真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    決議案

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/20(水) 11:53:12.92 _USER
    20160802-03554719

    韓国政府は、来年2月に韓国で開かれるピョンチャンオリンピックの期間中、世界中の紛争地などで戦闘を停止するよう呼びかける決議案を、このほど国連に提出したことを明らかにしました。

    これは国連総会に出席するためニューヨークを訪れている韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が、19日、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と会談したあと、韓国大統領府が明らかにしたものです。

    それによりますと、韓国政府は来年2月に韓国で開かれるピョンチャンオリンピックの期間中、世界中の紛争地などで戦闘を停止するよう呼びかける決議案を、このほど国連に提出したということです。

    バッハ会長との会談でムン大統領は「多くの国の支持を得て、決議案が採択されれば、安全への心配がなくなり、北が参加すれば安全がさらに保障される」と述べ、その意義を強調しました。

    これに対してバッハ会長も「韓国が提出した決議案は、多くの国から好意的な評価を受けている。韓国出身の有名な選手たちが、ほかの国の選手たちとともに採択を呼びかければ、大きな助けになるだろう」と述べたとしています。

    韓国政府が国連に提出した決議案は、ことし11月に採決される見通しだということです。

    9月20日 10時57分 NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011148751000.html
      【【韓国】 オリンピック期間中の戦闘停止を 国連に決議案[9/20]】の続きを読む

    wor1705150022-p1

    【ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮による6回目の核実験を受けた国連安全保障理事会の制裁交渉で、米国の国連代表部は8日、
    当初の宣言通り11日の決議案採決を目指し、同日の会議開催を安保理に要請する意向だと報道機関に発表した。安保理で制裁交渉の最中に日程の方針を示すことは異例。制裁強化に慎重な中国やロシアに圧力をかける狙いがあるとみられる。

    62511e2c

     米国のヘイリー国連大使は4日、「最強の措置」となる制裁決議案を1週間後の11日に採決したい意向を示した。6日には北朝鮮への石油禁輸や、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の資産凍結などを盛り込んだ制裁決議案を各理事国に配布。米国側の対応を受け、安保理の視察団でエチオピアを訪れていた中国の劉結一国連大使は9日までの訪問日程を切り上げてニューヨークに戻った。制裁交渉に参加するためとみられている。

     安保理外交筋によると、米国は決議案の内容を一部譲歩してでも、迅速な採択にこだわっているという。ただ米国は、北朝鮮への石油禁輸を制裁案に盛り込むことを強固に主張しており、中国やロシアとの交渉が難航。石油製品の供給量制限などで、双方が譲歩するかが焦点となる。

     また、決議案では、公海での貨物船の臨検のための「あらゆる必要な措置」を許可しており、軍事手段の容認につながるとして中露が反発しているもようだ。
    http://www.sankei.com/world/news/170909/wor1709090016-n1.html



    関連


    北朝鮮、ヘイリー米国連大使の「ヒステリー発作」で高い代償とどう喝

     
    米国はヘイリー国連大使の発言のために「高い代償」を支払うだろうと、北朝鮮がどう喝した。同大使は北朝鮮が「戦争を求めている」と発言していた。

     北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は8日の論説で、ヘイリー大使の国連での今週の演説について、
    「ヒステリーの発作」と非難し、米国に報復すると警告した。北朝鮮は3日に6回目の核実験を実施。9日に再び大陸間弾道ミサイルの発射を計画している可能性を韓国が指摘している。

     KCNAは、米国がヘイリー大使の発言のために「高い代償を支払わなければならないだろう」とコメントした。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-08/OVYRK4SYF01S01



    【KSM】台湾への「6つの保証」が上下両院で明文化 米上院、決議案を可決

    台湾への「6つの保証」が上下両院で明文化 米上院、決議案を可決
    【政治】 2016/07/07 13:29
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/201607070005.aspx

    決議案にある6つの保証とは、1982年にレーガン政権が台湾側に示した内容で、▽台湾への武器売却の期限を設けない ▽台湾への武器売却について中国大陸と事前に協議を行わない ▽台湾と大陸の間の調停を行わない ▽台湾関係法の改正に同意しない ▽台湾の主権に関する立場を変えない ▽北京当局と協議するよう台湾に圧力を加えない――の6つの項目が盛り込まれている。

    最近の動画

    【KSM】国連パン総長 国連軍の不祥事を告発した職員を辞任に追い込む
    https://www.youtube.com/watch?v=pNV-hx8ZEos

    【KSM】JR東日本は糞会社「日本の心には切符は売らない」 神田駅みどりの窓口  
    https://www.youtube.com/watch?v=xJyOkuUGtwI

    【KSM】青山繁晴氏、旧知の安倍首相から電話で出馬受諾 自民比例で参院選立候補https://www.youtube.com/watch?v=n2Bx8vzT9LI

    【KSM】2016参院選 自民党 全国区 青山繁晴氏 街頭演説(音声のみ)2016年6月22日https://www.youtube.com/watch?v=kfmg_EpExJI

    【KSM】アジアでは珍しいことだが、タイと日本は相互に敬愛の情を感じている マイケル・ヨン氏
    https://www.youtube.com/watch?v=69rtUjL9Jg8

    【KSM】桜井誠氏 東京都知事選出馬表明 原題「大嫌韓日記発売 & etc.」2016/6/16 
    https://www.youtube.com/watch?v=XlXIhpoHIcg


    【【KSM】台湾への「6つの保証」が上下両院で明文化 米上院、決議案を可決】の続きを読む

    このページのトップヘ