(月) 11:39:01.41 _USER9
    893eaf01

    17日午前1時半ごろ、静岡県南伊豆町の石廊崎からおよそ20キロ沖合で、 アメリカ海軍横須賀基地に配備されているイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」と、フィリピン船籍のコンテナ船が衝突し、 イージス艦の艦長ら3人がけがをし、乗組員7人が行方不明となりました。

    アメリカ海軍によりますと、艦内からは乗組員と見られる遺体が見つかり、行方不明者の捜索は終了したとしています。

    アメリカ海軍によりますと、イージス艦の船体は右側に沈むように傾き、艦長室や操だ室などが衝突の衝撃で大きくつぶれるようにして壊れ、 船底付近には大きな穴が開いていたということです。

    これによって、116人の乗組員が暮らす居住スペースや、機械室などに海水が一気に流れ込んできたということです。

    事故当時、艦内は当直態勢になっていて、海水が流れ込んできた際、居住スペースにいた乗組員の多くは寝ていて不意を突かれたと見られるということです。

    海上保安部はコンテナ船の関係者から事情を聞くとともに、アメリカ側と協議しながら衝突の詳しい状況を調べることにしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170619/k10011022241000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

    【【静岡】米軍イージス艦事故、 衝突で就寝中に116人居住スペースなどに海水流入】の続きを読む

    konishihiroyuki-tenura-1

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/02(火) 04:30:36.07 _USER
    小西ひろゆき (参議院議員)認証済みアカウント @konishihiroyuki
    新聞もテレビも報道できていないように思うが、米空母や潜水艦の派遣は
    武力による威嚇でありこれは国連憲章2条4項にガチンコに違反する。
    つまりトランプ大統領の米軍は国際法違反を犯している。その米軍と
    共同訓練をしたりそれへの補給艦を防護する行為は国際法違反であり憲法98条に違反。戦後初。
    https://twitter.com/konishihiroyuki/status/859025412118032385

    89475f3a0e16bb500eab41c4caabe93320150919133435776

    小西ひろゆき (参議院議員)認証済みアカウント @konishihiroyuki
    日米安保に基づく在日米軍基地がなければ米国は北朝鮮と武力紛争はできない。
    要するに日本は米国のアジアでの軍事基盤を死活的に支えている。
    しかも、武力紛争の発生の際に在日基地を守るのは自衛隊の役割。
    共同訓練や米艦防護の実施は違憲であり、北朝鮮に日本攻撃の口実を与える亡国かつ売国の行為。
    https://twitter.com/konishihiroyuki/status/859028173631115265



    【【話題】小西ひろゆき「米軍との共同訓練は北朝鮮に日本攻撃の口実を与える亡国かつ売国の行為」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/28(金) 13:26:09.25 _USER9
    20151028144146b9f

    米・ハリス司令官「日本にもTHAADを」

    フジテレビ系(FNN) 4/28(金) 12:29配信

    アメリカ太平洋軍のハリス司令官は、韓国に配備される最新鋭迎撃システム「THAAD」を、日本にも配備する必要性を訴えた。

    ハリス司令官は「朝鮮半島の危機は本物で、今まで見た中で最悪だ」と述べた。 ハリス司令官は27日、議会の公聴会で「北朝鮮のミサイルはあらゆる方角に向けられており、全ての国が真剣に受け止める必要がある」と述べたうえで、韓国に配備するミサイル迎撃システム「THAAD」について、「日本も同様のシステムを導入するべきだ」と主張した。

    最終更新:4/28(金) 12:29

    動画はリンク先で
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170428-00000658-fnn-int

    【【ミサイル迎撃システム】米軍のハリス司令官「日本にもTHAADを」】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/25(火) 01:10:02.89 _USER
    Zq2zFYt
    北朝鮮通の間で知られている逸話がある。

    かつて金日成が息子・金正日に尋ねた。

    「アメリカが北朝鮮を攻めて来たら勝てるのか」

    金正日は答えた。

    「勝てないが、朝鮮のない地球はありえない。朝鮮が潰れる時には、地球を破壊してしまえばよい」

    この息子として英才教育を受けたのが、現国務委員長・金正恩である。

    他方、1月の就任演説で「アメリカファースト」を高らかに宣言したドナルド・トランプ。
    要は、太平洋を挟んで、世界の安寧など一ミリも考えない「最狂国」の独裁者と、自国のことばかり考える「最強国」のトップとが向かい合っているのが、現在の国際情勢の現実なのだ。

    ■トランプが付きつけた「最後通牒」

    「6年前の権力継承以来、核・ミサイル開発を加速させる正恩は、今年に入っても、3度に亘って日本海へ向けてミサイルを発射させたばかりか、異母兄・金正男を化学兵器・VXで殺害した。 それに対し、1月に就任したトランプは、オバマと異なり、北朝鮮への先制攻撃をほのめかしている。実際、韓国へのTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備を急がせ、3月から始まった米韓合同軍事演習は過去最大級の規模に。 朝鮮近海に原子力空母を送るなど、今年に入って、緊張は日に日に高まるばかりです」(外信部デスク)

    4月の6~7日にかけ、トランプは、その北朝鮮の最大の“保護者”である中国の習近平・国家主席と会談。 しかし、最大の焦点である「北」問題については、〈平行線に終わった〉(4月9日付読売新聞)。
    そして、〈中国が協力しない場合、北朝鮮に対して軍事オプションも含めた独自の行動を取る可能性を通告〉(同)した

    「会談の最中の6日、アメリカはシリアに対し、電撃空爆を行いました」と言うのは、ジャーナリストの相馬勝氏である。

    「それと重ね合わせると、トランプは中国に対し、『最後通牒』を突きつけたに等しい。 このままでは、早晩、北朝鮮はアメリカ本土まで届くミサイルの開発に成功します。 核の弾頭化には既に成功していると見られていますので、米国が核攻撃の脅威に晒されることになる。 それだけは避けたいトランプは、中国に対し、石油の対北輸出停止など、北朝鮮への制裁を強め、核を廃棄させるよう、要求したでしょう。 しかし、習近平の回答は曖昧なものに終始。そこで、独自行動について言及し、もし動かないのなら、こちらがやるぞ、と脅しをかけたのです」

    シリアへの空爆は、国連決議を経ない単独行動だった。 個別的・集団的自衛権を行使したという「論理」も、はるか離れた中東の国相手だから、容易に首肯しかねるが、北朝鮮の場合は、同盟国である日本や韓国が既にミサイルの脅威に晒されている。 同じ単独行動を取ったとしても、論理としては理解されやすい。

    ゆえに、「トランプが我慢するのは100日程度でしょう。 3カ月余り経って、中国が動きを見せなければ、別のアクションを起こす。言葉通り、軍事行動を取るオプションもあるはず」(同)と言うのである。

    ■1000発のトマホーク

    無論、アメリカの攻撃によって、米軍ばかりか、日本、韓国にも甚大な被害が想定される。
    また、「アメリカは結局、軍事行動には踏み切らない」(元海将の伊藤俊幸氏)との意見も根強い。

    しかし、この逼迫具合を考えれば、直近、最悪のケースとして何が起こるか想定することは、決して「狼少年」との誹(そし)りを受けるものではないはずだ。 「アメリカがこの機会に先制攻撃をするとすれば、方法はいくつかある」と述べるのは、軍事アナリストの小川和久氏。

    一つはサージカル・ストライク。外科手術的攻撃と訳しますが、核施設やミサイル拠点などを、トマホークなどの精密誘導兵器を使ってピンポイントで叩くものです。 攻撃の主力は、イージス艦や巡航ミサイル原潜、護衛艦部隊で、日本海、黄海の両方から2時間ほどで最大1000発のトマホークを撃ち込むことが出来ます。 これが成功すれば、北の軍事拠点は壊滅的な打撃を受けるでしょう

    残りは、米韓の特殊部隊が金正恩を拘束、あるいは殺害する「斬首作戦」などが挙げられるという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170424-00520229-shincho-int&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170424-00520229-shincho-int&p=2

    ※続きます

    【【半島有事】米軍「北朝鮮」先制攻撃シナリオ…1000発のトマホークと特殊部隊の金正恩“斬首作戦”[4/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ