真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    朝鮮民族

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/16(日) 18:48:19.06 _USER
    thumb-12211-193337-world

    「五千年民族史の大慶事」

    労働新聞が伝えるところによるとICBM「火星14」型試射が成功裏に行われた日、金正恩委員長は花束を持って金日成主席と金正日総書記の銅像が立つ万寿台の丘を訪れた。春夏秋冬

    ▼試射成功を祝う盛大な国家行事も行われた。核実験や人工衛星打ち上げに成功した時よりも歓喜の度合いは高い。国内メディアによると民族の宿願である「強力な国防力」を手にした喜びだという。

    念頭にあるのは米国だけではない。今回の成功は、朝鮮半島が周辺列強の角逐戦の舞台になった悲嘆の歴史と結びついている。自国を守る力がないがゆえに蹂躙され、支配された民族の記憶だ。

    ▼主席と総書記は、大国に媚びる事大主義を民族生存の方策とした受難史に終止符を打ち、自主自決の新たな歴史を切り開いた。その軌道に沿って朝鮮は「米国の心臓部を攻撃できる」ICBMを手にした。金正恩委員長は「火星14」型の開発者たちを表彰する式典に参席し、彼らが主席と総書記の大業を成し遂げるために奮闘したと称えた。

    ▼朝鮮では今回の成功を「五千年民族史の特筆すべき強国の大慶事」と評している。金正恩委員長も表彰式で「朝鮮の戦略的地位と世界の政治構図を根本的に変えた」とその意義を強調した。

    敵対国は「火星14」型の性能を過小評価するのに躍起になっているが、真相は今後の情勢によって明らかになる。大国の強権と横暴に立ち向かう朝鮮の自主外交は一層力強く展開されるはずだ。(永)
    http://chosonsinbo.com/jp/2017/07/skst-130/

    【【話題】在日「朝鮮民族5000年の歴史」ICBM「火星14」型試射が成功】の続きを読む

    o0800060013423657103
    IMG_20160821_0002_imgs-0001
               ステルス社説の例

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/19(木) 16:52:11.16 _USER9
    朝日新聞が1月14日に掲載した読者投稿欄がネットで話題になっています。

    これは「少女像に涙 予科練だった私」というタイトルで掲載された京都府在住の88歳の人物が投稿したコラムで、
    自らの戦争体験を元に日本人を痛烈に批判しています。

    この人物は韓国の慰安婦像を見て自身の少年時代を思い出し涙を流したとして当時の日本人が差別していたと語っています。

    「日本軍と日本人の、朝鮮人に対する無慈悲な扱い、差別を知り抜いている」
    「朝鮮民族をさげすんだ日本人に、少女らが感じた恐怖の闇」

    投稿は安倍首相が慰安婦像に反感をむき出しにしていると指摘し、
    現在の日本人に対し「女性に逆に謝らねばならぬのに。こんな日本人でいいのか」と問題提起して終わっています。

    このコラムが話題になった理由はまず投稿した88歳の男性が「単なる一読者」ではなく、
    過去にもメディアで取り上げられていた人物と同姓同名・同年齢であることが判明したことから同一人物だろうと見做されているためです。

    2015年9月に日刊ゲンダイはSELADsの活動を励ましたとしてこの人物が寄せていたという朝日新聞の投稿を紹介していました。
    当時、SEALDs界隈では投稿が注目を集めていたようで、共産党の衆議院議員が投稿をツイートしていたことも判明しています。

    他にも1999年には「天皇制から共産主義へ」と題した著書を出版していたり2017年にも新聞赤旗で取り上げられていたことがわかったため、
    単なる一読者ではない人物のコラムであるとして朝日新聞への厳しい意見が顕在化している形です。

    多くの人は今回の朝日新聞コラムを投稿した人物の背景を知ると朝日新聞が読者の声を借りて
    政府や日本を批判する論調を形成しようとしているのではないかと不快感を持ち、
    「せこい手法だ」「社説で堂々と主張してみろ」「当社の見解ではありませんって逃げ道を作っているのか」といった非難が続出しています。

    朝日新聞では韓国への対抗措置が発表されると「冷静さを欠いている」「過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招く」
    などと政府の対応を社説で批判していた他、編集委員を名乗る人物がTwitterで首相や政府が「逃げようとしている」などと語り炎上していました。

    ある意味でブレのない朝日新聞らしい投稿の選択だったとも言える今回の件ですが、
    まるで「ステルス社説」のように読者の声欄を利用しているのではないかとの見方をされてしまったことが朝日新聞への批判を強めてしまったと言えそうです。
    http://www.buzznews.jp/?p=2105414

    「彼女は少女だったのだ!」 謝らねばならぬのに安倍政権は少女像に反感むき出し こんな日本人でいいのかと朝日新聞投書★7
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484704098/

    投稿でSEALDs励ます 加藤敦美さん「若者たちに希望感じる」
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163352

    天皇制から共産主義へ 加藤敦美(著)
    https://www.amazon.co.jp/%E5%AD%E5%9C%A8%E3%A8%E9%9D%9E%E5%9C%A8%E3%AE%E7%A9%E8%AA%9E%E2%95%E5%A4%A9%E7%9A%E5%B6%E3%8B%E3%89%E5%B1%E7%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%B8-%E5%8A%A0%E8%A4-%E6%A6%E7%BE%8E/dp/4887377754

    【【朝日がステルス社説】 「朝鮮民族をさげすんだ日本人」 朝日新聞が読者の声を借りて日本批判?】の続きを読む

    このページのトップヘ