真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日米同盟

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/16(土) 12:28:50.71 _USER9
    1b1cbe9b09bdf2a854b0f1bb325bdc9e

     【ワシントン共同】米国が南シナ海や東シナ海で中国と軍事衝突した場合に米軍が米領グアムまで一時移動し、沖縄から台湾、フィリピンを結ぶ軍事戦略上の海上ライン「第1列島線」の防衛を同盟国の日本などに委ねる案が検討されていることが15日分かった。昨年7月に陸上幕僚長を退職した岩田清文氏がワシントンのシンポジウムで明らかにした。

     米軍を中国近海に寄せ付けない中国の「接近拒否戦略」に対応するためで、中国が開発した「空母キラー」と呼ばれる対艦弾道ミサイル「東風21D」による空母撃沈を避ける狙いがある。実際にこの案が採用されれば、自衛隊の役割拡大が求められるのは確実だ。

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017091601001098.html

    【【日米同盟】米軍、対中衝突想定で日本に役割 「第1列島線」委ねる案、検討】の続きを読む

    20161110-00064283-roupeiro-000-3-view

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/29(日)07:07:54
    ◆日米同盟、両国経済の重要性で一致 TPPなどは触れず 2月の会談を確認
    [産経ニュース 2017.1.29 01:49]


     安倍晋三首相は28日深夜、トランプ米大統領と電話会談を行った。両首脳は、
    2月10日に米ワシントンで初の首脳会談を行うことで合意した。安倍首相は
    電話会談後、官邸で記者団に「日米首脳会談で経済や安全保障全般において率直で
    有意義な意見交換をしたい」と意欲を示した。電話会談では首相が日本の
    自動車産業の米国への貢献に言及しており、ワシントンでの首脳会談では
    通商政策の議論が焦点になりそうだ。


     電話会談は約40分間で、両首脳がトランプ氏の大統領就任後に直接会話を
    したのは初めて。安倍首相は電話会談で「トランプ氏は就任直後から精力的に
    行動し、トランプ時代の幕開けを強烈に印象づけた」と就任の祝意を伝え、
    トランプ氏は謝意を示した。

     首相はその上で「トランプ氏のリーダーシップによって米国がより一層、
    偉大な国になることを期待している。信頼できる同盟国として役割を果たして
    いきたい」と強調。これに対し、トランプ氏は「日本の安全確保に対する米国の
    確固たる責任」を確認し、日米同盟の重要性を共有した。


         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170129/plt1701290008-n1.html

    【【日米首脳電話会談】日米同盟、両国経済の重要性で一致 TPPなどは触れず 2月の会談を確認[H29/1/29]】の続きを読む

    このページのトップヘ