真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日米首脳電話会談

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/30(月)06:44:33
    ◆「マッド・ドッグをよろしく!」 トランプ大統領は和やかに42分間 日米の蜜月を内外に示したその狙いは?
    [産経ニュース 2017.1.30 01:00]

    magw161208-maddog-thumb-720xauto

     予測不能なトランプ米大統領は一体何を言い出すのか。安倍晋三首相は
    どう切り返すべきか-。28日夜の電話会談を前に、日本政府はあらゆるシナリオを
    想定して臨んだが、42分間に及んだ会談は、肩すかしなほど和やかな
    雰囲気となった。

     「娘のイバンカはあなたのことを非常に高く評価していたよ。めったに他人を
    ほめない娘なんだが…」


     トランプ氏は会談冒頭、こう語った。口調は終始穏やかで、テレビで見せるような
    挑発的な態度は一切なかった。

     安倍首相は昨年11月の米大統領選直後、米ニューヨークでトランプ氏と
    90分間にわたり会談した。この際、イバンカ氏は、夫のクシュナー氏
    (現大統領上級顧問)とともに出迎え、会談も一部同席した。トランプ氏が
    イバンカ氏の話を持ち出したのは、就任前に外国首脳の中でいち早く自らを訪ね、
    胸襟を開いて会談した安倍首相への謝意の表れだといえよう。

     □ □ □ 

     当初、日本政府は、トランプ氏が電話会談で、貿易不均衡など通商政策に関して
    前哨戦を仕掛けてくるかもしれないとみていた。

     ところが、トランプ氏は自動車など具体的な話には踏み込まなかった。
    かねて主張してきた在日米軍駐留経費負担増にも一切触れなかった。


         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/premium/news/170130/prm1701300007-n1.html

    【【日米首脳電話会談】「マッド・ドッグをよろしく!」 トランプ大統領は和やかに42分間 日米の蜜月を内外に示したその狙いは?[H29/1/30]】の続きを読む

    20161110-00064283-roupeiro-000-3-view

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/29(日)07:07:54
    ◆日米同盟、両国経済の重要性で一致 TPPなどは触れず 2月の会談を確認
    [産経ニュース 2017.1.29 01:49]


     安倍晋三首相は28日深夜、トランプ米大統領と電話会談を行った。両首脳は、
    2月10日に米ワシントンで初の首脳会談を行うことで合意した。安倍首相は
    電話会談後、官邸で記者団に「日米首脳会談で経済や安全保障全般において率直で
    有意義な意見交換をしたい」と意欲を示した。電話会談では首相が日本の
    自動車産業の米国への貢献に言及しており、ワシントンでの首脳会談では
    通商政策の議論が焦点になりそうだ。


     電話会談は約40分間で、両首脳がトランプ氏の大統領就任後に直接会話を
    したのは初めて。安倍首相は電話会談で「トランプ氏は就任直後から精力的に
    行動し、トランプ時代の幕開けを強烈に印象づけた」と就任の祝意を伝え、
    トランプ氏は謝意を示した。

     首相はその上で「トランプ氏のリーダーシップによって米国がより一層、
    偉大な国になることを期待している。信頼できる同盟国として役割を果たして
    いきたい」と強調。これに対し、トランプ氏は「日本の安全確保に対する米国の
    確固たる責任」を確認し、日米同盟の重要性を共有した。


         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170129/plt1701290008-n1.html

    【【日米首脳電話会談】日米同盟、両国経済の重要性で一致 TPPなどは触れず 2月の会談を確認[H29/1/29]】の続きを読む

    ダウンロード

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/29(日) 02:23:54.06 _USER9
     【ワシントン=加納宏幸】米ホワイトハウスは28日、トランプ米大統領と安倍晋三首相の電話会談に関する声明を発表した。トランプ氏は首相に「日本の安全保障を確実にするための断固とした米国の責任」を伝達。両首脳は「地域や世界の諸問題に関する日米同盟や両国の協力の重要性」に関して協議した。

     両首脳はまた、3日からのマティス国防長官の訪日の重要性を確認し、北朝鮮がもたらす脅威に取り組むため、日米両国で協議し、協力を進めていくことを確認した。「2国間の貿易・投資を深める」ことでも一致した。

     トランプ氏、安倍首相は10日にワシントンで会談することで合意した。

    産経ニュース 2017.1.29 01:28
    http://www.sankei.com/world/news/170129/wor1701290011-n1.html

    【【日米首脳電話会談】トランプ氏「日本の安全保障に断固とした責任」】の続きを読む

    このページのトップヘ