真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    発射

    DSv24INU8AEVTHS

    台湾と香港のメディア全て報じたが、北朝鮮昨年核実験失敗、火星12を発射したら1分すぐ自爆で、人口20万の徳川市に墜落、衛星による建築の様子が変わった、例え死傷が悲惨であっても、勿論情報が封鎖されたの。北の自業自得とは言え、日本は放射能漏れの恐れも免れないよ、正に悪隣ばかりだよ

    DSv24IMUMAIzYBd
    DSv24IMV4AAyaAm



    15-06-26-04

    北朝鮮がICBMを発射し、いよいよ米朝戦争が近づいてきた。
    日本でも東北に次々と北朝鮮の木造船が漂着。謎と恐怖が高まっている。 にもかかわらず、我が国の野党は、総理の冤罪ばかりを問題し、テレビは力士の暴力事件ばかり。 この国はもうダメかもしれない…

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 10:59:33.55 _USER9
    img_0

    北、米韓演習中に核実験・ICBM発射か
    2017年10月17日 10:23
    http://www.news24.jp/articles/2017/10/17/10375235.html

     アメリカのCNNテレビは16日、北朝鮮当局者が、核実験やICBM(=大陸間弾道ミサイル)の発射実験を、現在、行われている米韓合同軍事演習中などに行う可能性があると表明したと報じた。

     CNNによると北朝鮮当局者は、ICBMを完成させるためには、地上での核実験とグアムを越える飛距離のミサイル発射実験が必要だと主張。

     このうち1つ、もしくは両方の実験を、現在、行われている米韓合同軍事演習中か、来月5日から予定されているトランプ大統領のアジア歴訪のタイミングに合わせて行う可能性があると表明したという。

     また、この当局者はアメリカとの対話を排除してはいないものの「外交に入る前にトランプ政権に対し、アメリカの侵攻に対抗する確固たる防衛・攻撃能力を持っていると明確なメッセージを送りたい」と強調したという。

    【【北朝鮮】北、米韓演習中に核実験・ICBM発射か[10/17] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/07(木) 07:20:03.37 BE:902666507-2BP(1500)
    104042628

    対北圧力牽制か 中国高官「次は東京上空越えるミサイルも」 8月に日本の国会議員団に伝達
    http://www.sankei.com/smp/politics/news/170907/plt1709070003-s1.html

    中国の孔鉉佑・朝鮮半島問題特別代表兼外務次官補が8月30日、日本の超党派の国会議員団と北京で会談した際、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「次は東京の上空を越える発射を行うシナリオも考えられる」と発言していたことが分かった。

     会談したのは、自民、民進、公明各党議員による「日中次世代交流委員会第5次訪中団」(団長・遠山清彦衆院議員=公明)で、約1時間会談した。孔氏は北朝鮮情勢について「危機的な状況でも対話を試みる価値はある。さもなければブレーキが利かず、エスカレートするだけだ」と強調し、「東京上空通過」に言及した。

     同時に「そうならないように対応したい」とも語り、北朝鮮に対し国連安全保障理事会決議の順守を求めていることも説明した。

     遠山氏らが北朝鮮への圧力を強めるよう求めると、孔氏は「圧力の強化に賛成だ」とも語ったという。同席者によると、「『東京上空通過』はあくまで選択肢の一つとしてあり得るとの趣旨だった」と語った。

    【北朝鮮の弾道ミサイル、次は東京上空通過コースで発射へ 日本を牽制】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/29(火) 09:34:38.88 _USER9
    kono-taro

     北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、河野太郎外相は29日午前、外務省で記者団に対し
    「米国、韓国と連携して国連安全保障理事会の緊急会合を申し入れる」と明らかにした。

    河野氏は「我が国に対する危機が相当強くなってきている」と強調。
    「北朝鮮に対して圧力をかけ続けていく」との方針を改めて述べた。

    記者団が北朝鮮が砲撃を予告していたグアム周辺ではなく、北海道周辺に撃った狙いについてただすと、 「(グアム方向の)南に向けて打てば、今まで(北朝鮮が)それなりの挑発をし、
     米国がそれに対して対応をとってきたことを考えれば、北朝鮮がそれに少しひるんだということではあるのだろう」と分析した。

     (※詳細・全文は引用元へ→ 朝日新聞 17年8月29日08時45分)
    http://www.asahi.com/articles/ASK8Y2HG2K8YUTFK001.html



    【【北ミサイル】グアム以外の方向へ発射 「北朝鮮は少しひるんだか」と河野外相 北朝鮮に対し圧力をかけ続けていくとの方針】の続きを読む

    このページのトップヘ