真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    桜井誠氏

    拡散・こんなことがあっていいのだろうか?YouTubeで桜井誠氏のオレンジ☆チャンネルや日本第一党を紹介するとアカウントごと削除されるというとんでもない言論統制事件が発生している。個人や政党を弾圧するなど日本ではあってはならない事態が発生しています。拡散お願いします。

    58c4db18
     

    1: KSM WORLD NEWS 2016/10/25(火) 22:12:45.25 _USER
     7月31日投開票の東京都知事選に立候補した「在日特権を許さない市民の会」(在特会)前会長で、政治活動家の桜井誠氏(44)をインターネット上で脅すなどしたとして、警視庁が、脅迫や公選法違反(自由妨害)の疑いで、栃木県佐野市の男子高校生(17)や大阪府東大阪市の男子高校生(18)ら計5人を書類送検していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

     送検容疑は、選挙期間中の7月中旬、桜井氏を名指しして「殺す」「当選させたくありません」などとツイッターに投稿した疑い。

     捜査関係者によると、5人は「ネット上の反応が面白くて書き込んだ」との趣旨の供述をしている。

    http://this.kiji.is/163573082072711172?c=39546741839462401


    【【KSM】日本第一党党首桜井誠氏を脅迫容疑 高校生ら5人書類送検】の続きを読む

    1111

    http://ameblo.jp/doronpa01/entry-12201461167.html から転載

    過去、waiwai変態事件(日本人をセックス狂いの変態民族と英文で世界各地に報じた事件)を起こし、桜井ほか行動する保守運動で抗議した際の映像がテレビでも流れた毎日変態新聞。今度は民団新聞(民団の機関紙)が都知事選に絡んで桜井に対し「深刻な打撃を与えることを決意した」と暴力的或いは殺害予告と受け取れる内容で報じたため、お望みとあらばと、選挙中ということもあり民団前で演説を行いました。



    この時「このような卑劣極まりない犯罪行為を行う民団は日本から出ていけ!」と被害者として当然の声を上げたところ、二か月も経って毎日変態新聞が「ヘイトスピーチをなんとかしなければ」と意味不明の主張を紙面で展開しました。この犯罪擁護、桜井が民団の不逞鮮人から打撃を受けても良い、殺されても良いとする論調での論旨の展開は各所から批判の声を浴びています。



    これが仮にも日本の有力紙のやることでしょうか?先に選挙妨害ほか脅迫行為を堂々とやったのは民団側であり、それに対して抗議した桜井の言葉をヘイトスピーチ扱いするとは…呆れてものが言えません。国民の声なき声を拾っていくのが新聞メディアとしての務めであるはずなのに、このように国民ではなく外国人の声を拾い、時にはねつ造歪曲何でもありの既存メディアの実態に多くの国民が気付き、落胆し、そして怒りに燃えるようになったのです。



    この一連の国民vsメディアの構図を図らずも露呈したのが、今回の毎日変態新聞のねつ造ヘイトスピーチ事件であり、因果応報というべきか、平常運転と言うべきか、愚かな変態を何というべきか言葉に迷います。とまれ、この毎日変態新聞の変態記者がヘイトスピーチを語りたければ、まずもって自分たちがやらかしたwaiwai変態事件について日本国民に心からの反省と謝罪を行い、すべての国民から許しを得てからでしょう。



    それが出来ない以上、毎日変態新聞の変態記者が「ヘイトスピーチ」を叫んでも誰も耳を貸さないばかりか、よりいっそうの蔑視を受けるだけです。自分たちはいいけど人は駄目、この勝手極まりない論調こそが、既存メディアに対する国民の不信感の最たるものなのです。



    余談ですが、「桜井に深刻な打撃を与える」と宣言した民団前で選挙演説をやった時、ずらりと黒服の殺し屋のような連中が銃を片手に待っているのかと思っていましたが…誰もそんな根性の据わった不逞鮮人はおらず、おっさん連中が一生懸命こちらをカメラで撮っていただけでした。彼らの言う「深刻な打撃」とはカメラで映すことだったのでしょうか?

     

    【毎日変態新聞からの誹謗中傷に対して 日本第一党 党首 桜井誠氏】の続きを読む

    Cod7Q4iVIAMnPKD

    http://ameblo.jp/doronpa01/entry-12200237531.html
     から転載

    大変お待たせいたしました。
    日本第一党の公式サイトがオープンしました!


    日本第一党
    http://japan-first.net/index.html


    以下の注意事項をよく読まれてご利用下さい。


    ・サイトはこれからも修正して参ります。
    ・入党案内は二週間程度を目途に暫く止めます。
    ・入党案内を止めている間、入党は出来ません。
    ・事務所住所は暫定の住所です。
    ・今後、事務所住所を変更次第お知らせします。
    ・結党大会は12月~来年初頭を予定しています。
    ・個人献金は受け付けています。
    ・注意事項をよく読まれて個人献金をお願いします。


    サイトはまだすべて出来上がっているわけではなく、今後も少しずつ修正や改編を行い、公式サイトとして稼働して参ります。つぎはぎだらけで皆様にはご不満もあるかと思いますが、懸命にサイトを作ってきた管理者のことも考えて、しばらく様子をみて頂ければと思います。


    また注意事項にありますとおり、現在、党事務所として目ぼしい物件を洗っています。事務所が開設しましたら次は引っ越し作業になる予定です。党事務所も決まり次第、暫定から正式な住所に書き直しますので何卒ご了承下さい。


    党員募集受付は今月末から来月初頭を予定しています。結党大会については12月から来年1月の開催予定です。入党関係ではない、個人献金は受け付けております。日本第一党の活動に賛同される皆様には、是非注意事項をよく読まれまして、個人献金をお願いします。


    まだまだ手が行き届いていないところがあるのは重々承知しております。しかし、つい先日おぎゃーと産声を上げたばかりの政党であり、皆さんと共に成長する日本第一党です。まずは一人でも多くの方に政党を認知して頂き、各地方での組織立ち上げを図っていきたいと考えています。


    皆様の協力なしには成り立たない政党です。これから政党を着実に大きくするのも、泡沫政党で終わらせるのも皆様の頑張り次第です。是非、これからの日本を大きく変えていくために、歴史のターニングポイントとなるために、日本第一党にご支援ご協力をよろしくお願いします。

     

    平成28年9月16日(金)
    日本第一党 党首
    桜井誠

     

    このページのトップヘ