真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    沖タイ

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/15(土) 22:27:26.38 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    今年4月から沖縄本島に進出した八重山日報の挑戦を描いた「偏向の沖縄で『第三の新聞』を発行する」(仲新城誠著)が29日、産経新聞出版から発売される。
    沖縄本島での日刊紙発行は50年ぶり。

    沖縄の言論空間に一石を投じようと奮闘する社員たちに、次々とトラブルが襲いかかる。
    同紙編集長の視点から沖縄本島進出の意義や、沖縄メディアの現状などが語られる。

    八重山日報は石垣市に本社を置くが、那覇市に沖縄本島支局を設置し、記者を現地採用して本島のニュースを取材する体制を整えた。
    新聞の印刷も本島で行い、4月から朝刊の配達を開始。
    「沖縄本島版」は2カ月で2000部超の読者を獲得した。

    https://www.yaeyama-nippo.com/%E7%A4%BE%E4%BC%9A-%E4%B8%E8%AC/
    https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=320x1024:format=jpg/path/s097d5a1668964dbf/image/i1bae7386a9500ece/version/1500047594/image.jpgno title


    【偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する!沖タイ、新報はもう読みたくない!  八重山日報の挑戦が本に 】の続きを読む


    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/19(月) 08:03:29.10 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    6059
    「あなたが言うのは全部うそだ」と断定され、驚いた。
    国連欧州本部で開かれた沖縄シンポジウムで、表現の自由の危機を報告した時のこと。
    本土の市民団体の男性から質問をもらった

    ▼男性は「普天間飛行場ができた時には誰も住んでいなかった。基地の金を目当てに人が集まった」というインターネット上のデマを持ち出した。
    戦前そこに8千人以上が住んでいたこと、戦後米軍が住民を収容し、その間に基地を造ったことを伝えた

    ▼答えながら「自由の音」論を思い出した。米軍は航空機騒音を「自由を守るためだから仕方がない」と正当化してきた。
    同じ理屈が基地の沖縄集中を続けるために使われている

    ▼航空機の墜落、水源や土地の汚染、凶悪事件も全て「自由を守るためだから仕方がない」「中国に侵略されるよりはまし」。
    デマも「自由のためのデマ」になるのだろうか

    ▼相手が米軍でも中国軍でも、命と尊厳が脅かされることは拒否したい。
    自由のために被害を甘受するという考えはかなり特殊だと思うが、沖縄で言うなら同じ危険に身をさらす者同士、話し合う余地がある

    ▼これに対し、本土という安全地帯からの発言は単純に卑怯(ひきょう)だ。
    沖縄に基地を押し付け、しかも罪悪感を感じない。デマがそれを可能にしている。
    公平な議論の前提として、一つ一つ反論していく。(阿部岳)

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103433

    93ac3454-s

    阿部 岳(あべ たかし)
    沖縄タイムス社北部報道部長

    1974年東京都生まれ。上智大学外国語学部卒。97年沖縄タイムス社入社、政経部県政担当、社会部基地担当、フリーキャップなどを経て現職。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/70787

    関連スレ
    【祝】 山城博治率いる沖縄パヨク、弾圧を国連で訴え → 逆に全世界に山城らの暴力と嘘が広まる結果に [無断転載禁止]
    https://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1497677246/

    【沖タイが発狂「国連で表現の自由の危機を報告したら嘘つき呼ばわりされました。安全地帯からの発言は卑怯」】の続きを読む

    このページのトップヘ