真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    毎日新聞

    r82xqg2sbx4mhf5zj82j_400x400

    ヘリ事故 毎日新聞の「捏造」と「切り取り」を発見 ❢「ツイッター上に非難の投稿があふれた」のウソ | 以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO
    を投稿しました。

    1: KSM WORLD NEWS 2018/01/31(水)01:57:34
    wst1704060042-p1

    加計学園が今治市に4月に開学する岡山理科大獣医学部の一般入試が2月1日に始まる。
    学園は3方式の志願者数を公表し、一般入試2方式は816人(定数38人)、センター試験は
    228人(同12人)で、競争率はそれぞれ21.5倍、19倍であることが分かった。

    この報道について毎日新聞 統合デジタル取材センター?は「これでいいのか。」と暴言を吐いた。なお、どこがいけないのか、法的瑕疵については何も報道されていない。

    ソース
    毎日新聞2018年1月30日 16時47分(最終更新 1月30日 18時16分)
    獣医学部、一般入試に1000人超応募
    https://mainichi.jp/articles/20180130/k00/00e/040/262000c

    毎日新聞 統合デジタル取材センター?
    「これでいいのか。」
    https://twitter.com/mainichi_dmnd/status/958253858387517440



    関連スレ
    【加計学園】 獣医学部、推薦入試30倍 600人超が出願 [H29/12/12]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513042378/

    【【加計学園】獣医学部、一般入試に1000人超応募に「これでいいのか。」―毎日新聞 [H30/01/30]】の続きを読む

    114_l


    石平「志ある若者が将来を夢見て獣医学部を受験するのは何も悪くないのに毎日新聞が『これでいいのか』と言う神経が信じられない。総理を攻撃する為に受験生まで攻撃した。『傷つける意図はない』なら最初からしない。『誤解を招いた』は受験生が馬鹿だから誤解したという侮辱。投稿した記者は屑!」

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/04(土)10:32:03 ID:???
    12314003_549443828543246_4986268803936032785_n

    偏向報道を繰り返した挙句、選挙結果を素直に受け入れない日本のマスコミ。石平氏がそんなマスコミを「日本の敵」と表現して強く非難した。

    倫理観が壊れたマスコミはこれから民主主義を壊す。



    石平「マスコミは1年間も捏造・印象操作をやり倫理観を自ら壊した!選挙結果が自分達の意図したものにならなかったマスコミはこれから民主主義を破壊しようとしてる!選挙結果が民意じゃないというのはそういうことで彼らは言論・民主主義の敵!日本の敵は共産党・朝日・毎日と明確になった!
    pic.twitter.com/pOed5Duscm
     ̄ DAPPI (@take_off_dress) 2017年11月2日

    石平「この1年間、マスコミはモリカケと、何も問題がないところに問題を持ち出して、要するに捏造・印象操作、嘘つきで、今年に入ってからマスメディアは自分たちのあるべき倫理観を完全にぶっ壊した。選挙が終わって結果が自分たちの意図するところとは違うから、これからマスコミが何を壊すかというと日本の民主主義を壊すんですよ。選挙が民意じゃないというのは危険ですよ。そこまでやったら言論の敵であり、民主主義の敵。これで日本国民の敵は共産党であり、朝日、毎日のような大新聞とはっきり分かってきた」

    この意見はこれから起こり得る未来を予見したものだとしてネット上で絶賛された。メディアという権力を利用して偏向報道を繰り返し、偏った情報で日本人を洗脳しようとするマスコミは存在自体が害悪。ついには選挙結果までをも疑い始め、民意ではないと言い始めたあたりはもう末期症状だ。

    日本人はマスコミの報道を鵜呑みにしないよう常に疑って情報を得る必要がある。

    ところで、この記事を執筆中、産経新聞と朝日新聞でバトルが勃発しているというニュースが飛び込んできた。産経新聞(産経ニュース)が「日本を貶める日本人をあぶりだせ」と反日の人間をバッシングする記事を公開したら朝日新聞が「排他的だ」と噛み付いたのだ。

    この論争についてどちらが正しいかは互いの記事を読み比べて読者が判断してほしい。石平氏は朝日新聞を名指しで日本の敵と言い切った。暴走したマスコミは民主主義を壊す。そのことはしっかりと頭に入れておきたい。

    (以下略)

    ソース=http://netgeek.biz/archives/105763

    関連記事

    【産経抄】日本を貶める日本人をあぶりだせ 10月19日 [H29/10/21]
    http://ksmworld.blog.jp/archives/1068294087.html

    【話題】産経新聞「日本を貶める日本人をあぶりだせ」→朝日新聞「産経の記事に排他的だと批判がネットで集まっている」[H29/11/3]
    http://ksmworld.blog.jp/archives/1068294164.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 77◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509427909/

    【【netgeek】石平「倫理観が壊れたマスコミは次に民主主義を壊す。日本の敵は朝日新聞や毎日新聞!」[H29/11/4]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/02(木) 18:14:21.67 _USER9
    20130726_617166

    http://biz-journal.jp/2017/11/post_21179.html

     一般に、新聞の部数減が止まらない、といわれている。2001年上半期と16年上半期の新聞販売データを比べてみると、読売新聞が1,028万部から901万部、朝日新聞が832万部から658万部、毎日新聞が396万部から309万部と、大きく部数を下げている。一般には、この事態をもって「新聞離れ」が進んでいると論じられている。

     だが、ほかに日本経済新聞(306万部から273万部)、産経新聞(201万部から157万部)を加えた全国紙は、主として関東圏と関西圏でよく読まれているにすぎない。東京にいる人は、地方では地元の新聞がよく読まれていることに、なかなか気づかない。

    部数の下がる地方紙、下がらない地方紙


     地方紙・ブロック紙のなかにも、部数の下がっていない新聞と大きく下げている新聞がある。たとえば北海道新聞は123万部から103万部、広島県の中国新聞は73万部から55万部と大きく下げている。新潟日報は49万部から44万部へと減っている。

    壇宿六(闇のキャンディーズ)

    images

    4

    437c3ffc5cdaabe4c8fc00c5223e5910

    debe4f347ffa6e456caa9d1eaf65aca0

     だが、そんな状況のなかでも部数を落としていない新聞がある。群馬県の上毛新聞は30万部のまま、栃木県の下野新聞は31万部から30万部、山梨県の山梨日日新聞は20万部から変わらず、長野県の信濃毎日新聞も47万部のままである。とくに山梨県は2001年に88万人程度だった人口が、現在では82万人へと大きく減っているにもかかわらず、新聞の部数減が起こっていない。

     地方紙の場合、部数減の要因には地方の人口が減少するというものがある。11年の東日本大震災で、福島県の福島民報や福島民友新聞は大きく部数を落とした。県外に避難した人が多かったからだ。もちろんこれは極端な事例だが、人口が減り、人が都会に流出するようになると、地方の新聞は部数を減らすのが当然だ。

     だが、それでも生き残っている地方紙がある。こういった地域では、「新聞離れ」が起こっていないのだ。

    (略)

    【【経済】瀕死の新聞業界 朝日新聞が832万部から658万部、毎日新聞が396万部から309万部と、大きく部数を下げる 】の続きを読む

    このページのトップヘ