真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    歴史

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/15(火) 15:10:58.89 _USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は15日、安倍晋三首相が靖国神社に玉串料を奉納し、与野党議員数十人が神社を参拝したことについて、

    「日本の政府と議会の責任ある指導者たちが日本の植民侵奪や侵略戦争の歴史を美化している靖国神社に再び玉串料を奉納し、参拝を繰り返したことに深い憂慮を禁じ得ない」と批判する報道官声明を発表した。

    声明は「日本の政治家たちは歴史を正しく直視し、歴史への反省を真摯(しんし)な行動で見せ、周辺国と国際社会の信頼を得られるようにしなければならない」と促した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/08/15/0200000000AJP20170815002500882.HTML

    http://img.yonhapnews.co.kr/etc/inner/JP/2017/08/15/AJP20170815002500882_01_i.jpgno title

    靖国神社の鳥居=15日、東京(聯合ニュース)



    【【日韓】安倍首相が靖国神社に玉串料 韓国政府「深い憂慮」「日本の政治家たちは歴史を正しく直視せよ」[8/15]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/16(日) 18:48:19.06 _USER
    thumb-12211-193337-world

    「五千年民族史の大慶事」

    労働新聞が伝えるところによるとICBM「火星14」型試射が成功裏に行われた日、金正恩委員長は花束を持って金日成主席と金正日総書記の銅像が立つ万寿台の丘を訪れた。春夏秋冬

    ▼試射成功を祝う盛大な国家行事も行われた。核実験や人工衛星打ち上げに成功した時よりも歓喜の度合いは高い。国内メディアによると民族の宿願である「強力な国防力」を手にした喜びだという。

    念頭にあるのは米国だけではない。今回の成功は、朝鮮半島が周辺列強の角逐戦の舞台になった悲嘆の歴史と結びついている。自国を守る力がないがゆえに蹂躙され、支配された民族の記憶だ。

    ▼主席と総書記は、大国に媚びる事大主義を民族生存の方策とした受難史に終止符を打ち、自主自決の新たな歴史を切り開いた。その軌道に沿って朝鮮は「米国の心臓部を攻撃できる」ICBMを手にした。金正恩委員長は「火星14」型の開発者たちを表彰する式典に参席し、彼らが主席と総書記の大業を成し遂げるために奮闘したと称えた。

    ▼朝鮮では今回の成功を「五千年民族史の特筆すべき強国の大慶事」と評している。金正恩委員長も表彰式で「朝鮮の戦略的地位と世界の政治構図を根本的に変えた」とその意義を強調した。

    敵対国は「火星14」型の性能を過小評価するのに躍起になっているが、真相は今後の情勢によって明らかになる。大国の強権と横暴に立ち向かう朝鮮の自主外交は一層力強く展開されるはずだ。(永)
    http://chosonsinbo.com/jp/2017/07/skst-130/

    【【話題】在日「朝鮮民族5000年の歴史」ICBM「火星14」型試射が成功】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/30(日)06:58:31
    news_20151231173851-thumb-645xauto-79101

    記事名/日韓慰安婦合意は「再協議」、各候補そろって日本批判 歴史の蒸し返しさらに

    2017.4.30 01:00
     慰安婦問題をめぐる日韓合意の精神に反し、釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が違法に設置され日韓関係が悪化を続けるなか、韓国大統領選挙の主要候補者はいずれも、合意の「再協議」を主張している。

     世論の約6割が日韓合意の破棄を、8割近くが慰安婦像の撤去反対を支持する現状で、合意履行を訴えれば選挙戦からは確実に脱落する。外交上の約束であろうが、日本に従っていては支持は集められない。このため、次期政権での日韓合意の履行は、選挙の争点にすらなっていない。

     それどころか、保守系の旧与党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジョンピョ)候補は釜山の慰安婦像を訪れ、「慰安婦問題はナチスのユダヤ人虐殺と比肩される反人倫的犯罪だ。そんな犯罪は合意対象にはならない」と発言した。日本批判は“した者勝ち”となっている。

     その半面、対日関係では「ツートラック戦略」で各候補はほぼ一致している。慰安婦や独島(竹島)などの「歴史問題」と、経済などの「現実問題」は切り離して臨むべしとの主張だ。

     現在、支持率トップの左派系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補は、
    日韓合意の破棄を主張する一方で、早くから対日ツートラックを主張。特に経済での日韓協力の必要性を、各候補は感じているようだ。


    ◎産経 4月30日 全3ページ
    http://www.sankei.com/world/news/170430/wor1704300003-n1.html

    【【5月9日大統領選】日韓慰安婦合意は「再協議」。各候補そろって、歴史を蒸し返しさらに日本批判[H29/4/30]】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2014/01/31(金) 19:28:26.41 BE:585369252-PLT(12122) ポイント特典
    「ポーランド国民はいつまでも、日本の恩を忘れない…」。

    日本と東欧の国ポーランドと、どんな繋がりが? と、不思議に思う日本人も多いでしょう。

    九十年ほど前、両国を結びつける出来事がありました。

    ロシア革命後の混乱の中、流刑の地シベリアで、十五万人以上のポーランド人が流浪し、次々と餓死、凍死、虐殺されていたのです。

    「両親を失った子供たちだけでも、日本に助けてもらえないか」。外務省を通じて訴えを知った日本赤十字社は即座に決断、七百六十五人の孤児を救出し日本に迎えます。

    当時の日本人は子供らを家族として温かく接し、全員を快復させ、孤児たちはその感激を生涯忘れませんでした。善意の心から生まれた両国の友情と信頼を描きます。

    http://shuchi.php.co.jp/thumbnail/640xinside_5965098dfb0b6031565ceb93a137dd65.jpgno title


    http://shuchi.php.co.jp/rekishikaido/

    【知られざる日本の歴史 「ポーランド国民はいつまでも、日本の恩を忘れない」九十年前の真実】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/18(日) 15:02:08.31 _USER
    http://news.searchina.net/id/1625396?page=1

     文化と歴史は密接に関わっており、大きな歴史的トピックがその国の文化発展におけるターニングポイントになる。日本の近代で言えば開国と明治維新であり、古代ならば遣唐使の廃止が挙げられるだろう。

     中国メディア・今日頭条は16日、「日本が歴史上中国のものをボイコットしたことで、日本の歴史に影響が及んだ」とする記事を掲載した。記事は、隋や唐の時期、日本と中国大陸との交流は史上最盛期を迎えたとし、7世紀から9世紀にかけてたびたび遣隋使、遣唐使が派遣されたと紹介した。

     また、最後の遣唐使を派遣した838年ごろになると「日本は政治、思想、文化ですでに成熟し、独立した本土文化形成の時代に入っていた」と説明。一方、多くの僧や貴族、学者が中国に学ぼうとし、中国の製品や貨幣が好んで用いられていたことで経済発展が妨げられるばかりか日本の貨幣体制の混乱を招く事態となっていたとした。

     そして、このままでは日本のよりよい発展はないと考えた日本の朝廷などが「日本を文化から変える必要がある」との認識に至ったと説明。漢字をベースにしたひらがな、カタカナを発明して一気に流行させ、平安時代末期には日本文学を中国文学の強い影響下から脱却させることに成功したと伝えた。また、日本の書道も唐風から和風へと発展していき、建築物でも日本式の風格が形成されていったと紹介した。

     菅原道真の建議によって遣唐使が停止されたのが894年で、栄華を誇った唐は約10年後の907に滅亡した。記事は「遣唐使の廃止によって、大唐文化による日本への大きな影響が抑え込まれた。もしそうしていなかったら、日本文化の発展はどうなっていたか分からない」と評している。

     当然ながら、遣唐使の廃止などに代表される中国の文化や製品の流入ストップの動きと、昨今一部の「愛国的」中国人が叫んでいる日本製品のボイコットでは、置かれている政治的、経済的、文化的状況が大きく異なる。外国の物を排斥しようがしまいが、自国文化を発展させるうえで必要なのは「新しいものを生み出そうとする力」、すなわち創造力なのではないだろうか。

    【【中国】日本はその昔、中国のモノや文化をボイコットしたことで歴史を変えた! =中国メディア[12/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ