真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    株価

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/07(火)13:53:50
    aa
    ◆株価、バブル後最高値突破 一時25年10カ月ぶり水準、企業決算と米株高好感
    [産経ニュース 2017.11.7 13:30]


     7日の東京株式市場は国内企業の好決算と米株高を材料に
    日経平均株価(225種)が続伸し、平成8年6月に記録したバブル経済崩壊後の
    終値最高値2万2666円80銭を一時突破した。上げ幅が300円を超え、
    取引時間中として約25年10カ月ぶりの高水準を付ける場面もあった。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/economy/news/171107/ecn1711070035-n1.html

    【【経済】株価、バブル後最高値突破 一時25年10カ月ぶり水準、企業決算と米株高好感[H29/11/7]】の続きを読む

    c29a65bc

    1 :
    モチモチの木φ ★:2017/10/08(日) 12:00:42.54 ID:???
    ■アベノミクス高値更新あと177円 連休明け以降 株価「2万1000円」予想も 懸念材料は北ミサイル

    連休明け10日以降の東京株式市場では、日経平均株価が安倍晋三政権の経済政策

    「アベノミクス」のもとでの高値(終値では平成27年6月24日の2万0868円03銭)を更新するかどうかが注目される。米国株が過去最高値圏にあり、円相場も最近は1ドル=112~113円台で落ち着いており、市場関係者からは2万1千円近くまで上がる可能性があるとの声もある。

    平均株価は、6日の終値が前日比62円15銭高の2万0690円71銭と、アベノミクス高値の更新まであと177円あまりに迫った。6日は今年初めての5営業日続伸となるなど、強気の相場展開が続いている。

    足元の株高の背景にあるのが、米国株高と安定した円相場だ。6日のダウ工業株30種平均は小幅ながら8営業日ぶりに下落したが、ハイテク株主体のナスダック総合指数は6営業日連続で最高値を更新。6日の円相場は9月の米雇用統計の発表などを踏まえながら1ドル=112円台半ば~113円台半ばで推移した。

    みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリストは「最近発表された米経済指標は軒並み良好で、
    米税制改革が前進するとの期待もあり、米国株が上昇している。円相場も安定して推移している」と指摘。その上で、連休明けの週(10~13日)に平均株価は「アベノミクス高値を更新して2万1千円近くまで上がる可能性がある」との見方だ。

    松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリストも10~13日の平均株価について
    「基本的には上昇基調を維持する」として上値メドは2万0900円程度とみるが、「懸念材料がないわけではない」と話す。北朝鮮は、10日が朝鮮労働党創建記念日だ。弾道ミサイル発射などの挑発行為が具体化すれば、地政学リスクが再燃して投資家が株売りに動く恐れがある。
    >>2へ続く)


    ソース:http://www.sankei.com/economy/news/171007/ecn1710070023-n1.html
    【【経済】アベノミクス絶好調 高値更新あと177円 連休明け以降 株価「2万1000円」予想も 懸念材料は北朝鮮】の続きを読む

    1

    【KSM 6月27日12:50】 イギリスのEU離脱で1200円日経平均が下がっていましたが、反動で騰がりはじめました。急落後は急騰することが多いので、予断は許せませんが、為替も102円前後で推移。
    安倍政権はあらゆる措置を講ずると先日発表しておりました。その効果がどのぐらい出るかを見定めるチャンスでもあります。現在の状況を乗り越えられるようであれば、混乱を乗り越えることができる強力な体制だと言えるでしょう。どのように推移するか見ていきたいと思っています。

    首相「あらゆるリスクの芽摘む」 政府・日銀緊急会合 
     2016/6/27 8:29
     http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK27H19_X20C16A6000000/


    安倍晋三首相は27日朝、首相官邸で金融市場の安定に向けた政府・日銀の緊急会合を開き「金融市場にはまだ不透明感、リスク懸念も残っているところであり、引き続き市場の安定を図ることが大事だ」と強調した。

     そのうえで「必要なのは国際協調のためG7(主要7カ国)が結束を強め、世界経済の成長に向け、あらゆるリスクの芽をひとつひとつ確実に摘んでいかないといけない」と指摘。「日本の実体経済、中小企業の活動に影響が出ないように万全を期していく」と述べた。

     「麻生太郎財務相は日銀との連携のうえ、為替市場を含む金融市場の動きにこれまで以上に注意を払ってほしい」と指示した。(続きは下記URLから)

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK27H19_X20C16A6000000/


    安倍首相「あらゆる政策を総動員する」

    日本テレビ系(NNN) 6月24日(金)16時56分配信

     イギリスのEU離脱が確実と報じられ、株価が暴落したことを受けて、麻生財務相が24日午後、緊急の記者会見を行った。
     「世界経済、金融為替市場等々、与えるリスクは極めて憂慮している。とりわけ足もとの為替の市場では、極めて神経質な動きが見られる。そのような動きが継続することがないよう為替市場の動向を、緊張感をもって、これまで以上に注視して必要な時にはしっかりと対応したい」-麻生財務相はこのように述べ、特に為替市場の動向に注目して、政府による為替介入についても辞さない考えを示唆した。

    (続きは→http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160624-00000074-nnn-pol

    最新の日経平均株価はこちらでご確認ください。
    http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.O



    このページのトップヘ