真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 10:32:37.11 _USER9
    img_news
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000004-cnippou-kr


    第72回国連総会での一般討論演説のため北朝鮮の李容浩(イ・ヨンホ)外相が20日(現地時間)、 米国に入国した。トランプ米大統領の「完全破壊」演説に関する取材陣の質問に対し、空港では 沈黙を守ってきた李外相は宿舎に到着すると「犬がほえる声」とし「我々を驚かせようとしたのであればまさに無駄なことだ」と激しく非難した。

    李外相はこの日午後、ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に到着した。国連の慈成男
    (チャ・ソンナム)北朝鮮大使の案内で入国フロアではなく出国フロアに入ってきた李外相は 「北朝鮮を完全破壊することができるというトランプ大統領の演説をどう思うか」「国連総会の演説でどんなメッセージを伝える計画か」などの取材陣に質問に一切答えず空港を抜けた。 国連北朝鮮代表部は空港側に警護を要請するなど取材陣が集まることに敏感に対応した。

    ニューヨーク・マンハッタンのホテルに到着した李外相は空港を通過する時とは違い、トランプ大統領に向けた強硬なメッセージを出した。李外相はトランプ大統領の「完全破壊」 発言について「犬はほえても行列は続く」という北朝鮮のことわざを引用し、「犬がほえて我々を驚かそうとしたのならそれは犬の夢にすぎない」と主張した。

    またトランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)委員長を「ロケットマン」と呼んだことについて、李外相は「彼の下で仕事をする補佐官がかわいそうだ」と話した。厳重な米国当局の警護の中でJFK空港を出る時の沈黙とは違い、トランプ大統領を犬に例えて強く非難したのだ。

    北朝鮮外相は2014年から毎年、国連総会で一般討論演説をしている。2014、15年には前任者の李洙ヨン(イ・スヨン)現労働党国際担当副委員長が演説を担当し、昨年は李容浩外相が演説をした。22日に予定された演説で、李外相は今回も国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議案採択を批判し、北朝鮮の核武装の必要性と核能力を強調すると予想される。

    李外相は22日の演説に続き、23日にはグレーテス国連事務総長と会談するとい。このほかにもニューヨーク滞在中に公開的な外部日程でなく第3世界の国々との非公開接触に注力するとみられる。李外相が22日に開かれる開発途上国連合体「77カ国グループ(G77)年次閣僚会議」にも出席する 可能性があるという見方が出ている。

    18: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 10:36:35.74
    FOXニュースにもキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!


    北朝鮮が10代の女の子を性奴隷化してたのはガチだった

    https://twitter.com/foxnews/status/910588654673960963




    イノキやバスケマンぜったいガキとセックスしにいっただろw

    【【国連演説】トランプ米大統領の「完全破壊」発言に対し北朝鮮、「犬が吠える声。我々を驚かせようとしたのならそれは犬の夢に過ぎない」】の続きを読む


    7e69bd40


     犬は人間の友である。いつだって無償の愛と全力の忠誠心を見せてくれる。

     そして不運にも最愛の飼い主に先立たれてしまった犬たちは、胸を締め付けられるような予想外の行動をとる時がある。

     今年2月の初旬、マレーシアのトレンガヌ州にて、高齢のためにこの世を去った女性がいた。彼女には最愛の犬がいた。その犬の名はボビーという。


    故人の棺を積んだ車をひたすら追いかけるもの

     その日、故人となった高齢女性の自宅でしめやかに行われていた葬儀は、埋葬のため墓地に移動するところまで進んだ。

     参列者たちは車に乗り込み、約3.2キロ先にある墓地に向かうことになった。

     長寿だった故人には孫やひ孫もいた。その中の一人であるレオンさんも曾祖母との思い出に浸りながら車に揺られていたが、ふと外に何かの気配を感じ窓に目を向けた瞬間、言葉を失った。

     そこにはひたすら路上を走っているボビーの姿があったのだ。




    ソース: http://karapaia.com/archives/52236065.html

     いてもたってもいられなくなったボビーは家を飛び出し、彼女の棺が乗った車を追いかけているのだ。
     ボビーの思いがけない行動はレオンさんや遺族にとって胸が張り裂けそうになるほど切ない光景だった。


    42c61c82


    image credit:facebook

     ボビーはなぜこの車に故人が乗っていることがわかったのだろう?この車で移動することを知らせていた人がいたかどうかはわからない。

     だが、彼には確信があったようだ。他の車には目もくれず、この車を追いかけてきた。
     更にその先のことも見通しているようだった。


    墓地付近まで来た参列者とボビー
    6d532bb7


    image credit:facebook


    最愛の飼い主の埋葬場所から離れないボビー

     墓地に到着したボビーは、誰に指示されるでもなく故人が埋葬される穴のそばに横たわり、
     そのまま動こうとはしなかった。


    00e424cf


    image credit:facebook

     誰かが気を引くと少し寄ってくるが、結局そこに戻ってしまうのだ。



     棺が車から降ろされた。棺の埋葬作業が行われる。

     ボビーはその間、落胆した様子でじっと見続けていた。
    3a1bc6a8

    image credit:facebook

    列席者も思わず涙。ボビーの悲しみを癒そうとする遺族

     こうしたボビーの行動は、故人を悼む列席者の心を強く揺さぶった。
     こんなに忠義な犬の姿は見たことがない、という声も聞こえた。


    805f6496



    image credit:facebook

     この一連の出来事が、ボビーの悲しみを癒すのに役立つかどうかは誰にもわからない。
     だが、埋葬を一部始終見届けた彼は、彼女がもう二度と帰らぬ人になったということを理解しただろう。そうでなければ悲しすぎる。


     現在ボビーは故人の息子たちにお世話されていて、孤独のまま悲しみに暮れる心配はないという。レオンを含めた遺族の人々はボビーの悲しみが少しでも和らぐことを心から願っているのだ。

    via:thedodostompfacebook・translated D/ edited by parumo

    1: KSM WORLD NEWS 2017/02/16(木) 09:56:46.43 _USER
    ■ 60代の運転手、70代のタクシー運転手立件
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    dog2-3

    キム某氏(64歳)は去る7日の午後1時7分頃、乗用車を運転して慶南(キョンナム)昌寧郡
    (チャンニョングン)高岩面(コアムミョン)牛川里(ウチョンリ)の某カペ(カフェ)の前を通る際、 道路に急に飛び出した生後7ヶ月の珍島犬を避けられずに撥ねてしまった。しかし彼は、 何の措置も取らずにこの場を離れた。事故の後、この場所を通ったタクシー運転手の
    チョ某氏(73歳)は死んでいる犬を発見、タクシーに乗せて行った。


    珍島犬の飼い主のパク某さんは、「飼っている犬が居なくなった」と警察に届けた。警察は
    パクさんの近所と沿道の監視カメラを分析して、事故を起こしたキム氏と犬の死体を持って
    行ったチョ氏を立件した。

    警察は15日、「キム氏は道路交通法の“事故後未措置”の容疑を受けている」と話した。犬を
    繋いでいなかったので、キム氏が申告をしていれば何の問題なもく事故を処理出来た。
    ところがそのまま現場を離れたため、人を撥ねて逃げる『ひき逃げ』によく似た法律違反を
    してしまったのである。キム氏は珍島犬を撥ねた過程で乗用車の前バンパーが壊れ、
    約57万ウォンの修理費も実費で負担した事が分かった。

    警察はチョ氏の容疑に対しては、「飼い犬が死んだとしても、勝手に持って行くのは刑法の
    “占有離脱物横領罪”に該当する」と話した。チョ氏はこの珍島犬で犬焼酎(ケソジュ)を作って 食べた事が分かった。警察は、「車道で動物を撥ねて現場を離れた運転手と、死んだ動物の
    死体で食べ物を作って食べた者を立件するのは非常に異例だ」と明らかにした。


    ソース:NAVER/朝鮮日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=023&aid=0003255340

    呆れた哀れな隣人・韓国 (WAC BUNKO 248)
    呉善花 加瀬英明
    ワック
    2016-12-24


    【【韓国】前の車が犬をひき逃げ・・・後から来たタクシーが死んだ犬を持ち去り食べる[02/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ