真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    検討

    btKbf6-c

    【スクープ最前線】日米首脳が韓国に“懲罰”検討、五輪前日「北軍事パレード」静観に激怒 安倍首相への「抗議デモ放置」の衝撃情報も

    ドナルド・トランプ米政権が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に憤慨している。北朝鮮の脅威が続くなか、平昌(ピョンチャン)冬季五輪(9日開幕)に合わせて「南北協調」に猛進しているからだ。6日に来日するマイク・ペンス米副大統領は、安倍晋三首相との会談後、北朝鮮と韓国を意識した「共同文書」を発表する方針。こうしたなか、訪韓する安倍首相への抗議デモが放置されかねないとの衝撃情報も飛び込んできた。北朝鮮は8日、平壌(ピョンヤン)郊外で軍事パレードを開くなど、「平和の祭典」を自国の延命・宣伝に悪用している。朝鮮半島の許し難い最新情勢に、ジャーナリストの加賀孝英氏が迫った。

    以下は下記のZAKZAKサイトで

    1: KSM WORLD NEWS 2018/02/05(月)11:08:42 ID:???
    6

     民進党の大塚耕平代表は4日午後の定期党大会後の記者会見で、「民進党」の党名変更の可否を検討する姿勢を示した。

    (中略)

    (党名変更の可否を)検討することも必要になるかもしれない」と語った。

    産経web/2018.2.4 15:51
    http://www.sankei.com/politics/news/180204/plt1802040013-n1.html

    【【民進党大会】 大塚耕平代表、党名変更も検討 「『このままの名前では難しい』と思っている方もいる」[H30/2/5]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/30(土) 09:42:54.51 _USER9
    10263589_h_zap

    読売新聞は29日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「重大な欠陥がある合意では慰安婦問題は解決されない」という立場を明らかにしたことに関連し、日本政府が長嶺安政駐韓日本大使を帰国させることを検討していると報じた。

    同紙は、安倍首相が前日、外務省の秋葉剛男外務審議官と金杉憲治(金杉憲治)アジア大洋州局長と首相官邸で対策について協議したと伝え、「長嶺大使を一時帰国させる案なども浮上している」と報道した。日本政府は今年初め、釜山(プサン)総領事館前に慰安婦少女像が設置された当時も長嶺大使を帰国させ、85日ぶりに帰任させた。

    同紙は「韓国の慰安婦タスクフォース(TF)が検証結果を公表した直後、文在寅大統領が声明を発表した点から、日本政府は韓国側が近いうちにいかなる形態であれ措置を要求してくるとみている」とし「元慰安婦に安倍首相が手紙を送ることを要求してくる可能性がある」という外務省幹部の発言を伝えた。

    安倍首相と外務省高官らの前日の対策協議では、合意修正要求には一切応じず、韓国側がどう出てくるかによって対応を取る方針を確認したとみられると、同紙は報じた。続いて「安倍首相の来年2月の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)出席も見送る方向で調整されている」と伝えた。

    日本経済新聞も「従軍慰安婦をめぐる日韓合意の履行が暗礁に乗り上げるなか、この時期の訪韓は望ましくないと判断し、平昌冬季五輪への出席を見送る方向で調整に入った」と伝えた。同紙は「首相訪韓は難しくなった。今韓国に行ってもいいことはない」という政府関係者の発言を伝え、「五輪開催時期が通常国会の予算審議日程と重なり、主要国の首脳が出席の意思を示していない点なども影響を及ぼした」と分析した。

    中国北京を訪問中の二階俊博自民党幹事長は記者懇談会で韓日慰安婦問題について「相手の主張を理解する腹構えがなければ、隣国と円満に(外交を)進めていくことは難しい」とし「日韓はお互いになくてはならない国だ。いい関係をつくることに両国が努力すべきだ」と述べた。韓国の慰安婦TF報告書と文大統領の発言については「複雑な感情による厳しい意見は常々ある。いちいち反発していては物事は成り立たない」と話した。

    一方、安倍首相は29日から来月3日まで6日間の休暇に入った。安倍首相は東京のホテルで休暇を過ごす予定であり、来年1月4日に三重県の伊勢神宮を参拝した後、現地で年頭の記者会見をする。この会見で慰安婦問題に対する立場を明らかにする可能性が高い。

    配信2017年12月30日 9時26分
    ライブドアニュース(中央日報)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14097961/

    関連スレ
    【日韓合意検証】政府高官 「ここまで踏みつけられたら日本国民も反発する。安倍首相が平昌冬期五輪に行くのは難しい」★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514542054/

    【【日韓合意検証】「安倍首相、平昌五輪不参加の方向で調整…駐韓大使の帰国も検討」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/06(金) 00:00:12.85 _USER9
    db08c3a4

     希望の党の小池代表(東京都知事)は5日、10日公示・22日投開票の衆院選対応をめぐり、民進党の前原代表と東京都内のホテルで会談した。

     前原氏の出馬要請に対し、小池氏は固辞した。希望は今後、衆院選後の首相指名選挙の候補について調整を進める。

     会談では、前原氏が「衆院選は誰を首相に選ぶかの選挙だ。(希望)代表の小池さんが衆院選に出てほしい」と要請したが、小池氏は「最初から私の衆院選出馬はない」と断った。安倍首相を退陣に追い込む方針では一致した。

     憲法67条の規定で、首相は国会議員の中から指名することになっている。両氏は速やかに希望の首相候補を決めることを確認した。小池氏は会談後、記者団に「結党メンバーとともに、どのような形がいいかを整理したい」と語った。希望は党規約で複数の代表を置けると定めており、首相候補となる国会議員を共同代表とする案が想定される。

     小池氏はまた、「首相指名は、衆院選が終わってから色んな結果を受けて行うものだ」と記者団に強調した。自民、社会、新党さきがけの3党連立による村山内閣が1994年6月に発足した際、自民党が社会党委員長の村山富市氏を首相候補に担いだことを例に挙げ、「当時、自民党はとにかく政権を奪取するために禁じ手を使った。色んなことがあると、過去の例を見て振り返ったところだ」とも語り、他党との連立を選択肢として検討していることもにじませた。

    2017年10月05日 21時42分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171005-OYT1T50097.html?from=ycont_top_txt

    13: KSM WORLD NEWS 2017/10/06(金) 00:06:39.00
    >>1
    こりゃダメだ
    希望終了~~~

    5: KSM WORLD NEWS 2017/10/06(金) 00:03:55.35
    当選者に命令して小沢を指名させるに決まってる

    【【希望の党】小池氏「首相指名は衆院選後に」…他党との連立も検討か 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/30(土) 13:53:20.61 _USER9
    39fc3259-s
    2017年9月30日13時0分

     希望の党(代表=小池百合子・東京都知事)が衆院選で掲げる公約の素案に、憲法改正や消費増税の凍結が盛り込まれていることがわかった。特定業種に限った法人減税、「原発ゼロ」、情報公開、地方分権の推進なども打ち出す方針。自民党と異なる「寛容な改革保守」を強調するため、夫婦別姓の容認を加えることも検討している。希望は詳細を詰めた上で近く公約として公表する。

     党関係者によると、素案では、憲法については9条に限定せず、地方分権など幅広い分野について議論する方針を示す。経済政策では、消費増税の凍結を掲げ、税収減の穴埋めとして公共事業の削減や積極的な国有地売却、官民ファンドの撤廃などを進める。小池氏は消費増税について、28日の日本記者クラブの会見で、「景気条項(をつける)というような形で進めるのが妥当ではないか」と述べていた。

     経済政策では、民間の活用と規制緩和を柱に成長戦略を描く考え。法人税は特定の業種を対象に実効税率を現在の約30%から20%まで引き下げる方針で、対象には、都の「国際金融都市構想」骨子で育成に力を入れると掲げた「フィンテック」(金融とITを活用したサービス)の企業などが挙げられている。

     衆院選に向けて希望は、民進党から合流する前衆院議員との間で政策のすり合わせを始めている。ただし、小池氏は29日の記者会見で「政策は希望の党として作る。(民進の公認希望者が)私どもの政策に同意するかどうか」と述べ、公約作りを主導する考えを示している。

    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9Z2TYHK9ZUTIL002.html?iref=sp_new_news_list_n


    【【衆院選】希望の党 公約素案に「消費増税凍結」「原発ゼロ」、「夫婦別姓の容認」も検討 】の続きを読む

    このページのトップヘ