真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    河野太郎

    plt17122122110023-p1

    【受入れられず】慰安婦問題の日韓合意について、韓国政府が「心からの謝罪」を求める新方針発表について、河野太郎外務大臣「日韓合意は国と国との約束で政権が変わったからと言って、実現されないことはあってはならないというのは国際的かつ普遍的な原則だ。実行しないのは全く受け入れられない」

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/20(水)11:59:55 ID:???
    10000000000000041023_20170808111303004512_P170805000218a

     河野太郎外相は19日の記者会見で、中国の王毅外相の外国訪問の件数が日本の外相の約3倍に達している現状に危機感をあらわにした。
    「中国外相には国会対応がなく、大きな差がある。差をどう埋めるか真剣に考える時期だ」と述べ、中国の外交攻勢に対抗するには外相専用機の導入が必要だと改めて訴えた。

     河野氏によると、平成25年1月からの約5年間で、河野氏と岸田文雄前外相の訪問国数が延べ97カ国なのに対し、王毅氏は延べ262カ国に上る。「日程変更はたびたびある。全て民間機を使うのは国益を考えるとハンディキャップが大きい」と述べた。


    (以下略)

    産経web/2017.12.19 18:57
    http://www.sankei.com/politics/amp/171219/plt1712190041-a.html?__twitter_impression=true

    【【政治】河野太郎外相「ハンディキャップ大きい」 日本の3倍、中国外交攻勢に危機感示し外相専用機導入訴え [H29/12/20]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/17(金)16:26:08 ID:???
    20170804-00000002-wordleaf-071687a7423d540ea989031384d7071c6
     
     産経新聞によると、河野太郎外務大臣は17日の閣議後の記者会見で、日経新聞が17日付の朝刊でユネスコに支払いを留保している分担金を、「政府は支払う手続きに入る」と報道したことについて、「完全な誤報。日本政府として分担金支払いは決めていない」と否定したという。

     河野氏はさらに、「ユネスコ改革は後押ししていきたいが、日本として、きちんとやるべきことをやってくれなければ、分担金支払いを止めることも含め対応しないといけないという状況に何ら変わりはない」と述べた。。


     詳細と続きは産経新聞で。


    >河野太郎外相「完全な誤報」 日経のユネスコ分担金拠出報道を否定
    2017.11.17 11:16 産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/171117/plt1711170014-n1.html

    【【政治】河野太郎外相「完全な誤報」 日経のユネスコ分担金拠出報道を否定 [H29/11/17]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/11(土)11:02:22 ID:???
    news_20151008180405-thumb-645xauto-73923

     河野太郎外相は10日、中国の習近平国家主席が9日のトランプ米大統領との共同記者発表で「太平洋には中国と米国を受け入れる十分な空間がある」と発言したことについて「中国は太平洋と接していない」と不快感を示した。BS朝日の番組収録で述べた。

     習氏の発言は、太平洋の東を米国、西を中国が管理し、太平洋を米中で二分しようとする中国側の膨張政策を念頭に置いたものとみられる。

    (中略)

     河野氏はこうしたことを念頭に「太平洋と接しているのは日本だ。米中で太平洋をうんぬんということにはならない」と中国を牽制(けんせい)した。


    産経web/2017.11.10 22:17
    http://www.sankei.com/politics/news/171110/plt1711100036-n1.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 77◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509427909/

    【【産経web】河野太郎外相、習近平主席の「米中で太平洋二分」発言に不快感「中国は太平洋と接していない」[H29/11/11]】の続きを読む

    news_20151008180405-thumb-645xauto-73923

    河野太郎「平和安全法制が成立したお陰で、今日本周辺で日本を守る為に旋回をしてる米軍に対して、きちんと普段から様々な補給支援活動が出来るようになった。野党は反対だ!と言い続けた。もしこの法律が無かったら日米同盟は今の様にスムーズに機能せず、米軍と自衛隊の機能が上手くまわらなかった」

    このページのトップヘ