真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    民進党

    蓮舫が、戸籍の開示を言い出したのは総力を挙げて「アベ叩き」をしても支持率は下がり続ける現状。

    支持母体の連合を裏切って共産党と共闘しても、共産党に票が流れ、都議選では離党者続出で「都民ファースト」が利するばかりで党内から不満が続出。

    敗因は、「蓮舫代表の二重国籍問題だ!」
    党内の不満の声が噴き出す。
     minsin1cf23e8e-s

    一番痛かったのは、原口一博議員のこの告発だろうな…


    ★民進党・原口議員も蓮舫代表の二重国籍問題に言及
    「代表選後に詳らかにする条件付で決着させていた」

    minsin170709-002

    原口議員によると、2016年9月に行なわれた民進党代表選挙時に蓮舫代表の二重国籍問題が党内でも疑問視され、当時「選挙後につまびらかにするという条件付で決着させた」としていることから、
    蓮舫代表の問題が党内でもこれまで燻っていた可能性を窺わせています。

    (続きはリンク先で)
     http://www.buzznews.jp/?p=2109557



    帰化議員に支配されている
    民進党には未来はない!
    aritaDEdFdbMUMAEiIKns

    minsinCrjmVIVUEAAbUZk


    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/11(火)13:03:09 ID:???
    5efcb_1509_3591fb54_1c2f11a9-cm

    ■ソース元記事名/「いま、総がかりで『安倍つぶし』」 衛藤首相補佐官

    朝日新聞デジタル
    ■衛藤晟一首相補佐官(発言録)

     メディアや共産党、民進党、社民党が連合して、安倍政権をつぶすために総がかりで来ているというのがいまの状況だ。
    「安倍首相は本気で憲法改正をやろうとしている。

    安倍首相だったら、ひょっとしたらできるかもしれない」と心配した方々が、いま総がかりで「安倍つぶし」をやっている。
    このことを認識しないと大変なことになる。

     首相が内閣改造をやると言われているが、思い切って完全な出直しでやらない限り、この勢力に対抗することはできないだろう。
    我々としては何が何でも首相を支えなければいけない。

    (以下略)

    朝日デジタル 2017年7月11日07時46分
    http://www.asahi.com/articles/ASK7B75QDK7BUTFK01J.html


    【KSM】日本共産党 ~隠された革命路線~ 国民連合政府構想を実現させてはいけない理由... 投稿者 ksm11 【【安倍つぶし】 衛藤首相補佐官「メディアや共産党、民進党、社民党が連合して、安倍政権をつぶすために総がかりで来ているというのがいまの状況だ。」=朝日デジタル [H29/7/11]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/09(日) 17:19:50.88 _USER9
    http://www.buzznews.jp/?p=2109557

    http://www.buzznews.jp/wp-content/uploads/2017/07/x170709-002.jpg.pagespeed.ic.QUVeDftlye.jpgno title


    7月9日の朝、民進党の今井雅人衆議院議員が二重国籍問題における蓮舫代表の姿勢をTwitterで批判したことを受けて、原口一博議員もこれに言及しています(画像はTwitterより)。

    蓮舫代表に戸籍を見せるよう求めた今井議員の発言(関連記事参照)は複数のメディアによって記事として取り上げられ大きな反響を呼んでいるようです。

    今井議員の発言を扱ったJIJI.COMや産経ニュース(ニュース部門)の記事は16時過ぎの時点でそれぞれのランキングにおいて1位となるなど、蓮舫代表の二重国籍問題が国民の間でいまだに注目度の高い話題であることを改めて示していますが、そんな中、7月9日の午後、今度は原口一博議員が二重国籍問題にSNSで言及。Twitterでこのように語っています。

    原口「先の代表選挙直前にこの問題について疑義が複数の議員から出されました。当時、常任幹事会議長であった私は選挙管理委員長の本選挙が有効とする見解を是とするも選挙後に詳らかにするようにと言う条件付で決着をさせたと理解しています。どの国に生まれたかは本人にどうしようもないこと。しかし公人。」

    原口議員によると2016年9月に行なわれた民進党代表選挙時に蓮舫代表の二重国籍問題が党内でも疑問視され、当時「選挙後につまびらかにするという条件付で決着させた」としていることから、蓮舫代表の問題が党内でもこれまで燻っていた可能性を窺わせています。

    内情を語った形の原口議員の発言は注目を集めそうですが、一方で「どの国に生まれたかは本人にどうしようもないこと」とも語っている点に対しては複数の指摘が寄せられているようです。蓮舫代表の問題は「どこの国に生まれたか」が問題視されているわけではなく「説明責任を果たそうとしてこなかった姿勢が問題なのだ」と反論されているというもの。

    「二重国籍かどうか、が問題なのではなく有権者への説明責任の問題なんですよ」
    「論点はそこじゃないんですよ」
    「問題はそこではありませんよ」
    「公党の代表者としてきちんと説明すべきだということだよ」
    「論点ずらしてないか?どこの国で生まれたとか誰も問題視してないが」
    「民進党内ではこれまでの説明で納得されてきたわけ?」

    森友学園・加計学園問題において一貫して安倍政権の説明責任を追及し続けてきた民進党だけに、二重国籍問題がここに来て巨大ブーメランとして蓮舫代表に突き刺さっていると言えそうですが、同じように二重国籍疑惑が生じた自民党の小野田紀美議員が戸籍を開示してきちんと説明し理解を得た点に照らせば、蓮舫代表は国会議員として説明責任を果たすべきと言えるため仮に民進党の代表の座を退いたとしてもこの問題は残ることになります。


    参考
    【民進党・今井雅人】都議選の大敗を受けて、何をすべきか。まずは、蓮舫代表の二重国籍問題を解決することだ★2 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499567947/

    【民進党・原口議員も蓮舫代表の二重国籍問題に言及「代表選後に詳らかにする条件付で決着させていた」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/08(土) 01:58:28.25 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    no title

    岩上安身@iwakamiyasumi
    大敗を喫したのは、自民党と民進党。自民党にとっては都ファは、自民党の二軍。
    一軍と二軍の入れ替え戦で、一軍だった議員個々は落選して痛みを覚えただろうが、改憲勢力としては逆に焼け太り。
    民進には二軍なし。なぜ執行部、分けても野田幹事長は責任を取らないのか。長期停滞の責任者。退陣は当然。

    兵頭正俊@hyodo_masatoshi
    次の衆議院選挙では、野党の統一候補は、勝てる候補を選ぶべき。間違っても現在の議席数で割り振らないこと。共産、自由、社民は譲歩しないこと。
    民進党への国民の支持はない。民進党に気を遣ったら、政権交代はない。都議選での無党派層の支持は、共産党は民進党の2倍あった。

    澤田愛子@aiko33151709
    もうがっかりだ。安倍首相不在の国会集中審議をついに民進が呑んだと。その日、前川氏を参考人招致することも決まった。
    自民は安倍首相がG20 で不在の時をわざと選んで持ち掛けてきたのだ。疑惑の中心が不在で意味があるのか。
    最後まで突っぱねてほしかった。やっぱり蓮舫氏と野田氏は甘すぎる。

    はるみ@harumi19762015
    気の毒だからクソリプほぼ無視してあげてるんだけど、共産党に票を取られたと思い込んでプリプリしている民進党支持者さんは
    言っている事が公明党と似てきたからその辺でやめといた方がいいと思うよ・・。

    菅野完@noiehoie
    細野のときもそう思ったが、どうも民進党の顔の売れてる議員の周りには、自民党のそういう人たちも、 「正論」「産経新聞」の読者が多いのではないかな。いや、これ結構マジで当たってるとおもう。

    C69mI9vV0AM6geL


    日刊ゲンダイ@nikkan_gendai
    【政治】都議選の惨敗で、もはや民進党は政権の受け皿にならないことがハッキリしました。
    都民ファーストが国政進出を決めれば、雪崩を打ったように離党者が続出、消えてなくなるのも時間の問題かもしれません。

    関連
    【悲報】 民進党議員、号泣 「民進党は絶望的だ…」「もう政党としての歴史的使命は終わった…」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1499408392/

    【【悲報】民進党が仕分けの対象にwwパヨク界隈に切り捨てられる「民進党への国民の支持はない」「消えるのも時間の問題」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/07(金) 14:41:14.02 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    http://i.imgur.com/aUgjGrQ.jpgno title

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/07/minshutoteibo-3.jpgno title

    http://omura-highschool.net/wp-content/uploads/2015/09/COgrcLUUcAA-iJv.jpgno title



    「予想外」「耳疑う」 自民福岡県連、都議選ショック 次期衆院選へ影響懸念

     自民党が歴史的惨敗を喫した東京都議選から一夜明けた3日、福岡県内の同党関係者からは
    落胆や次期衆院選を不安視する声が上がった。野党関係者は反転攻勢を見据え、足場固めを急ぐ 考えを示した。

     「予想外の厳しい結果」。自民党県連の松本国寛幹事長は深刻に受け止め、中堅県議も 「耳を疑うような負け方だ。次期衆院選戦略への影響は避けられない」と肩を落とした。 加計学園問題や党所属議員の暴言・失言が自民への逆風となったが、松本氏は「『安倍1強』 といわれる中、党内の自浄能力が機能していない」と分析。「地方組織や党員の意見を吸い上げ 対策を練ってほしい」と要望した。

     公明党県本部の浜崎達也幹事長は「何とか勝つことができた」と全員当選に安堵(あんど)。 国政で連立政権を組む自民とのしこりも指摘されるが、「政権の安定は必要だ。次期衆院選でも (自民との)選挙協力をうまくやっていきたい」と話した。

     民進党県連の緒方林太郎代表は「都民ファースト支持の盛り上がりに埋もれた」と残念がる
    一方、衆院選に備え「党の政策固めを急ぐべきだ」と話した。
    https://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/339874/

    【民進党の緒方林太郎代議士「スーパー堤防についてはスーパー無駄遣いということで」 】の続きを読む

    このページのトップヘ