真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    暴力

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土) 00:03:50.04 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    民進党・階猛議員「肩に『手をかけた』のは事実」認めるも自民議員に謝罪と発言の撤回を要求

    4月28日の衆議院法務委員会で、21日の同委員会でヤジを飛ばした自民党議員に詰め寄って肩を小突いていた民進党の階猛議員が 自身の行為に触れるとともにヤジを飛ばした土屋正忠議員の発言撤回と謝罪を求めるシーンがありました。

    「肩に手をかけたのは事実」

    民進党の階猛議員は4月21日の衆議院法務委員会でテロ等準備罪法案の質疑に立った際、 委員長が金田法相ではなく法務省の刑事部長に答弁するよう指名すると「ダメダメダメ!」 「あなたは関係ない出ていって下さい!」などと答弁台を叩くなどしたため、議場は騒然となっていました。

    議事も一時中断していましたが、その間の階議員など民進党議員の様子に対して自民党の土屋正忠議員が 「今のはテロ、テロ準備行為じゃないか?」とヤジを飛ばしたため階議員は土屋議員に詰め寄り 「今言ったのは誰だ!!」「なんだそれはぁ!!」などと激昂、土屋議員の左肩を小突く行為に及んでしまいます。

    28日の質疑で階議員は改めてこのシーンを振り返ると刑事部長ではなく金田法相が答弁すべきだったとの主張を展開、 答弁した刑事部長への抗議を正当だったと解釈すると土屋議員のヤジを「正当な根拠に基づく抗議にテロ準備行為とレッテルを貼った」と非難。

    これに対しては与党議員らからのヤジも飛びましたが、階議員は土屋議員の肩を小突いた件を指摘されると 「肩に手をかけたのは事実」と認めた上「不快な思いをさせたのであればお詫びをします」といいつつも、 問題視するというのであれば「どうぞ理事会で私の行動を取り上げて頂いて結構でございます」 と強い調子で語り改めて土屋議員のヤジについての謝罪と発言の撤回を求めていました。

    http://www.buzznews.jp/?p=2108147


    https://pbs.twimg.com/media/C-d1kn3VwAEE_GZ.jpgno title

    https://pbs.twimg.com/media/C-d1krdUwAA7ANS.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/C-d1knDVoAIh3zl.jpgno title

    動画
    https://twitter.com/take_off_dress/status/856332469133492224

    【国会で自民議員に暴力を振るった民進党・階猛議員、犯行を認めるもなぜか被害者に謝罪を要求wwww】の続きを読む

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/から転載



    これまで6月5日の川崎デモについては、在日側が暴力で我々のデモを潰したという事実だけは明らかにして、それを歴史に刻まなければならないーと強く言い続けてきた。


     何故ならば在日側や左翼は非暴力で我々の側は何もしていないなどと嘘を平気でついてきたからです。参加した人は私も含めて暴力を振るわれました。

     よって参加した人には警察に被害届を出すように働きかけをしてきました。実際に被害届が受理されていましたが、警察は受理して捜査を行うことを約束はしましたが、ブログなどで書くと捜査がスムーズに出来なくなるなどと言うので、これまで非常に悔しい思いをして来ましたが、沈黙してきました。

     しかし、暴力行為に及んだ連中が自らこれをネットに昨日挙げたので、別に警察に遠慮する必要がなくなったので公表させて頂きます。

     川崎反ヘイト救援会の名称で次のような文章が出されています。


     神奈川県警への抗議声明文

        2016/12/7(水) 午後 3:34 日記  

     私たち「川崎反ヘイト学生救援会」は、神奈川県警による学生に対しての「器物損壊容疑」を理由にした不当な任意出頭要求・家宅捜索に抗議し、本声明を公表します。
     
     発端となったのは、今年6月5日に行われた「川崎発!日本浄化デモ第三弾」に対する抗議行動です。デモ名が一例を示すように、在日外国人が多く居住する川崎市では、とりわけ外国人居住者の集中する地域を標的とした差別扇動行為(ヘイトスピーチ)が繰り返されており、これに反対する多くの市民が抗議行動を続けてきました。私たち学生も、民主主義社会でのヘイトスピーチの蔓延を許してはならないという意思のもと、抗議行動に参加してきました。こうした草の根によるヘイトスピーチへの批判的な世論は次第に全国的な高まりを見せ、6月5日には市民の抗議の中、行政指導のもと主催者がデモの中止を決定するという結果に至ります。
     
     ところが10月、突如神奈川県警は抗議に参加した一学生に対して、器物損壊を被疑事実とする任意出頭要求や実家への訪問を再三にわたって行い、12月には学生の居宅を捜索するという行動に出たのです。警察の主張する被疑事実はまったくの虚偽であり、当学生が嫌疑をかけられるいわれはありません。にもかかわらず、不相当な理由に基づいて捜索を行い、学生の私物を押収した神奈川県警の行為は暴挙というほか無く、到底許容できるものではないと言えます。
     
    付言すれば、近年日本国内では通称「ヘイトスピーチ解消法」の制定・施行を代表に、ヘイトスピーチを繰り返す団体に対する社会的包囲が形成されてきました。こうした状況の中で、ヘイトデモ側の言い分を根拠に嫌がらせにも等しい「捜査」を行う神奈川県警は、まさしく社会に逆行するものであり、反差別街頭運動を不当に抑え込んでいるという糾弾を免れえないのではないでしょうか。
     
    先日、沖縄・高江における機動隊員の「土人」発言が問題になりました。鶴保沖縄・北方担当相による擁護と、それを承認する閣議決定は耳目に新しいことでしょう。また、ヘイトデモに対する過剰警備や、抗議側への過剰規制はたびたび批判されてきました。今現在問われているのは、警察が持つ立場性に他なりません。警察組織は直ちに、差別に対する立場を明確にする責任を負っていると考えます。
     
     私たちは上記のような、神奈川県警による不当な捜査の執行に強く抗議します。神奈川県警は、直ちに事実の基礎を欠く捜査を中止し、押収品を還付するとともに、当該学生に対して謝罪せよ。また差別・排外主義に断固反対し、ヘイトスピーチ解消に向け尽力する旨の声明を発表せよ。


     http://blogs.yahoo.co.jp/anti_hate_kyuen/36575311.html

     おそらく強制捜査を覚悟したので、このような救援組織が立ち上がったものと思います。素直に出頭に応じていれば、書類送検で済まされた可能性もありますが、これで逮捕は確実の情勢と思われます。

     ここからが反撃です。これまで川崎デモは我々が在日側への一方的な加害者扱いばかりで、実際に暴力でデモを阻止された被害者であるのに、それを役所も新聞社もそれを認めようとしなかった。

     これでようやくデモ中止に至る真実が明かされることになります。

     行動する保守運動=被害者

     在日・左翼(共産党を含む)=加害者


     我々は川崎において再び攻勢に出ます。最初は我々に公園を貸さなかった川崎市と市長の責任を問う街宣を呼びかけたいと思います。時期的には年明けからの戦いとなります。

     川崎デモに参加し、又参加者をネットで呼びかけた私としては、今後この戦いに全力で取り組むつもりです。川崎市役所前の街宣には多くの方々に集まって欲しい。

     在日と左翼によって牛耳られる司法・行政・マスメディアとの戦いは、もはや避けることは出来ません。川崎駅前においても署名活動や街宣も準備したいと思います。

    続きはせと弘幸氏のブログで
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

     
    <日本第一党 入党のご案内> 

    日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。


    是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。


     すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。


    日本一の党員をお待ちしています! 


    日本第一党

    http://japan-first.net/index.html

    CwNJ5dNUAAAdlO4




    02d29053

    「彼らには友達がいないんですよ(笑)」とおっしゃる安田浩一先生の素敵なお仲間

    895b8972-s
    dc0324ec-s
    http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2006_01_06/n6278.htm 

    別サイトにこの動労千葉の時の記事が載っていたがサイトが
    8c643b90-s

    http://machiopenspacemachi.web.fc2.com/machi2006.3.4.html

    へぇ~
    辺野古テントはあの西早稲田2-3-18繋がりですが

    http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/19223009.html



     



    【KSM】沖縄、高江 新聞報道とは違う、警官への暴力と私設検問の実態をご覧ください

    最近の動画
    【KSM】沖縄・嘉手納基地の基地外サヨクの違法行為と問題点を明確にする動画 
    https://www.youtube.com/watch?v=MRJn4So6Nuw

    【KSM】桜井誠氏が民団前で選挙演説を行った理由 毎日・朝日は「偏向記事」を民団は「脅迫」の謝罪をしろ
    https://www.youtube.com/watch?v=xA4hVNvLmro

    【KSM】産経社説 朝鮮大学校認可 小池百合子都知事は過去の美濃部知事の過ちを正すか
    https://www.youtube.com/watch?v=lCY4btP7kcw

    【KSM】サムスン「火を噴くスマホ」Galaxy Note 7以外でも次々と爆発事故発生
    https://www.youtube.com/watch?v=XmNjxhnAUvo

    【KSM】民進党・蓮舫代表が『琉球大から女工作員』認定される。KSMの仮説「サヨクの行動の逆が常に正しい。」
    https://www.youtube.com/watch?v=TC9aLZPqKnY

    【KSM】沖縄サヨク 沖縄県民を詐称するプロ市民 暴力的な正体を晒しまくる! 
    https://www.youtube.com/watch?v=08pY64iHZ_M

    【KSM】百田尚樹氏、阿比留瑠比氏が『沖縄・高江のプロ市民と琉球新報の偏向報道』を徹底批難 
    https://www.youtube.com/watch?v=I5LNGoVVSq8

    【KSM】検証『朝鮮大学校に8年前日本で初めて抗議した男、日本第一党 桜井誠の主張は正しかったか』 
    https://www.youtube.com/watch?v=dSR0yxAISS0




     
    【【KSM】沖縄、高江 新聞報道とは違う、警官への暴力と私設検問の実態をご覧ください】の続きを読む

    このページのトップヘ