真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    真実

    DTFH8SfVwAUlXva

    ネット上で反日・侮日をやっている連中は大きく分けて2系統。一つは日本共産党系と、もう一つは反日在日系。共産党員と反日在日には親近感があるようだ。そりゃそうだ。戦後、日本共産党員の7分の1は朝鮮人だったのだから。日本と日本人への恩は忘れても、偽の外国人登録をもらった恩義は忘れない?!


    200px-Kim_Chyon-hae

    金天海(キム チョンへ、きん てんかい 1899年5月10日 - 没年不明)は、在日朝鮮人の左翼活動家。在日本朝鮮人連盟最高顧問。日本共産党中央委員。本名は金鶴儀(キム ハギ、きん かくぎ)。 「天海」は僧名。大韓帝国(後の大韓民国)慶尚南道蔚山郡出身。日本大学中退。 金天海(1899年5月10日 - 没年不明) 在日朝鮮人の左翼活動家。在日本朝鮮人連盟最高顧問。日本共産党中央委員。

    金天海と日本共産党 - 日本近代史の歴史認識をまとめています


    91

    皆さんのご関心が大変高いようですので、今一度「モリカケ」の真実についてをご紹介申し上げます。報道の自由から、報道「しない」自由になっている昨今、これをご覧になったらどうか周りの方々に「正しい事実」をお広めください。

    B9z2cVvCQAA-c03

    安倍総理が 硫黄島の滑走路下に眠る英霊達に土下座したり、中韓以外の各国の空軍トップと一同に会したり、天皇陛下と年一回会食されたり、年に何回も東北の被災地を訪れている事を マスコミはほとんど報じない。 我々が真実を拡散しましょう。

    B7nnpytCMAASh4N

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/20(日) 08:19:35.39 _USER
    12314003_549443828543246_4986268803936032785_n
    一記者の見た朝日新聞社――徹底解剖 日本の大組織
    8/20(日) 7:00配信 文春オンライン

    慰安婦報道、原発「吉田調書」誤報と不祥事が相次ぐ大新聞。躓きの石はどこにあったのか? 取材、編集現場での実体験から語る(出典:文藝春秋SPECIAL 2016年 季刊秋号)

    ◆◆◆

     アメリカ人が就きたくない職業の筆頭は、新聞記者――経済誌「フォーブス」(日本版)の無料配信記事にそうあった。米求人情報サイト「キャリアキャスト」社の今年の調査結果だという。去年も記者が最低だった。展望がないというのだ。調査方法がもっと分かると良かったが、独り作業的職業が多いのは興味深い。

     実際、記者稼業は不人気度9位のタクシー運転手に似ている。客がいないか鵜の目鷹の目で視線を歩道に走らす運転手のように、記者もネタを探して歩く。遠く離れた行き先を言う上客が稀なように、上ネタも滅多にない。ただ、そんな運転手記者の目にも映る会社の風情というのもある。山本七平氏にあやかれば、以下は「私の中の朝日新聞」「一記者の見た朝日新聞社」「ある異常体験者の偏見」となろうか。割り引いてお読みいただきたい。
    一記者の見た朝日新聞社――徹底解剖 日本の大組織

    社内の空気を読んで捏造

     月刊誌「WiLL」9月号に、「週刊朝日」元編集長の川村二郎さんがこんな朝日体験を書かれていた(メディア時評「朝日新聞は『君が代』に謝罪しろ」)。「国旗・国歌法」ができる1999年のことだという。その頃、朝日には「日の丸」と「君が代」に反対する有名人の意見が来る日も来る日も載り、川村さんは社外の知人から「紙面の作り方がどうかしていませんか」と言われて、「グーの音も出ない」でいた。

     そんな或る日、「海外の大会で、『君が代』が始まると、席を立つ観客が多い」という、Y編集委員の署名記事が載った。その記事なら私も覚えている。川村さんは「あれって、本当かよ」とY編集委員に聞いた。海外でのスポーツ大会はテレビでよく見るのに、そんなシーンは見たことがなかったからだ。時評は、こう続く。

    「すると、こういう答えが返ってきた。『ウソですよ。だけど、今の社内の空気を考えたら、ああいうふうに書いておく方がいいんですよ』。あまりのことに、言葉を失った」


     編集委員は、朝日の顔である。

    「ショックだった」と川村さんは記す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170820-00003754-bunshun-soci

    2: KSM WORLD NEWS 2017/08/20(日) 08:20:31.59 _USER
    >>1
     Y編集委員の話に比べると救われるが、私にもこんなことがあった。リクルート事件を追っていた1988年、朝日が宮沢喜一蔵相にも未公開株が渡っていたと特報した。

     当時、私は「週刊朝日」編集部にいた(川村さんは副編集長の一人)。同僚が蔵相の緊急会見を取材し、誌面にねじこんだ。私は「それにしてもよく数えたな」と、同僚である後輩をねぎらった。会見で何を訊かれても、宮沢氏は「ノーコメント」で通し、その数13度に及んだと記事にあったからだ。

     彼は頭を掻いて照れた。「ウソに決まってんじゃないすか。死刑台の段数ですよ」「エッ、13回はウソ! 実際は?」「7、8回ですかねぇ」。鳥肌が立ちそうだった。

     その宮沢氏が首相となり、1992年1月に訪韓して盧泰愚(ノテウ)大統領との首脳会談に臨んだ。その直前、朝日は1面トップで、慰安施設に軍が関与していたことを示す資料が見つかったと伝えた。

     議題にはなかった慰安婦問題が急浮上し、韓国大統領府の発表によれば、首相は大統領に「反省」と「謝罪」を8回繰り返した。謝罪の回数を公表するとは心ないことをと思ったが、ひょっとすると大統領府は日本で話題を呼んだ、「週刊朝日」製の“13回のノーコメント”を参考にしたのかもしれない。いずれにしても、「13回」では宮沢氏に申し訳ないことをした。

    【【話題】朝日編集委員がねつ造記事の作り方を暴露『社内の空気を読んで捏造 』→朝日新聞に真実はない】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/18(金) 14:17:46.11 _USER
    svg

    志位和夫(日本共産党委員長)、及びその側近である穀田恵二(同国会対策委員長)、小池晃(同書記局長)らが、加計学園の問題をはじめ、国会中継で視聴者が顔をしかめるような汚い言葉を吐いているのは、どのような訳だろうか。
    自らが正しいと思うのならば、どんな言葉を浴びせてもいいのだろうか。
    彼らの根底にあるものは「暴力」そのものといっても過言ではない。
    日本共産党が内に隠しているその姿とは? 長年「共産党」を追い続けた元公安警察が真実を語る。

    1、混迷の日本

    あれから何年経っただろう。
    明治維新、第二次世界大戦、そして戦後の復興を経て、今現在、日本という国はまるでセミの抜け殻になってしまったかのようである。
    そんな今こそ、数々の国難を乗り越えてきたはずの日本人の原動力はどこにあったのか。
    そして何が日本を経済大国にし、何が日本民族を守ってきたのかを考えなければならない。

    その答えはあまりにも身近なところにある。
    しかし、その核心部分については最後に触れることにしょう。
    まずは、日本をダメにしようとしている巨大組織について明確に示す。

    ■精神至上主義を捨てさせられた日本人

    日本がノーベル賞自然科学部門で米国に次ぐ第二位の受賞者数を誇ることは、周知の通りである。
    日本は戦前戦中の精神至上主義から、足場を科学という世界に置き代えた。
    それが今日の発展をもたらしたことは論を待たない。
    だが、人文科学、自然科学、社会科学というそれぞれの分野において、日本という国における「社会科学」の貧困を感じるのは筆者1人ではあるまい。
    仮にその他の科学やテクノロジーが発達したとしても、それが社会全体の進化と豊かさにつながっていなくては何もならない。

    そもそも社会科学とは、「自然と対比された社会についての科学的な認識活動およびその活動によって生み出された知識の体系である。
    人間の社会の様々な面を科学的に探求する学術分野の総体」である。
    そのような観点から、疑問に思うことがある。
    今日の混迷した国会のあり様、そして国ぶりに鑑みるに、本当に「社会科学」が真摯に探求されているのだろうか、という疑問である。

    ■共産主義の野望

    ズバリ我々日本人は「共産党(共産主義)」のことを知らなすぎる。
    それこそが、現在の日本の衰退を招いていることに気がつかなければならない。
    資本主義社会の矛盾を科学的に追求するとして「科学的社会主義」を党是としている日本共産党だが、その実態は「科学」ではなく「暴力」で社会主義社会を実現しようとしているのだ。

    しかし、それを隠すために「科学」という言葉を使っている。
    こうした言葉のすり替えにより、彼らがその凶暴な姿を隠蔽していることに気が付かなければならない。
    「暴力」を「科学」だと言って憚らぬ政党が、暴力的体質を隠したまま存続しているのが日本という国家なのだ。
    詳しく説明していこう。

    ■巧妙なすり替えと共産主義の歴史

    日本共産党は1922(大正11)年に「共産主義インターナショナル」(通称コミンテルン)日本支部として結成された。
    これは、ロシア革命を成功させた後、「世界同時革命」を計画していたトロツキーらによって「革命の輸出」としてもたらされたものだった。
    もちろん、基本理念は旧ソ連と同じく、共産主義革命に反対する者すべてを「人民の敵」「反動勢力」とみなして弾圧するという「プロレタリアート独裁・暴力革命論・階級国家観」の“3理念”を掲げたものだった。

    これは共産党を否定する者すべてを排除する「共産党独裁」を意味するもので、旧ソ連で聖職者や非共産主義者が差別、強制労働、投獄、殺害等、あらゆる残虐方法で抹殺された事実を考えればその恐ろしさがわかるはずだ。
    だが、当時の貧しい日本人にはこの理念が響いてしまった。
    意外にも共産党が36議席を取るなど国民の支持を得たのである。

    これについて当時のアメリカは、社会実験として日本でどのように共産主義が根付くかをモニタリングしていた立場から、大変興味深く日本をみていたという。
    そして1951(昭和26)年、日本共産党は「日本の解放と民主的変革を、平和の手段によって達成しうると考えるのはまちがいである」とする「51年綱領」が決定され、「われわれは、武装の準備と行動を開始しなければならない」と暴力を全面肯定する方針を打ち立てる。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14176_entry.html

    ※続きます

    2: KSM WORLD NEWS 2017/08/18(金) 14:18:26.47 _USER
    ※続きです

    続く1952(昭和27)年、共産党による大規模かく乱騒動「血のメーデー」「吹田事件」「新宿駅事件」「大須騒擾事件」と続き、勢いをつけるかのようにみられたが、多数の死者を出すなどして国民から反感を買い、大幅に議席を減らす。
    そして1958年、立場が危うくなった共産党は方針転換を行うことを決断。
    しかし、方向転換は表向きだけで、腹の内は違った。
    「まだ革命の時期ではない。だから、ここは国民の支持を得るために本性を隠しておこう」そう考えていたのだ。

    ここで誕生したのがかの有名な「微笑戦術」である。
    耳障りのいいことだけを国民に伝えて騙し、その裏では暴力による革命を推し進める戦法だ。
    共産党はこれまでとうって変わって「暴力」「独裁」「革命」など奇抜なワードの使用を控えてクリーンなイメージを強く推し出し、今に至る。
    しかし、暴力革命・プロレタリアート独裁といった「3つの基本理念」は崩していない。
    2015年、共産党は自民党政権の打倒のため、民主党(当時)、維新の党(当時)、社民党、生活の党(当時)と連立するという「連立政権構想」を掲げたが、これについて公安調査庁は「55 年前 の政府構想の焼き直し」と評し、「革命政党」であることに変わりはないとしている。
    いまだ日本共産党は「流血を伴う暴力革命」を計画しているのだ。

    ■純粋な共産党が残った最後の国「日本」

    旧ソ連や中国をみればわかるとおり、共産主義国家は結局のところ社会主義国や独裁国家にしかなれずに終焉し、資本主義へと向かっている。
    つまり共産主義は世界の誰もが認める“終わった思想“なのだ。
    にもかかわらずいまだ純粋な共産党が国政に影響を与える最後の国――それが日本なのだ。
    当然、かつては一番進んだ社会科学と言われた。
    だが、当初から社会の上層部と下層部をひっくり返しただけ、と喝破したバートランド・ラッセルなどもいる。
    結局はそういうことだったのだ。

    ■一神教の「共産主義」が多神教の「日本」を潰しにかかっている

    日本に残った共産主義はもはや地球最後の「共産主義一神教」といってもいいだろう。
    ここで忘れてはいけないのが、西洋文明の究極の教義が「一神教」にあることである。
    その「一神教」が「多神教」国家である日本とぶつかっているのだ。
    石原莞爾が『最終戦論』で予言した中身がそこにあるとしたら。
    すなわち、「一神教」と「多神教」の戦いが、最後の最後に起こるということである。
    そこに天皇家が関心を持たないはずがない。
    特に皇后陛下である。
    共産党が政権を取ることの危険を結婚前から皇后陛下は知っていたといわれている。

    共産主義の主張は、旧来の支配体制をひっくり返すことにある。
    そう、彼らの目的は最終的に天皇制を転覆させることにある。
    象徴天皇にもかかわらず、「天皇が支配の側にいる」という大いなる勘違いの元に、転覆を試みているのだ。

    ■フリーメイソンも絡む、西洋文明の押し付け

    その流れは実は明治以降から始まり、大正期以降より顕著になった。
    カール・マルクスがフリーメイソンだったことや、ロシア革命の裏にメイソンの工作があったことは常識として認識されている話だが、共産党の活動家として日本共産党スパイ査問事件などで殺人の罪にも問われた男・宮本顕治を裏で支えたのは同じくメイソンであるダグラス・マッカーサー率いるGHQである。
    また、徳田球一や志賀義雄など戦後の日本共産党幹部を府中刑務所から釈放したのもGHQ。
    西洋文化である「共産主義」は、東洋文明のエッセンスを踏みにじろうと、今に至るまで画策しているのだ。
    東洋文明を踏みにじるために共産党は日本の政治をかく乱し、自民党はすっかり「言葉のすり替え」という彼らの作戦に翻弄されている。
    そうした詐術により、何食わぬ顔で国政に入り込んでいくのがコミンテルンのやり方である。

    考えてもみてほしい。
    天皇は本当に日本を支配しようとしているのだろうか。
    天皇家は、自分達が生き残るため旧来体制の維持に躍起になっているのだろうか。
    それはありえない。
    日本国憲法第一条に「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」とある。
    つまり、そもそも支配とは無縁の立場にあるのである。
    今上天皇自らも82歳の誕生日において、全ての活動は世界の平和のためであり、痛ましい戦争は認めないと言っている。

    しかし、戦争も暴力も未だ放棄していない存在。
    それが日本共産党である。
    『最終戦論』の意味はそこにある。

    ※以上です


    【KSM】日本共産党 ~隠された革命路線~ 国民連合政府構想を実現させてはいけない理由... 投稿者 ksm11 【【元公安が暴露】共産主義が日本を崩壊させる 民族の生死を分ける真実の陰謀話[08/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ