真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    目的

    abe13729

    藤田幸久「共謀罪も安保も憲法改正の目的の為だったのか!」 安倍総理「それは全く違います」 小川勝也「何がおかしいんだよ!」 安倍総理「あまりにも的外れだから苦笑を禁じ得ないんです」 長男が逮捕されようが相変わらず野次で答弁妨害する小川。 大人しく真摯に仕事出来ないの? キャプチャ-50

    20180307123753

    a0f54efecbbee0fbfeb0b9f46f36c455
    【藤田幸久「共謀罪も安保も憲法改正の目的の為だったのか!」→安倍総理「あまりにも的外れだから苦笑を禁じ得ない」】の続きを読む

    7cbaa867

    丸山穂高「コンビニ業界が外国人技能実習生制度を受入れたいという記事が出たがコンビニの排出を技術と言い出すと歯止めがなくなり本来の目的である国際貢献から逸脱する。6年で1.5万人が失踪してるのにまだ広めることを危惧してる」 失踪してる人数の多さに驚愕… 対策しないといけませんね

    XCd4xraj

    見事にブーメランを被弾した玉木氏は自身の慶弔費支出について「政党支部の活動」とコメントしたが、これでは茂木氏の釈明と選ぶところがない。
    玉木氏は2日に予定していた記者会見を「会見するほどの事態ではない」(周辺)として取りやめた。単にバツが悪かっただけではないか。 

    先月29日の衆院予算委員会で茂木氏に質問した
    希望の党の大西健介選対委員長も、関連団体による香典支出が発覚した。事務所は「確認中」としている。 

    元民進党代表でもある立憲民主党の蓮舫参院国対委員長も今月1日の参院予算委員会で「線香をタダで配る、政治活動の目的を教えてください」「線香を配ると党勢が拡大するのか」と茂木氏に迫った。ところが、立憲民主党の近藤昭一副代表や風間直樹参院議員が政党支部や関連団体の収支報告書に線香代を記載していたことが判明し、きれいにブーメランが決まった。両氏の事務所に配布の有無などを尋ねる質問状を送ったが、2日夜の時点で返答はない。 

    DNI8KLWUMAA4s-f

    立民・青山&初鹿のセクハラ疑惑を受け 福山哲郎【性暴力根絶を求めるわが党で、、遺憾だ】
    ダウンロード (1)
    西川「根絶でこの処分?いい加減なもんだな」 今田「根絶する気ないだろ」
    【有馬によると(政党交付金を目的に)青山は今年12月復帰する可能性が】 今「こいつ(青山)めっちゃむかつく。腹立つわあ」←wa

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/30(月) 22:14:25.90 _USER
    531443_pcl

    今年2月にマレーシア・クアラルンプールの空港で暗殺された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の息子、 キム・ハンソル氏を暗殺するために中国・北京に派遣されていた北朝鮮の工作員グループが、 中国の公安当局に逮捕されたことが分かった。

    中央日報が30日、報じた。ハンソル氏は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長のおいに当たる。

    同紙は北朝鮮消息筋の話として「北朝鮮の偵察総局所属の特殊工作員らがハンソル氏を除去する目的で中国に侵入したが、メンバーの一部が先週、中国の国家安全部に逮捕され、現在は北京郊外の特殊施設で極秘に取り調べが行われている」と伝えた。

    今回逮捕されたのは北朝鮮偵察総局の工作員7人だという。工作員らは支援組、行動組、遮断組に分かれ、ハンソル氏の居場所の把握、接近ルート準備などを行っていたが、このうち2人が捕まったことで暗殺計画が明るみに出たという。

    中央日報によると、中国の公安当局は今月18-24日に行われた中国共産党第19回全国代表大会に合わせて中国国内の工作活動を集中監視しており、 この過程で暗殺計画をつかんだことが分かった。

    20171006-00010006-houdouk-000-2-view

    ハンソル氏は以前はマカオに滞在していたが、父の正男氏が殺害された直後、身の危険を感じて母親のキム・ヘギョン氏、妹のソルヒ氏と共に別の場所に身を隠した。

    このとき、ハンソル氏らを保護しているとされる組織「天里馬民防衛」は「金正男氏の家族に会って安全な場所に直接連れて行った」と明らかにし、 米国・中国・オランダの各政府の支援に対し感謝の意を伝えた。

    ハンソル氏はこれまで金正恩氏に対して批判的な立場を示してきた。 ボスニアのインターナショナルスクールUWCに在学中だった2012年には、フィンランドのテレビ局とのインタビューで 「金正恩氏がどのようにして独裁者になったのか知らない」と答えている。

    このため金正恩氏が、権力維持の障害になりそうな正男氏だけでなく息子のハンソル氏まで殺害しようとしていたのではないかとの見方が出ている。 西欧メディアは、金正恩政権に不測の事態が発生すればハンソル氏が代わりの勢力となり得ると分析しており、 こうした見方も金正恩氏の心情を逆なでした可能性がある。

    北朝鮮がなぜ中国にハンソル氏の暗殺グループを派遣したのかは分かっていない。 一部にはハンソル氏が西欧に亡命したとの見方もあるが、実際には中国当局が保護しており北朝鮮がこれに気づいて工作員を派遣したとの分析も示されている。

    北朝鮮の消息筋は中央日報に対し「今年3月以降、ハンソル氏の行方が分かっていないのは、中国当局が徹底的に管理しているからだろう。 天里馬民防衛などの主張は、隠蔽のためのカモフラージュの可能性も考えられる」との見方を示した。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/30/2017103003858.html

    【【国際】 金正男の息子、キム・ハンソル氏暗殺目的の北朝鮮特殊工作員7人、北京で逮捕 】の続きを読む

    このページのトップヘ