警察官が道路でATMを弄ってた2人の中国人に職務質問をした。
素早く一人は民家の庭に逃げて抵抗した、灯籠の3kのコンクリートで警官が突然襲われそうになり、
拳銃をこの不法滞在者の中国人へ発砲し死亡させた事件だ。


この早口で最後火病を起こす安田浩一氏はこの裁判の事件である「外国人研修生殺人事件」を書いた著者だ。

栃木県警巡査の中国人犯罪者に対する発砲を支持する抗議行動!に一人で出向く安田浩一氏


演説中にマスコミの奴隷になるな、俺の本の読めとばかりに、ステマ宣伝なのか演技なのか?怒りをぶちまける。

ATMは中国人は壊してない。壊してないと詰め寄る。瀬戸氏は警官が周辺のもう一台のATM機が壊されて警報が鳴ったので駆けつけているという。

ここのポイントが重要なのに、してないしてないと落ち着きの無い返答をする安田

後日私はGoogleのストリートビューからここは交番から十字路をはさみJAのATMが見て取れる距離にあり、安田氏の言うとおり不審尋問から始まった事件であると確認したが、ここはこの事件の警察の過失致死罪の立証とはまったく関係ない。

しかし、警察の過失致死罪の立証では無罪でも、遺族の賠償金請求では裁判官の微妙な金額の差になるとおもう。安田の狙いは中国人一家の賠償請求金の釣り上げであることは間違いない。

不法就労者だけの問題にするな、安田はマニアックな取材を十二分にしている俺が詳しい。とにかくおまえら余計な事を言うな黙れという態度が見て取れる。

また、この著書で安田氏は死亡した中国人は元中国人民解放海軍の兵隊であった事を何故か隠している。

元軍隊で格闘技を心得ている者が突然大きい石を持って殴りかかってきたら身の危険を感じ普通発砲するのではないのか?

中国の四川で取材したのにもかかわらず。何故だろうか?

https://www.youtube.com/watch?v=u6VFNWH8xcE から