真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    核戦争

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/30(月) 08:13:26.94 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    20161027-03564675

    フィリピンのドゥテルテ大統領が来日しました。31日までの日程で、滞在中は安倍総理大臣との 首脳会談や天皇陛下との面会が予定されています。

    「核戦争は誰にとっても受け入れがたい。誰かが金正恩(キム・ジョンウン)党委員長と 話をしなくてはならない」(ドゥテルテ大統領)


     日本に向け出発する前に行った会見で、北朝鮮をめぐる情勢に危機感を示した ドゥテルテ大統領。そのドゥテルテ大統領が30日午前3時前、東京・羽田空港に到着しました。 31日までの日程で、去年10月以来2回目の来日です。

     安倍総理との会談では、北朝鮮情勢や中国が拠点化を進める南シナ海情勢などについて 議論される見通しです。また前回、三笠宮さまの逝去で中止となった天皇陛下との面会も 予定されています。
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3197679.html

    【フィリピンのドゥテルテ大統領が来日「核戦争は誰にとっても受け入れがたい。誰かが金正恩(キム・ジョンウン)党委員長と 話をしなくてはならない」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/02(火) 13:03:49.12 _USER
    2017-05-02T032627Z_1_LYNXMPED4105X_RTROPTP_3_NORTHKOREA-NUCLEAR

    韓国国防省報道官は2日、米韓合同軍事演習の一環で、米戦略爆撃機「B━1B」2機が1日に朝鮮半島上空を飛行したことを明らかにした。 北朝鮮の挑発行為を阻止するとともに、同国の核・ミサイル開発の脅威に対応することが狙いと説明している。

    これ以上の詳細は明らかにしなかった。

    北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は2日、米戦略爆撃機が北朝鮮領内で「大規模な目標に対する核爆弾投下訓練を行った」と非難。 トランプ米大統領などの「米国の主戦論者は(わが国に対する)核の先制攻撃を求めている」と伝えた。

    さらに「無謀な軍事挑発は、朝鮮半島情勢を核戦争の瀬戸際にさらに追い込んでいる」と表明した。
    http://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-bombers-idJPKBN17Y08Q

    【【朝鮮半島】 米戦略爆撃機、上空を飛行・・・北朝鮮が非難 「核戦争の瀬戸際」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/22(土) 17:30:03.57 _USER
    20161001-00062774-roupeiro-000-2-view

    朝鮮半島情勢が緊迫する中、北朝鮮は21日、「核戦争には核で応じる」との声明を発表し、圧力を強めるアメリカを強くけん制しました。

    「我々の軍隊や人民はカール・ビンソン号のような核航空母艦打撃団であれ、それ以上であれ、何も知らずに飛びかかる分別のない愚かな群れとしか見ていない。 全面戦争には全面戦争で!核戦争には我々式の核打撃戦で!」(「朝鮮アジア太平洋平和委員会」報道官声明)

    北朝鮮は「朝鮮アジア太平洋平和委員会」の報道官声明で、「アメリカ本土に核の雹(ひょう)が降り注いでも、責任は挑発した側にある」 と、アメリカを強くけん制しました。

    アメリカの北朝鮮分析サイト「38ノース」は、5台のトロッコやトレーラーが映った19日撮影の核実験場の衛星写真を公開し、 6回目の核実験がいつでも行われる状況が続いているとしています。
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3035823.html

    【【北朝鮮声明】 「全面戦争には全面戦争で!核戦争には核で応じる」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/11(火) 09:30:42.53 _USER
    3766

    トランプ米政権のシリアへの軍事攻撃に対し、北朝鮮は強い反発を示した。 11日の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の党トップ就任5年や最高人民会議(国会に相当)開催を前に、 核・ミサイル開発を正当化し、米国との対決姿勢を鮮明にしている。

    党機関紙、労働新聞は9日、論説で「米国と追従勢力の戦争挑発は危険ラインを越えている」と強調し、 「(金正恩)最高司令官を絶対的に信じ、あす核戦争が勃発するとしても恐れない」と主張した。
    http://www.sankei.com/world/news/170410/wor1704100044-n1.html

    【【国際】 北朝鮮 「あす核戦争が勃発するとしても恐れない」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/02(木) 10:46:24.18 _USER
    【平壌3月2日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍総参謀部のスポークスマンは米帝と南朝鮮のかいらい好戦狂が1日からわが共和国を狙った侵略的な合同軍事演習を強行する道に入ったことに関連して2日、次のような談話を発表した。

    20160119-00053575-roupeiro-000-3-view

    歴代最大の規模で行われる今回の戦争演習には、南朝鮮占領米帝侵略軍と海外から増強される米帝侵略軍兵力、南朝鮮のかいらい軍、複数の追随国の兵力を含んで例年になく膨大な侵略武力が参加するという。

    米帝侵略軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」号、「カール・ビンソン」号の両打撃団と原子力潜水艦、核戦略爆撃機、ステルス戦闘機、イージス駆逐艦など、各種の戦略資産も総投入されるという。

    すでに、朝鮮半島とその周辺に機動展開された米帝の数多くの殺人作戦集団と核打撃手段が北侵攻撃のための出発陣地に機動を開始した。

    敵は、今年の「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」合同軍事演習で共和国への先制打撃を狙った「4D作戦」をより具体化すると同時に、高高度ミサイル防衛システム「THAAD」の配備を想定した訓練まで実施すると公然と発表した。

    このような戦争演習騒動が、米帝が昨年末から南朝鮮に600万トン以上の弾薬と装備を秘密裏に引き入れ、最近、南朝鮮占領米帝侵略軍の家族と米国市民権を持つ滞在者を緊急退避させるための対策まで立てておいた状態で強行されることによって、その危険性がより大きくなっている。

    重大な現情勢に対処して、朝鮮人民軍総参謀部は朝鮮革命武力の原則的な立場を次のように明らかにする。

    1.米帝と南朝鮮のかいらいがわれわれの面前で危険極まりない北侵核戦争演習をまたもや強行した以上、わが軍隊はすでに宣布した通りに超強硬対応措置で立ち向かうであろう。
    世界に公開したわれわれのこの立場は決して、空言ではない。


    2.米帝と南朝鮮のかいらいがわが共和国の自主権が行使される領域にたった一点の火の粉でも落とすなら、即時無慈悲な軍事的対応が開始されるであろう。
    朝鮮革命武力が持つべきものは全部持っており、恒常的な臨戦状態にあるということを忘れてはいけない。


    3.米帝の対朝鮮敵視政策に同調して無分別に今回の北侵戦争演習に参加した追随勢力もわが軍隊の打撃目標になるであろう。
    上司を背負って無分別にのさばる手先の運命はいつも悲惨であったということを銘記すべきである。


    談話は、朝鮮人民軍は正義の核の霊剣で侵略者の核戦争騒動を無慈悲に粉砕すると警告した。―――


    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf



    【【北朝鮮】正義の核の霊剣で侵略者の核戦争騒動を無慈悲に粉砕する[03/02]】の続きを読む

    このページのトップヘ