真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    沖縄

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/19(日) 08:43:59.44 _USER9
    20150922045907ppo@

    国連演説の翁長知事を提訴へ 沖縄の有志 資格外で「公費返還を」
    2017.11.19 07:42
    http://www.sankei.com/politics/news/171119/plt1711190004-n1.html

     翁長雄志(おなが・たけし)沖縄県知事が平成27年9月にスイス・ジュネーブの国連人権理事会で、参加資格がない「県知事」の立場で演説を行いながら公務扱いとしたのは不当だとして、県民有志でつくる「沖縄県政の刷新を求める会」(江崎孝代表)のメンバー5人が21日、翁長氏を那覇地裁に提訴することが分かった。公費から支出された約96万円(渡航・宿泊費、日当など)の県への返還を求める。

     国連人権理演説で翁長氏は、沖縄に米軍基地が集中する現状を強調し「(沖縄の)人々は自己決定権や人権をないがしろにされている」などと述べ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設阻止への決意を示した。

     外務省によると日本の首長が国連人権理で演説するのは初めてだが、翁長氏には演説の資格がなかった。演説が認められるのは(1)非理事国政府代表者(2)国際機関代表者(3)国連経済社会理事会に認められた協議資格を有するNGO-の3者に限定されているためだという。

     翁長氏は(3)に当たり、沖縄県民を先住民に認定させる運動を展開するNGO「市民外交センター」(代表・上村英明恵泉女学園大教授)から発言枠を譲り受けた。原告団関係者は「費用はNGOが負担するか個人で賄うべきだった」と指摘した。

     産経新聞が8月に県に公文書公開請求したところ、同行した知事秘書と通訳の経費も公費から計約131万円支出されていた。原告団は今後、これらの返還も求めていく方針だ。

    【【沖縄】国連演説の翁長知事を提訴へ 沖縄の有志 資格外で「公費返還を」 】の続きを読む

    maxresdefault
    手登根安則氏 2015年10月8日

    会話が出来ない残念な人たちがいます。
    すぐ近くにいる私とすら会話を拒否し
    大勢で取り囲み
    突き飛ばし
    罵声を浴びせかける。
    それを沖縄のメディアは、平和運動ともてはやす。
    この画像のような事実は決して報道されることはない。
    しかし、自ら求めればいくらでも見つけることができる。
    それをどう生かすかは、自分自身にかかっている。


    ▼自分の行動理由について「なぜ?」と自問自答しない人々、自分の理解を深めていこうとしない左翼の人々が、
    反日に染まり、人間性を失い、やがて言語的思考力も失って妖怪化していくのでしょうね。

    ▼一方で、沖縄にも保守団体があり、彼ら沖縄保守派も頑張っています。
    <沖縄保守団体の例>
    ・沖縄対策本部
    ・チーム沖縄
    ・沖縄の自由を守る会
    ・保守系市長の会
    などなど。一度、検索してみることをお勧めします。

    ksm

    KSM WORLD NEWSの スカイプ TEAM KSMでの私の発言

    ★ここでの最低限の決まり★絶対に他者の提案について非難、批判しないでください。私が放送に採用するか、ブログに掲載するかどうかは決めます。ブレインストーミング的な方法で自由な提案を行う場です。最終的にすべての保守勢力を結び付けるのが私の役割です。楽しくやるにはこれが一番大切です。多くの保守系の団体がメディアや反対勢力により分断工作を行われていますので、今までの自分の常識を疑ってみてください。おそらくその情報は何らかの改ざんがされています。

    ~ 例としては、ちょうど沖縄の話が出てきたのですが沖縄のてどこんさんのサヨクが発信した情報は超デタラメです。同じようにチーム沖縄の情報もデタラメです。我那覇さんや依田さんのの情報も捏造されている。分断工作の陰謀により「両方が仲が悪い」とか超デタラメな情報が流れていることをご存知の方も多いと思います。「情報ソースはデタラメであるので今までの考えを再検証する」「自分でしっかりと真実を把握する」ことが第一歩です。例えば桜井さんとチャンネル桜、「どっちの主張も日本のためになるのであればどっちも正しい。だからどっちも応援する」こういうスタンスで行きたいと思います。

    一番最悪なのはサヨク・メディアのデタラメ情報を保守側が信じる。そして、左翼の陰謀で保守が保守を分断させることです。全部嘘だと思って、真実はなにかは自分で検証していきましょう。

    一番だめなのは信じてはいけない情報をもとに考え、行動することです。出発点は「今まで聞いた情報は全部デタラメである。」だから自分で考え、正確な情報をもとに意見交換することが必要になります。

    また、「好き嫌いの感情論を持ち込まない」ことが大切です。これは余計なゴミです。ゴミはゴミ箱へ。「今の日本にとって何が一番大切なのかを第一に考えてください」冷静に真実を見つけ、適切に情報発信していくことが一番大切だと思います。

    何かの参考になったら幸いです^^

    THE TRUTH IS OUT THERE

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月)09:20:57 ID:???
    ryukyu

    ◎記事元ソース名/<社説>県内に日本版海兵隊 負担の固定化認めない


     政府は、沖縄の基地負担軽減を真剣に目指してなどいない。そのことが改めて明らかになった。強く抗議する。

     防衛省・自衛隊が来年3月に新設される陸上自衛隊の「水陸機動団」を、米軍キャンプ・ハンセンにも配備する方向で検討している。

     2020年代前半に在沖米海兵隊約8千人がグアムなど日本国外に移転する。移転後に、日本版海兵隊と称される水陸機動団が配備されれば、沖縄の負担軽減策の一つとされた海兵隊グアム移転の意味はなくなる。

     17年版防衛白書は「沖縄の負担軽減を目に見えるものとする」ために「沖縄に所在する兵力の削減とグアムへの移転」に取り組んでいると明記している。

     水陸機動団のハンセン配備は、目に見える負担軽減に明らかに逆行する。白書に従えば、海兵隊が移転した後、水陸機動団をハンセンに配備することはあり得ない。検討すること自体、許されない。

     水陸機動団は来年3月に約2100人で編成し、相浦駐屯地(長崎県)に2個連隊が配備される。当初計画では約3千人、3個連隊を新設する予定で、残る1個連隊の配備先としてハンセンが検討されている。

     防衛省は現時点で、3個連隊目の新設を決定していない。新設しないことを早期に決めるか、沖縄には配備しないことを明言すべきだ。

    (中略)

     米軍機の訓練を県外に移転しても、外来機が飛来して県内で訓練することが常態化している。その結果、爆音被害は一向に改善されていない。水陸機動団のハンセン配備は負担軽減どころか、基地負担の固定化につながる。

    (中略)

     訓練の集中によって、沖縄の基地負担は確実に増している。水陸機動団の配備はそれに拍車を掛けることになる。容認できない。

     安倍政権は負担軽減に向けた取り組みをないがしろにし「負担加重」を「負担軽減」と言い換えている。県民が負担軽減を実感できるようにするのが政府の責務である。安倍政権はこれまでの姿勢を直ちに改めるべきだ。

     米軍基地が自衛隊基地に置き換わることは、沖縄の過重な基地負担が未来永劫(えいごう)続くことを意味する。水陸機動団のハンセン配備は、その第一歩になりかねない。沖縄はそのような状況を決して望まない。断じて拒否する。

    琉球新報/2017年11月4日 06:01
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-607727.html

    【【沖縄問題】《社説》琉球新報「沖縄に日本版海兵隊を配備することは、断じて拒否する」[H29/11/6]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/28(月) 10:58:35.47 _USER9
    外国人観光客の増加でレンタカー事故が急増 沖縄では1万件 国が対策へ着手
    2017年08月28日 07時30分
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21631.html

    http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/1/6/21631/traffic.pngno title

    訪日外国人の急増で、レンタカー利用の事故も増えている(国交省)

     日本を訪れる外国人観光客の急増に伴って、レンタカーで国内を旅行する利用者も1年間で70万人を突破したことが明らかになった。
    その一方で、ドライブ中の事故件数も悪化の一途をたどっており、なかでも沖縄県では物損事故が3年間で3倍に増えた。
    国土交通省はこの秋から訪日外国人ドライバーを対象にした事故対策に乗り出す方針を決めた。

     国交省によると国内旅行の際にレンタカーを利用した外国人観光客は、2011年の約17万9000人から右肩上がりに増えて、2015年は4倍近い約70万5000人に達した。

     レンタカーによる死傷事故は、日本人を含めた利用者全体で見ると減っているにも関わらず、訪日外国人が原因の事故は過去3年間で2倍以上に急増。
    このうち、訪日外国人が多い沖縄では、物損も含めると事故件数は昨年だけで9648 件に上り、過去3年間で約3倍に増えた。(沖縄県レンタカー協会調べ)

     日本政府観光局(JNTO)によると、日本での運転は、▽道路事情や▽カーナビの利便性、▽国産車のブランド力の高さ、▽サービスエリアやパーキングエリア、道の駅の充実などが後押しして、アジアから家族で買い物旅行にやってくる観光客のニーズに合致しているという。

     韓国・台湾・香港などアジアから来訪する観光客にとって人気の訪問先は、北海道、東京近郊、沖縄、九州の順に高いが、一方で、海外の旅行会社からは、
    「高速道路の出口と路線を知らせる標識や案内板がわかりにくい」とか「外国語の表記を増やして欲しい」などの要望が多く寄せられているという。

     2020年の東京五輪パラリンピック大会に向けて、これからますます訪日外国人の増加が見込まれるなか、
    国交省はこの秋から、訪日外国人のレンタカー利用が多い北海道や九州、沖縄などの地域で、外国人が事故を起こしやすい危険箇所の特定を実施する。

     具体的には、レンタカー会社や警察署、観光協会などと連携して、ETC2.0やドライブレコーダーを搭載したレンタカーを借りた外国人が、どこのエリアで急ブレーキを踏んだかデータを集約し、
    外国語に対応した標識や看板などを設置することで、日本の交通規則や道路標識への理解を促進していくという。

    http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/1/6/21631/rentacar.pngno title

    増えるレンタカー利用(国交省)

    http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/1/6/21631/rent.pngno title

    一方で事故も増えている(上:交通事故総合分析センター、下:沖縄県レンタカー協会調べ)

    【【訪日】外国人観光客の増加でレンタカー事故が急増 沖縄では昨年約1万件 国が対策へ着手】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/24(木) 11:21:06.74 _USER9
    6c304cf3133bda60a11dbfbb34378f8a

    24日午前5時58分ごろ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で男女2人が軽自動車にはねられた。80代女性が両足骨折疑いで重傷、60代男性が左足裂傷のけがを負った。

    軽自動車は逃走し、名護署がひき逃げ事件として車両の特定や事故原因を調べている。

    名護署やゲート前にいた市民によると、男女2人は米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に抗議する市民で、歩道の縁石に座っていた時に南向けに走っていた軽自動車にはねられたという。

    男女2人は北部の病院に搬送時、話はできていたという。ゲートで警備に当たっていた警備員が通報した。【琉球新報電子版】

    配信2017年8月24日 09:23
    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-561099.html


    【【沖縄】米軍キャンプ・シュワブゲート前で男女2人ひき逃げ 80歳代女性重傷 名護市辺野古】の続きを読む

    このページのトップヘ