真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    米国

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/28(金) 15:35:50.99 _USER9
    ダウンロード

    米国が北朝鮮と国交を結んでいる国連加盟国を相手に外交関係を断絶するように要請することを検討しているという。

    ティラーソン米国務長官は28日(現地時間)、ニューヨークで開かれる国連安全保障理事会の閣僚級会合を主宰する場で、従来の経済制裁の強化はもちろん、外交的にも北朝鮮を孤立させる必要性を力説すると伝えられた。

    米国務省のトナー報道官代行は前日のブリーフィングで、「(経済)制裁のほか、外交的断絶ももう一つの圧力ポイント」とし「外交的断絶は確かに現在議論中のアイデアの一つであり、実際に採択される可能性もある」と述べた。

    トランプ大統領も25日、国連安保理理事国大使をホワイトハウスに呼び、「国連安保理は北朝鮮の核・弾道ミサイルプログラムに対する追加の強力な制裁を準備しなければいけない」と述べ、強力な追加制裁を要請している。

    配信 4/28(金) 13:18配信

    中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000029-cnippou-kr

    【【北朝鮮情勢】米国、国連加盟国に「北朝鮮との断交」要請を検討】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/22(土) 01:12:43.58
    e13a85af

    2017.4.21 23:56
    【北朝鮮情勢】
    北、戦争辞さずと声明 米国を非難 「日本列島が沈没しても後悔するなよ」と威嚇

     北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は21日、トランプ米政権が空母カール・ビンソンを
    朝鮮半島近海へ向かわせるなど対北朝鮮圧力を強めていることを非難し、 「わが軍と人民はいかなる特段の選択もいとわない」として戦争も辞さないとする 報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

     声明は、ペンス米副大統領が訪韓した際「米国の決意を読み誤ってはならない」と北朝鮮を
    牽制(けんせい)したことなどにも反発。


     「水爆から大陸間弾道ミサイル(ICBM)に至るまで持つべきものは全て持っている」と主張し 「われわれの首脳部を狙う敵対勢力は、南朝鮮(韓国)が灰となり日本列島が沈没し、米本土に核が 降り注いだとしても後悔してはならない」と威嚇した。(共同)

    http://www.sankei.com/world/news/170421/wor1704210051-n1.html

    【北朝鮮「米国が戦争をするなら日本列島に核を打ち込み沈没させてやる。後悔するなよ」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/22(土) 06:30:57.10 _USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=174508&ph=0

    no title


    2017年4月21日、環球時報は、朝鮮半島情勢が緊迫化するなかで、韓国世論からは「米国のコマに成り下がっている」との怒りの声が出始めているとして、韓国メディアの報道を紹介した。

    ハンギョレ新聞は20日、米原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島に向かっていなかったことについて「もしわざとうそをついていたなら、同盟関係は重大な脅威にさらされることになる。米国が北朝鮮の脅威を必死に喧伝するのは、在韓米軍基地の存続による中国へのけん制に加え、いつ中国になびくとも分からない韓国に対するけん制もあるのだ」と指摘した。

    さらに同紙は「この9年間、韓国は米国に依存してきた。戦時作戦統制権回復を諦め、THAAD配備を決定し、日本の謝罪なきままに慰安婦合意に署名し、開城(ケソン)工業団地を閉鎖するといった一連のナンセンスな外交・安全政策によって、韓国は米国のコマに成り下がったのだ」と論じている。

    また、保守系の韓国紙・中央日報も同日に「制裁だけで解決することは不可能。今後は南北交流をさらに進め、朝鮮半島の市場統一に向けた場を作ることで北朝鮮内部の構造変化を促すべき。建設的な『韓国プラン』を出さなければ、韓国は半島の運命をただ眺めるだけの存在になってしまう」との評論を発表した。

    米紙ニューヨーク・タイムズは、韓国大統領候補の1人である文在寅(ムン・ジェイン)氏は以前「米国にNOと言うべき」とする著書を出しており、文氏が大統領に就任すれば対北朝鮮融和政策である「太陽政策」が復活する可能性があると報じているという。

    【【韓国】韓国は朝鮮半島情勢で発言権なし、「米国のコマに成り下がっている」―韓国メディア[04/22]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/22(土) 17:35:51.57 _USER
    img_0
     
    北朝鮮外務省報道官は21日、豪州政府が米国の北朝鮮政策を支持したことについて
    「豪州が米国に追従するなら、わが戦略軍の核の照準に自ら入ることになる」と非難した。朝鮮中央通信が伝えた。
    http://www.asahi.com/articles/ASK4Q31SVK4QUHBI00G.html

    【【国際】 北朝鮮、豪州に警告 「豪州が米国に追従するなら、わが戦略軍の核の照準に自ら入ることになる」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/21(金) 19:44:10.85 _USER
    no title
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=175933&ph=0

    2017年4月21日、新華網は、朝鮮半島情勢に関して近ごろ韓国が同盟国である日本や米国に不満の矛先を向けていると報じた。

    記事は、「韓国人はこの1週間で起きた2つの出来事に大きく傷ついた」と指摘する。それは、朝鮮半島に向かっているとされた米原子力空母カール・ヴィンソンがインド洋にいたことと、日本政府が北朝鮮有事の際の難民流入について考え始めたことだ。

    カール・ヴィンソンの問題について、韓国紙・中央日報の電子版は「まさか米国も北朝鮮同様ほら吹き政策を取っているではあるまいか」と報じ、ハンギョレ新聞は「もし韓国政府が事前に知っていたならば、戦争危機論の助長に加担していたことになるし、知らなかったならばたびたび強調してきた米韓同盟が空論にすぎないことになる」と韓国政府への批判を展開したという。

    また、聯合ニュースは「25~28日に朝鮮半島海域に入る」という韓国軍消息筋の情報を伝えているが、記事は「韓国のネットユーザーはもはやこのような報道を信じなくなっている」と評した。

    次に日本政府の言動だ。13日に安倍晋三首相が北朝鮮のサリンミサイル保有の可能性を示唆し、15日の「太陽節」前には韓国への渡航安全情報が出された。17日には安倍首相が「朝鮮半島有事なら難民流入対策」と発言している。

    韓国外交部は18日に「仮の想定による発言は容易に誤解を招き、半島の安全に悪影響を及ぼす」とこれを批判したほか、朝鮮日報も「日本メディアによる注視の背後には、現実以外の要素まで含まれている」と指摘、韓国のネットユーザーもこぞって怒りを示していると伝えている。

    【【中国メディア】日本に米国に…、韓国が突然“盟友”にかみつき始める[04/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ