真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    米国



    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/23(金)23:10:43 ID:???
    米マクドナルド、中国事業2300億円で売却 CITICなどに

     米マクドナルドは中国事業を中国の国有複合企業、中国中信集団(CITIC)と
    米投資ファンドのカーライル・グループの連合に売却する方針を固めた。
    対象は中国と香港に保有する店舗で売却額は20億ドル(約2300億円)を超えるとみられる。
    マクドナルドは業績が頭打ちとなっており世界でリストラを進めている。
    競争が激化している中国事業の売却で収益基盤を立て直す。

    続き 日本経済新聞・会員記事
    http://www.nikkei.com/article/DGKKASGD22H9E_S6A221C1MM8000/


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 62◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482399045/73

    【【米国】米マクドナルド、中国事業2300億円で売却  中国中信集団などに [H28/12/23]】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/11(金) 13:37:23.97 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    米国抜きのTPP発効も=11カ国で条項見直し-メキシコ経済相

     【ワシントン時事】メキシコのグアハルド経済相は10日、ロイター通信に対し、米議会が環太平洋連携協定(TPP)を承認しなければ、米国を除外して11カ国で協定を発効する道が検討されると語った。
    次期大統領にトランプ氏が決まり、内向き志向を強める米国に速やかな承認を要望した。

     日米など12カ国が署名したTPPは、域内全体の国内総生産(GDP)の6割を占める米国の批准が発効条件の一つになっている。
    オバマ大統領は来年1月までの任期中に議会承認を得て、批准したい考えだが、トランプ氏は選挙戦で「TPP離脱」を宣言。議会多数派の共和党上院トップは9日、年内の審議を見送る意向を表明した。

     グアハルド氏は、米議会の承認が遅れれば、「他国と(発効条件に関する)制約条項の見直しを協議すべきだ」と語り、米国の批准を待つ必要はないとの考えを示した。(2016/11/11-11:32)

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111100334&g=int

    【【KSM】TPP、発効条件を見直し米国抜きの11ヵ国で始動か 日本を頂点とする巨大ブロック経済圏爆誕の可能性】の続きを読む

    327b2ce8-s
    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/11(金) 15:13:49.31 _USER9
    デモは「不公平だ!」トランプ氏ツイート
    日本テレビ系(NNN) 11/11(金) 15:05配信

     アメリカのオバマ大統領と次期大統領となるトランプ氏が10日会談し、来年1月の政権移行にむけた課題などを話し合った。一方、10日もトランプ氏に対するデモが全米各地で起きている。

     選挙戦を通じオバマ大統領を非難し続けてきたトランプ氏は、打って変わって「大統領を尊敬している」などと謙虚な姿勢に終始した。

     オバマ大統領「我々はあなたの成功のために、あらゆる手助けをするつもりだ。あなたが成功すれば、アメリカの成功となるのだから」

     トランプ氏「我々は良いことも難しいことも話し合った。今後、オバマ大統領やスタッフと共に仕事をするのがとても楽しみだ」

     トランプ氏の妻メラニアさんもミシェル夫人と会い、ファーストレディーとしての準備について話し合ったという。

     選挙からわずか2日での会談は、異例の早さで、スムーズに政権を移行し、自らの政策を継続させたいオバマ大統領の狙いが伺える。早い時期に会談しトランプ氏の柔軟性を見極め、対策を練りたい考えがあるとみられる。

     トランプ氏は連邦議会も訪れ、共和党幹部との間で今後の協力を確認、来年1月に行われる自らの就任パレードのルートについても説明も受けた。

     トランプ氏「優先課題はたくさんある。国民はとてもとても満足するだろう。(Q:議会にイスラム教徒の入国禁止を求めますか?)みんな、ありがとう」

     トランプ氏は肝いり政策のひとつ、「イスラム教徒の入国禁止」を本当に実行するのかとの質問に明言を避けた。

     こうした中、10日も各地でトランプ氏に抗議するデモが行われた。

     選挙から2日たった夜のホワイトハウス前では、反トランプの市民が集まってシュプレヒコールを上げた。

     集まった市民「正義なくして平和はない!」

     黒人や移民を含む約1000人の若者は、「私の大統領ではない」などと書かれたプラカードを手に声を上げていた。またニューヨークでも2日連続でデモが行われ、トランプタワーの前に100人を超える人が集まり、「大統領として認めない」などと抗議した。

     デモについてトランプ氏はツイッターに「メディアがあおり立てたプロの活動家によるものだ。非常に不公平だ!」と書き込んでいて、対立はさらに深まる様相。

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161111-00000036-nnn-int

    【【KSM】米国、トランプ氏が抗議デモするプロ市民たちを批判】の続きを読む

    Cwzj5DSUkAIripH
    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/10(木) 11:07:14.75 BE:811571704-2BP(2072)
    どっちが健全?

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161109-00514398-shincho-int
    ハーバードの学生がトランプ支持を表明できない事情

    ハーバードを卒業した白人男性は、「僕らは自分の意見を自由に表明することができない」という。
    ポリティカル・コレクトネスが行き過ぎた現在のアメリカでは、白人男性であることはむしろ「原罪」なのだ。
    努力して好成績を修めても、「優遇されてるからでしょ」と批判されることもあるという。
    下手に反論すれば「差別主義者」のレッテルを貼られてしまう。


    「自分が矢面に立って“人種差別主義者”のレッテルを貼られたら、この国ではまともに就職できないよ」

     とあきらめ顔。

     ケヴィンも酔った席での戯言を除いてオフィシャルにトランプ支持を表明することはない。

     ポリティカル・コレクトネスが何より重んじられるアメリカ。インテリ層がこれを間違うと大変なことになる。
    信用を失い、名誉を失い、将来を失う。

     トランプ支持を堂々と表明できる、粗野で素朴な南部の白人男性たちはよい。
    それを公表できない白人インテリ層のなかにこそ、ふつふつと不満が堆積していたのかもしれない。
    そして、溜りに溜まった鬱憤が、トランプ旋風に一役買ったのではないか。

    【【KSM】インテリ層が「トランプ支持」を公に出来ない米国。下手に反論すれば「差別主義者」のレッテルを貼られてしまう。】の続きを読む

    a332a341-s
    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/09(水) 16:03:33.79 _USER
    U.S. House of Representatives District 17 - Districtwide Results

    Mike Honda
    (Party Preference: DEM) 41,303
    41.8%

    Ro Khanna
    (Party Preference: DEM) 57,542
    58.2%

    http://vote.sos.ca.gov/returns/us-rep/district/17/

    【【KSM】速報 米国、マイク・ホンダ議員が落選】の続きを読む

    このページのトップヘ