真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    石油

    t_v8dirptk7q006rm0utd2

     国連安全保障理事会による9月の対北朝鮮制裁決議の後も、中国籍および北朝鮮籍とみられる船舶が黄海の公海上で石油などを密輸していたことが、米国の偵察衛星の写真により明らかになった。

     韓国・朝鮮日報26日付けによると、密輸取引は10月から約30回にわたるという。中朝間の密輸防止を見越していた米国による国連安保理の制裁決議案2375号だが、すでに形骸化が疑われている。同決議案では、北朝鮮へ輸入が禁じられている品目は、船から船への輸送「瀬取り」も禁止すると明記されている。

    以下は記事でご覧ください 
    http://www.epochtimes.jp/2017/12/30420.html#.WkS1igNN1-Y.twitter



    51Zy38K714L

    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/09(金)08:27:14
    http://business.newsln.jp/news/201612080000180000.html

    米パシフィックノースウェスト国立研究所(Pacific Northwest National Laboratory)は、
    一般家庭のトイレから排出される大量の人糞を処理することで石油を合成する新しいバイオ燃料生成法を開発したことを発表した。
    PNNLによる新しいバイオ燃料生成法は、人糞を3000psiと摂氏300度の高圧高温環境下に置くことで石油に変性させるというものとなる。
    石油は、地層内に体積した有機物が高温高圧の環境に晒されることにより、炭化水素へと変化した結果、
    できたものと考えられており、PNNLの手法はいわば、地球の自然環境で石油が生成される過程を実験室内(プラント)内で
    そのまま再現することで、人糞=有機物を石油=炭化水素へと変性させるというものとなる。

    PNNLではこの新しいバイオ燃料生成法をバイオ燃料大手のGenifuelに提供し、今後は、Genifuelがカナダのバンクーバー市
    と共同でこの手法を用いたより本格的な実験プラントを建造することで、実用試験に移行することを予定している。

    この手法の有効性が確認された場合、毎日家庭から排出される下水はエネルギー資源として再利用することが可能となり、
    より完全なリサイクル社会を構築に向けて、大きな前進を遂げることとなる



    【【KSM】ガチでウンコから石油を作り出すことに成功した模様wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ