真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    沖縄

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/15(土) 22:27:26.38 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    今年4月から沖縄本島に進出した八重山日報の挑戦を描いた「偏向の沖縄で『第三の新聞』を発行する」(仲新城誠著)が29日、産経新聞出版から発売される。
    沖縄本島での日刊紙発行は50年ぶり。

    沖縄の言論空間に一石を投じようと奮闘する社員たちに、次々とトラブルが襲いかかる。
    同紙編集長の視点から沖縄本島進出の意義や、沖縄メディアの現状などが語られる。

    八重山日報は石垣市に本社を置くが、那覇市に沖縄本島支局を設置し、記者を現地採用して本島のニュースを取材する体制を整えた。
    新聞の印刷も本島で行い、4月から朝刊の配達を開始。
    「沖縄本島版」は2カ月で2000部超の読者を獲得した。

    https://www.yaeyama-nippo.com/%E7%A4%BE%E4%BC%9A-%E4%B8%E8%AC/
    https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=320x1024:format=jpg/path/s097d5a1668964dbf/image/i1bae7386a9500ece/version/1500047594/image.jpgno title


    【偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する!沖タイ、新報はもう読みたくない!  八重山日報の挑戦が本に 】の続きを読む



    本日、那覇市議選、最終日。
    この本当の意味を、保守の多くも理解しきれていない。実は、これは翁長県政を打破する天王山なのだ。今後、首長選挙も多数あるが、「オール沖縄」の牙城であり、そして弱点でもあるのが、那覇市だ。

    極めて重要な内容であり、この天王山での敗北は、日米関係にも深刻な影響をもたらす。
    本Blogにおいて東京都議選に有力国会議員を投入し続けたことを強く批判した理由がここにある。

    那覇市は、沖縄県の県庁所在地であり、人口密集地である。
    県知事選となれば、それは県民ひとりひとりの投票ゆえ、「那覇市は巨大な票田」となる。
    ここにポイントがあり、那覇市に「翁長県政と対決姿勢」の市議が何名誕生するか、これこそが「県知事選の勝負」である。
    はっきり言うが、(県知事選で)那覇以外の全ての市区町村で勝利しても、那覇選挙区で敗北した場合、【翁長県政は続投】してしまう。

    オール沖縄の強さの秘訣、それは那覇市議会を抑えていることにある。
    翁長知事は、那覇市長から知事に立候補したため、「那覇市議会の市長与党」であった、【自民党那覇市議団】は、翁長知事を支援。結果、離党勧告・除名処分が相次ぎ、ここに「自民党那覇市議団」は事実上、消滅してしまった。現在は、自民議席は僅かであり、圧倒的な野党なのだ。

    知事選において、「手足となる市議の数」は、得票数に直結する。
    県議の数も必要ではあるが、”最後に現場で動く”のは実質、市議なのだ。県議を巡洋艦に例えるならば、自在に動き回る駆逐艦が市議である。歩のない将棋は負け将棋。

    いま、那覇市議選には、自衛官出身の候補が出馬している。
    私の応援している、大山たかお候補だ。彼は、そのキーパーソンとなるだろう。

    オール沖縄の牙城たる、那覇市。
    ここに自衛隊出身で、自民公認・日本のこころ推薦の議員が誕生したら、どうなるか。
    その時点で「衝撃」が走る。

    では楽な勝負かと言えば、そんなことはない。
    県庁所在地の選挙、しかも”オール沖縄”は与党であり、極めて戦略的に戦っている。
    ただでさえ保守が劣勢の沖縄においても、もっとも過酷な選挙区、それが那覇市。
    ここに30代、しかも元・自衛官であることを前面に押し出した候補が、どんな苦労をしているか。想像できるだろうか。

    どれほどの事態であるかは、しっかり解説していこう。

    19731884_1553475631389982_6473066203742218930_n
     

    ※ 本日、選挙戦最終日のため、7月8日23:59までしか、シェア・RTはできません。
    残された時間は少ない。だが、ゼロじゃない。

    いかそ
    https://samurai20.jp/2017/07/ooyama_t-4/

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/12(水)09:05:28 ID:???
    特殊部隊支援船、沖縄に寄港=対北朝鮮で海軍SEALS待機か
    019

    d685a6aa2c94734f71da8f9df847f963


    米海軍特殊部隊の支援船「C・チャンピョン」(約2100トン、全長約67メートル)が那覇軍港(那覇市)に一時寄港していたことが12日、分かった。

    米政権が対北朝鮮への軍事行動を辞さない姿勢を見せる中、米太平洋軍が管轄するエリアで前線待機する海軍特殊部隊SEALS(シールズ)を支援したとみられる。

    9a122455ed11be52a189cd5492bd78cd


    続き 時事通信
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041200158&g=prk




    【【防衛】 特殊部隊支援船、沖縄に寄港=対北朝鮮で海軍SEALS待機か [H29/4/12]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/06(木) 22:25:47.08 _USER9
    b0aabb36-s

    沖縄県警は6日、傷害や公務執行妨害、日米地位協定に伴う刑事特別法違反の疑いで、 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設や、基地被害に抗議する男女3人を逮捕した。 県警によると、いずれも抗議活動中の逮捕で、容疑を否認しているという。

    傷害と公務執行妨害容疑で逮捕された女は6日午前、名護市辺野古の路上で、 30代の女性警官の腕をかんでけがを負わせ、職務を妨げた疑い。 刑事特別法違反容疑で逮捕された別の女は、辺野古の米軍キャンプ・シュワブ入り口の境界線を越えて、 基地内に立ち入った疑い。2人はいずれも氏名、年齢、職業不詳。

    また、普天間飛行場に侵入した同法違反容疑で、那覇市首里山川町、無職の男(84)を逮捕した。

    産経
    http://www.sankei.com/west/news/170406/wst1704060081-n1.html

    【【沖縄】女性警官の腕に噛みつき負傷させる…基地反対派の男女3人を逮捕 辺野古 】の続きを読む

    american-family-south-korea-evacuation-drill
    164: KSM WORLD NEWS 2017/04/04(火) 05:58:51.06
    >>163 
    在韓米軍の家族は避難訓練と言って沖縄へ来てる

    163: KSM WORLD NEWS 2017/04/04(火) 05:57:08.36
    米兵の家族が日本に避難してきたらマジ危機直前

    160: KSM WORLD NEWS 2017/04/04(火) 05:41:35.77
    いよいよ朝鮮戦争再開か…

    161: KSM WORLD NEWS 2017/04/04(火) 05:42:12.72
    そんなに危険ならば、どう考えても渡航制限やらないのはおかしいだろ。 
    あっちに行かせてから救出なんてことになれば、日本政府が関与できない可能性が高く、 
    朝鮮人のことだから日本人は必ず人質にしてあらゆるものを要求してくる。 
    その要求にこたえれば北朝鮮は直接日本を敵国とみなし、ミサイルを飛ばしてくる可能性が高い。 
    そうなれば日本全土が戦争に巻き込まれる可能性が高まる。 
    それと在韓邦人は人質と同時に、憎悪の対象だから理性のかけらもない朝鮮人は何をしてくるかわからない。 
    有事が近いならば、まずは韓国に行かせないというのが一番先。 
    邦人保護のために大使を帰任させるとか言っても、米国は大使すら決めていない状態。 
    有事間近だから大使を帰したってのは無理矢理すぎるわ。渡航勧告と帰国要請が大々的にでないとな。

    162: KSM WORLD NEWS 2017/04/04(火) 05:51:49.80
    >>161 
    北朝鮮を刺激しないレベルでやってるんでね?
    【在韓米軍の家族は既に避難訓練を装い、沖縄に避難済みと判明。】の続きを読む

    このページのトップヘ