真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    最近

    ダウンロード

    4月15日の産経新聞の報道『
    731部隊、人体実験か 軍医論文「不自然」と研究者有志』。久しぶりに常石敬一のお名前が。

    ・・・引用ここから

    滋賀医科大の西山勝夫名誉教授らが設立した「満州第731部隊軍医将校の学位授与の検証を京大に求める会」が主催。同部隊の研究を続けてきた神奈川大の常石敬一名誉教授が講演した。

    常石氏は論文内の「サルが頭痛を訴えた」との記述について、「頭痛を訴えるサルがいるのか」などと不自然さを指摘した。

    ・・・引用ここまで

    常石敬一、松本サリン事件の時に毒ガス専門家と称して「サリンは農薬から作れる」と言い、この事が河野さんの冤罪を生んだ。そして常石敬一の言を盲信した民進党から立憲民主党に鞍替えした当時TBSのキャスターであった杉尾秀哉。杉尾秀哉は河野さんをスタジオに呼び、犯人前提で質問を繰り返した。

    テレビは何を伝えたか  松本サリン事件のテレビ報道から



    常石敬一、731部隊の話題の時には出て来るけど、彼の専門は毒物でも化学兵器でもなく科学史。以前、中国からの輸入冷凍餃子から危険水準の農薬が検出されたとき、ニュースで常石敬一が引っ張りだこになっていたけど、専門家の間では「何故素人にコメントを求めるのか」と訝しがられていた。お時間があれば『メタミドホス入りギョーザ』を。当時の常石の発言内容は今はもう無いですね。

    常石の言う731部隊、NHKでもNHKスペシャルで「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」というのをやっていましたよね。NHKでは終戦直後と言うけれど、ハバロフスク裁判が行われたのは1949年の12月、これをNHKは終戦直後と言う。

    ハバロフスク裁判が行われるまでの戦後4年間に捕虜となり、NHKの言う録音テープに記録された証言をした日本兵。ソ連共産党は日本兵を教育した、中国共産党に教育された中帰連と同じように思想教育をされた。その中でハバロフスク事件が起きた、興味のある方はお調べを。

    2007年、アメリカは対日機密文書(細菌戦等)10万ページを公開した。しかし常石らの言う細菌戦、そしてハバロフスク裁判で裁かれた罪状の証拠は一枚も発見されなかった事実。東京裁判で何故裁かれなかったかという事実。都市伝説はいいかげんにしてくれ。

    しんぶん赤旗に連載された森村誠一著「悪魔の飽食」、森村さん何故に証拠であった掲載写真を引っ込めたんですか。何故物的証拠が1つも発見されないんですか。真空の部屋に放り込んだと言うけど、真空の部屋は何処にあって、作れたんですか。このような疑問点が他にも一杯あるのに、なんであなたはそれに対して回答しないんですか。常石敬一さん、何故だか教えて下さい。

    ・・・・・・・・・・



    https://minkara.carview.co.jp/userid/757405/blog/41354604/







    【最近の731部隊の報道の裏側「松本サリンの冤罪を作り上げた常石敬一が・・・。」】の続きを読む

    MwmUvJVC_400x400

    中国という国は平気で嘘の主張し、例えば尖閣諸島や沖縄等、欲しい土地は「そこは日本の領土ではない」等と平気で言う。実は最近中国は「北海道は日本の領土ではない」との主張をし始めたことを、皆さんご存知だろうか?ウィグルやチベットを見るとき、笑い話では済まされない。
    【最近中国は「北海道は日本の領土ではない」との主張をし始めた】の続きを読む

    2015122200004_1

    放送法遵守を求める視聴者の会が昨年末に行なったネットモニターへのサンプリング調査では「最近のテレビは偏向報道が増えている」が67.8%、「偏向報道をしている番組のスポンサーの商品を買いたくない」が47.5%でした。ただし、説得力を持たせるにはRDD方式の調査の実施が望まれるところ。

    live_h26_02625174398

    つい最近、ネット上での誹謗中傷で刑事事件➡罰金刑となったケースについて聞いたけど、罰金刑でも「前科」つくからね。いろいろ支障が出て、旅行も自由にできなくなる。こういうこと知らずに他人をネット上で貶めて喜んでいるなんて愚かしいね。 あ、おめでとうございます。本年もよろしく😃✌



     刑事事件になる(参考)
     https://www.fuhyo-bengoshicafe.com/bengoshicafe-12265.html

    ネット誹謗中傷行為を行った場合、刑事手続きでも問題になる可能性があります。相手方から刑事告訴されて、警察に逮捕されることもあります。
    相手の誹謗中傷内容によって、成立する犯罪が異なります。
    ネット誹謗中傷で成立する可能性のある犯罪は、名誉毀損や侮辱罪、業務妨害罪が代表的です。

    事実を摘示して相手の名誉をおとしめる書き込みをしたら名誉毀損になりますし、事実以外の方法で相手を侮辱した場合には侮辱罪になります。
    飲食店や会社などの悪口を書き込んだ場合、それが営業妨害行為とみなされることがあるので、その場合には業務妨害罪が成立します。
    もちろんこの場合には前科がついてしまいます。前科は、いったんつくと一生消えないので、重大です。

    04_2

    page001 (1)

    page001

    20150428_1059878

     大阪「正論」懇話会の第49回講演会が20日、大阪市北区のホテル阪急インターナショナルで行われ、評論家の江崎道朗(みちお)氏が「半島危機と歴史戦」と題して講演した。江崎氏は、北朝鮮情勢の鍵を握る中国に関し、「歴史戦で反日宣伝による日米分断工作に引っかかってはならない」と警鐘を鳴らした。

     江崎氏は、トランプ米大統領の支持基盤である米保守派に最近、旧ソ連の秘密工作が日米開戦の元凶だったという歴史観ができたと紹介。「トランプ政権は先の大戦の反省を踏まえ、的確なインテリジェンス(諜報)を踏まえた戦略を作りはじめた」と指摘した。

    以下産経ニュースで http://www.sankei.com/west/news/171220/wst1712200080-n1.html


    このページのトップヘ